79 posts categorized "オーディオ"

レコード再生中、震度3。

6月18日・月曜日。
PM氏の75歳の誕生日。
最初の業務まで時間の余裕があったので自宅でレコード再生していました。音盤はクラシック。
LPのほぼ片面再生終了に近づいたころ、突然、

ゆらっ

と揺れたような気がしました。
地震かな?
自分の体の調子かな?
と迷いつつ、念のため今後の揺れがあるかもしれないので針を上げました。
が、何もなし。
壁がカタっと鳴るのでやはり地震か、と思い、ネットの地震情報を確認しましたら、なんと?!

大阪で震度6弱!

三豊市でも震度3!
テレビをつけるとどのチャンネルも大阪の地震報道ばかりでした。

ただ大阪の街は特段の被害もなさそうで、街全体の上空からの画像でも異常は見られません。
かえって大都市直下の震度6弱でもびくともしない都市、というのが驚きなのではないでしょうか?

と思っていたら、お亡くなりになられた方々がいるとのこと。お悔やみとお見舞い申し上げます。
さらには見た目、つまり高層ビル群、高速道路、鉄道、などはどうにか無事であったものの、ライフラインの復旧にはかなりの時間を要したとのこと。
表には見えないダメージが生じたのを、後に知りました。

関西から遠く離れたうちの場合、公称震度3の地域でレコード再生していても針飛びなし、音揺れなし、というのが心の慰めにはなります。

大地震なんてきませんように。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

平日開始。

6月11日・月曜日。
淡々と平日が開始するのですが、・・・
オーディオ機器としてこれまで使用したことのあるこの機材を、近時、生活家電として我が家と我が職場に導入してみました。
アコースティックリバイブのRR-777です。
効能書きはメーカーホームページお任せします。
今回、二台、導入しました。
ひとつは仕事場に。
もう一つは自宅寝室に。

20180612

効果は、といいますと、
絶大
でした。

仕事場に導入しまして、スイッチオンにしますと、例えばエアコンの、私にとりましては耳障りな音が、すーっ、と消失してくれました。
寝室に導入したらどうなるか、と申しますと、
夢も見ずに朝まで熟睡、
でありました。

このシューマン低周波って一体なんなんでしょう。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

家をきれいにするにはお客さんを招くこと。

オーディオルームがなんとか見られるようになれました。ゴミ屋敷を、この部屋はどうにか脱却です。

20180604a_3

こんなにも床が広く見られるようになったのは実に何年ぶりでありましょうか?
CD棚のすべての扉を開いてCDの(棚内の在庫に限り)すべて一望できるようになったのは実に何年ぶりでありましょうか?

20180604b_3

スピーカーから出た音が自分の耳に到達するまでの間に存在した干渉物を極力排することができるようになりました。

20180604c_3

音が進んで行く先もこのとおり。
上の画像の右側、LP棚のすべてを開扉できるようになったのも何年ぶりのことでありましょうか?聴きたい盤に(少なくとも棚内の在庫に限り)アクセスが極めて容易になりました。
なお、手前の椅子は司法浪人中最後に自宅(アパート)で使用していた、確か鎌倉の家具屋さんで購入していた木製の椅子。当時の私の座り続けていたお尻の痕跡が残っています。

居心地が極めて良くなったこと、このうえなしです。
アコリバ効果によってシンとして落ち着く室内は集中力を発揮できます。
BGMにレコード再生できるのは極上の時間です。

家を、部屋を、きれいにするにはお客さんを招く、のは真理であると知りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瀬戸際の馬鹿力。

6月3日・日曜日。
前日の土曜日は、寝ても覚めても、最後の日。
と意気込んでいたにもかかわらず、高松での業務と往復のせいか、それとも平日の疲れか、どっと眠くなり気絶状態に陥りました。
目が覚めたのは夜明け前。
午後の御来訪にまだ時間がある。とばかりに作業しましたが、実は日曜日の午前中に県内の現地調査と撮影の業務が予定されていました。
その出発までになんとか形になりました。これを瀬戸際の馬鹿力というべきか。

20180603a

スピーカーの音の出る前面から室内には基本的に音波の妨げになる物、レコードなど、を置かないようにしよう、との目論見はなんとか実現しました。

高速をしっかり東進しましたら、かつては片側一車線でありましたところが四車線化が完成しています。トンネルもこれまでの1本が2本となっています。目的地まで対面通行の場所はなくなって余計な神経使わずに走行できました。
業務を終えて帰宅して、さらに微調整。(何を?)

20180603b

デジタルディスク(CD、DVDなど)の床上在庫は段ボール箱に収まった以外のものはスピーカーの前面からずらして小洞穴前に集積してみました。後日また整理は必要です。

すると、まずはアナ友がお越しになり、その後お師匠さんがお越しになりました。
おっさん三人がレコードをかけまくること幾時間。
初夏の日曜日、穴倉に籠って楽しく、かつ、快適な、ひとときを送ることができました。

よかった、よかった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

6月。

6月1日・金曜日。
月が替わったらいきなり週末です。
早く目覚めてオーディオルームの整理をしていました。日曜日まであとわずかなのに、この状況。

20180601a_2

部屋の一番奥の行き止まりの場所に大きな段ボール箱が三つ。いずれも未開梱。
これはビートルズ物に違いない。LPのステレオボックスだったかモノ・ボックスだったか。それが三つという奇数なのはなぜ?どちらかのタイプをダブルで入手したのでしょうか?忘却の彼方に。
開けずに小洞穴に入れました。
同じような大きさの箱は、他の場所にありまして、そちらはモービル・フィデリティー版のLPボックスセットであることは記憶にあります。こちらも未開梱。

20180601b_2

作業をしていたら、いつの間にか日が昇っていました。

20180601

朝一に自宅階下(旧三豊オフィス)に御来客。
午前に観音寺の裁判所で期日が二つ。
期日と期日の間に少々時間が空いたので天気もいいから眼前の財田川をぼんやり眺めていました。
以前、私より年上・年配の先生が、堤防のそばでゆったりと過ごされていたのを思い出しました。
あれ、自分同じことしてるわぁ、とも。

20180601a20180601b20180601c

午後も観音寺の裁判所で半日業務でした。

この週は朝、高松に出勤することなく終わってしまいました。

初夏の日は長い。
帰宅したら作業再開。

20180601c_2

しかし、・・・朝と見た目がどう変わったというのでしょうか。

ただ、部屋にはいるたびに、
ここはまだ健全な中古レコード店の匂いがするなぁ。
つまりカビ臭など不愉快な要素は感じないということで。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

解決の糸口。

5月29日・火曜日。
午後の高松の裁判所での期日。
急転直下の進展で最終解決に向けた重要な合意が成立しました。大きな前進に、依頼者の方も人生が開けたような表情に見えました。
別件で打ち合わせをしますと、依頼者の本当の意図、を秘していたことが判明することがありました。周囲の人たちがいろいろな情報、それが正しいのかそうでないのか、まったくわからないまま翻弄されていたようです。まずは依頼者からよく聞く、というのが大事と改めて感じました。

さて帰宅しますと、オーディオルームの整理。
なかなか進んだ気がしません。気が遠くなるようなことも。

20180529

というのも、音楽であればなんでも喰らう、私ですから。
クラシックは古楽から現代音楽までジャンルを問わず、洋楽はロック、ポピュラー、オールディーズからおよそ現代まで、邦楽も歌謡曲、ロック、ポップなど一応、民謡も、ジャズも一応、・・・。それでパラパラとレコードを見ていたら整理しながら室外に搬出しようとすると、整理、のきりがなくなってきます。ジャケットに書かれている絵も文字も一切無視して室外に搬出するのに徹するしかないなぁ、と思うようになってくるのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

梅雨入り。

5月28日・月曜日。
四国地方の梅雨入り。
前日に引き続き帰宅後もオーディオルームの整理。
ながら、のレコード再生。

進捗状況は見た目一進一退。

20180528a

ただ階段下の出っ張りのさらに下にある洞穴(ほらあな)の中のさらに小の洞穴。空き箱、まったく見なくても平気なDVD映画、などが出てきました。すべて取り出して床全開。何年ぶりでしょうか。

20180528b

こんな無駄な空間。
件の設計士の、空間を(有効に)使い切った、と見栄を切るのは、なにを言ってるの?と言いたくなる場所です。

その小洞穴の床を仔細に見ますと、
ここもカビ!
いや驚くよりもこの段階で発見できたのがよかった、というべきでしょう。
エタノールを噴いて噴いてまた噴いて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ゴミ屋敷解消を目指せ。

5月27日・日曜日。
1週間先にオートグラフの主のお師匠さんが拙宅にお越しになることになりました。

これは大変だ。

あんなに綺麗なオーディオルームを見せられたからには、うちの現況は恥ずかしくて穴があったら入りたいほど。いやもうすでに穴倉(あなぐら)か。
ともかくこれは片付けるしかない!

日曜日の朝、目覚めて、珍しく、業務もプライベートも出かける予定はまったくなし。
現況を記録して整理にまずは取り掛かりました。

20180527

衝動買いをしてしまったアイワのレコード・プレイヤー。再生音をUSBで取り込めるのと、ブルートゥースで飛ばせるというので、元会議室・今レコード倉庫に備えて手元で再生音を確認するのにいいかな、と思っていたのを、到着後、箱のまま放置。そのまま数か月経過していたのをようやく開梱しました。

20180527a

20180527b

以前これまた通販で取り寄せていたブルートゥース対応プレイヤーをどけてその後釜に据えました。
オーディオ・テクニカの針がついています。
ところが、ブルートゥースを試みてもつながらず。
それどころかターンテーブルを回転させると、
シャラコ~
シャラコ~
と何かがこすれる音がします。

こんなん使い物にならん!
また、安物買いの銭失い、をしてしまった。

その後もキャヴァーン内から物を室外に出すことに専念。
まずはカメラの箱。男って購入した商品の箱を捨てられない、とか言われるそうですけど、歴代のカメラとレンズの箱が出てきました。

20180527c

20180527d

お店が開店する時刻になりましたら、ドラッグストアに行き、エタノール、アルコール、そして切らしている手指洗浄剤など主婦的買い出しに外へ。
室内にありましたカメラケース、レコードケース、それらに嫌な兆候、カビ、が。キッチンペーパーにエタノールを含ませて拭いて拭いてまた拭いて。
そんな作業の間、気の向くレコードを再生させて。

平穏で平和な日曜日が過ぎていきました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

恒例、レコードコンサート。

5月26日・土曜日。
高松での半ドン業務のあと・・・

恒例のレコードコンサートに出かけました。
一年前の5月から、私は参加させてもらいましたので、1周年になりました。色々な出会いや出来事が走馬灯のように駆け巡りますね。

20180526a

室内では機材が大幅に変更されて、光カートリッジに傾斜しているようです。曖昧さを排除したようなハッキリした音で鳴ります。
けど、ヴィンテージ・オーディオと言えるのか?との疑念は拭えません。

20180526b

いずれにしても、オーディオと音楽好きばかりが集まった楽しさは音楽とオーディオもさることながら同じ趣味を持ち合わせた人たちの談義が尽きることがありません。お師匠さんもアナ友も御来訪で、店主さんらと語って聴いて、日が伸びた初夏の夕べでも陽はとっぷりと暮れてしまいました。帰宅のために走り出したら時計はちょうど午後8時を指していたのでした。

20180526c

仕事も日常も忘れた午後のひとときでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

深みにはまる危険-真空管。

この間、自宅でオーディオを聴いていたとき、ふと、接点クリーニングをしたマッキントッシュ275の真空管のうち、大玉の4個並んだ左端が、なんか赤くなっていない、と気づきました。玉の上に手をかざすと、熱をまったく感じない。
これは玉が切れたようです。

どうしよう。

たしか以前使っていた玉があったはず、とそれらしい場所をゴソゴソしましたら、
出てきました。
マッキントッシュのロゴが表面に描かれた4本が。
使用してきて1本切れたのはゴールドライオンでしたので、まるごとメーカーを変えます。
改めてマッキンの玉も接点クリーナーでクリーニングして差し替えました。

20180527

再生してみます。
また、音が変わった!
めりはりのある音に聴こえますが、高域がちょっとキツイかも、と感じます。
玉で音が変わるな~、接点クリーニング不要の新品も買ってみたいような、、、しかし、真空管に凝りだしたら泥沼にはまる、と人は言う。先立つ物の用意もいりますから、当面、これで頑張ってみましょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧