56 posts categorized "オーディオ"

晩夏のレコード・コンサート。

8月26日・土曜日。

午前は半ドン業務。

午後からは、某所オーディオ店で、毎月恒例となってきましたレコード・コンサートに参加させてもらいました。
今回はアナログともだちと同行です。
店主さんチョイスの名盤から繰り出される美音の奔流。
ステレオもモノラルも堪能させていただきました。

アナログともだちの近時の名言。
オーディオはその人の人生を映す、とか。
では某所レコード店のオーディオはいかに。
音盤のサウンドがずいぶんとストレートに伝わるのでシンプルに作り込んだ味でしょうか?

時間の経つのも忘れて談義にふけりましたらもう5時間が経過するほどでしたので退散しました。

20170826

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード・コンサートの暑い昼下がり。

そしてやってまいりました。
レコード・コンサートです。

20170729c

松脂サウンド(松脂が飛び散るのが目に見えるような、と形容される生々しさを強調した慣用句)のモノラルでのクロイツェル。
そしてチャイコフスキーの交響曲でお馴染み(?)の世界観を醸し出す旋律が繰り出されるバレエ音楽。
アナログに浸りきる暑い夏の昼下がりでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野郎どもが半日篭りてすることは。

7月23日・日曜日。
レコード畏友のお宅を訪問しました。オーディオ鑑賞会です。もちろんオーディオの機材を眺めるだけであるはずがなく、音盤を再生します。
これまで数回お邪魔してその作り込む情熱に圧倒されていました。そして今回久しぶりに伺うとその度はさらに増していました。

20170723

私のような単なる物数寄オヤジにすれば、これは何?あれは何の役にたつの?と戸惑うばかりであります。
が、大物から小物に至るまで、音に影響ないものはなし、らしいのです。

さて、そのようにして作り込まれた機材が醸し出す音は。。。

なんやこら?の広大な音像、再生空間が眼前に広がるではありませんか。
オーケストラのいるステージか、はたまた収録スタジオか。こんな経験は滅多にできるものではありません。
一言、素晴らしい。

はまってしまった状態で、男二人が半日、密室で過ごす日でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード・コンサートの夜。

6月24日に岡山県に出かけたもうひとつの目的は、これ。

20170624c

レコード・コンサート、でした。
今回は夜の部でした。

20170624d

外は雨。楽しく更けていく夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新しい機械もいいなあ。

高知市内のお仕事を終えたのは土曜日の午前中。
フリーになって向かいましたのはこちらです。

20170603b

20170603c

以前はもっと市街地に近い幹線道路沿いにありましたが少し以前に太平洋に近い場所に移転しました。地元の老舗オーディオ屋さんです。
規模はこじんまりしましたが視聴室(スペース?)は確保されていまして、アナログ・プレイヤーの再生音を聴かせていただきました。スピーカーはタンノイもいいし、JBLもいい。音楽との相性はそれぞれですね。ただアンプが真空管でないために私にはやや硬めに聴こえました。
中古レコードの在庫もありまして少々のお買い物をさせていただきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード・コンサート。

5月20日・土曜日。
某所のレコード店ともいいオーディオ店ともいう場所で、レコードコンサートに参加させてもらいました。

濃い出会いがありました。

20170520a

20170520b

20170520c

20170520d

20170520e

20170520f

| | Comments (0) | TrackBack (0)

修理の時期、AVアンプ帰還。

大阪出張に出かけている間にオーテイオ屋さんが直ったAVアンプを搬入して設置してくれていました。
新居に移って電気製品を一新した時期からもう9年ほど。あちこちの電気製品が修理や更新の時期を一気に迎えてきたようです。
たいしたアンプでないのですが、こまめに修理して永く視聴の助けになってほしいものです。

20170205

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久しぶりのオーディオ屋さん。

1月22日・日曜日。
休日。
ここのところ急に壊れる電気製品が続出していました。
自宅リビングにありますサラウンド用のAVアンプの故障も引き起っていました。
そんなときにいつも頼りにしていましたオーディオ屋さんに頼んで引き取り修理を依頼しました。日曜日の午前に引き取りにわざわざお越しくださいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知の夜。

週末恒例となりつつある老母との高知行。
6月25日・土曜日の高松オフィス半ドン業務終了後、高知に向かいました。
まだ十分に明るい午後4時台に、(安直に)ひろめ市場に着きました。
この時間ならまだ十分座れるだろう、と。
ところが読みは、甘かった~。
すでに満席。激・混み状態。
けどあわてず、予定していました北西隅の居酒屋さんに入店しましたら、あらアッサリ座れました。ただし椅子席。
焼き肉系と冷ややっこ、枝豆、らっきょう、などと魚とは違うメニューばかり選んで注文し、名物カツオのタタキは明神丸で買って持ち込みオーケーでした。
さて市場を後にしても外はまだ十分明るい。
ホテルでテレビなど見ておりましたら、いつの間にか眠ってしまいました。

目が覚めて時計を見たら午後11時ころ。
このまま明日を迎えてもつまらん。
と、深夜の高知の街歩きに出かけました。
週末ですからまだまだ酔客などが賑やかです。

ただ自分も白髪の翁となり果てていますから若いもんばかりのお店に入るのはためらわれました。
そうして行きついたのは、帯屋町にありますこのお店。

20160626a

階段を上り入店しましたら、いい感じで、暗い。
カウンターの向こうの若い男性と話していましたらアナログ・オーディオの話題になったのですが、気が付いたらこのお店、窓のほうにレコードらしき棚とその前にターンテーブルが。
拝見させてもらいました。テクニクスが2台。そしてミキサー。

20160626b

なんとここはDJのお店でありました。

犬も歩けば棒にあたる~。

そうこうしていましたらDJさんがご出勤。
間近でDJの技を見せていただきました。
ふ~~ん、こうするんだ~、
自宅のベルトドライブではとんでもできない技だね~。ダイレクトドライブだからこそ。
しかも高知のオーディオ店の楽しい情報も仕入れることができました。

今度ひまなときに私の盤でも持ち込ませていただきます。
MJQくらいかけさせてくれますよね!?

明けて26日・日曜日。
日曜市は野菜の宝庫。
トマトもおいしい。
新生姜も。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カラーテレビの思ひ出。

思ひ出シリーズ(いつからシリーズになった?)ということで、
カラーテレビの思ひ出。
レット・イット・ビーのCMをきっかけに記憶を手繰りますと、はて?うちにカラーテレビが来たのはいつのことか?と思いました。
そこで老母に尋ねましたところ、以下の回答。
昭和45年(1970年)ころ、お父さんと2人で軽トラに乗って高松からフェリーに乗り神戸まで行き、大阪の日本橋の電気店で、当時、出始めたばかりのカラーテレビと、それから掃除機を買ってきた。帰りも神戸からフェリーに乗って高松に着き、そこはジャボフェリーの乗り場だった。
とのこと。
初物食いか早さもん食いが得意の安藤家、カラーテレビもやはり出始めに導入したらしい。

子供のころに、午後6時半(という記憶あり。)のフルヤツナマサさんが語る夕方のニュースで画面上に黄色い菊が花開くシーンがありまして、その黄色い色合いが美しいのが今でも記憶に残っています。
私のビートルズのCMにはシロクロの記憶がないことから、やはり昭和45年か、もしかしたら44年に自宅にカラーテレビが来た可能性が濃厚であります。

日立のキド・カラーであったこと、これはハッキリ覚えています。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧