9 posts categorized "同窓会"

丸高補習科。

3月23日・月曜日。
朝一番は、四国こどもとおとなの医療センター、で右足の診察。それは最後に体内に残されたスクリューの摘出手術の打ち合わせでした。
その後、所用で丸亀高校へ。
時間が余り、かつて通った補習科の建物に向かいました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

箱根駅伝、総合結果。

1月3日です。
恒例の箱根駅伝復路の日です。
総合は、と調べましたら、
早稲田は4位、、、ですか。
優勝は、あ、東洋ですか。

90回大会かー。
歴史ですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

箱根駅伝。

1月2日・木曜日。
年が変わった深夜から吹き始めた強風は、丸々一昼夜、24時間、吹いて、さらに正月2日目の昼頃まで吹いたら、ようやく収まりました。
2日は毎年恒例箱根駅伝の日で中継を眺めているとお正月気分が深まってきます。
今年は早稲田は往路3位でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

母校が・・・。

一週間が始まりました。

11月18日・月曜日。
いったん高松の事務所に出て、午後の丸亀の裁判所の仕事のため向かいました。
丸亀の裁判所の前の、丸亀城のお堀端になる交差点から、つい癖になって丸亀高校の方を見やりますと。
あれ?
校舎がある!
取り壊されて再築工事中でした。私は、新たな校舎がいずれ姿を現すと思っていましたら、昔の校舎がある!と驚いてしまいました。見つめるわけにもいかない場所と時間です。そのまま裁判所に入りました。

仕事を終えて気になった私は、高校のそばまで出向きました。
あれー、以前の校舎のイメージを現代的に再現しています。
そうかあ、この手で来たか―。

20131118

いったい新しい校舎はどうなるんだろうか、と想像がつかないのに想像していました。
先進的な、あるいは思い切って奇抜な、突き抜けた、デザインになるのだろうか、それとも、・・・と思っていたら、旧校舎のイメージを維持する路線でした。
うれしいような、なんだか物足りないような、複雑な心境。
ただ、かつての丸高の校舎のイメージを決定づけていた正門から見える黄色を含む建物はそれでよしとしても、他の校舎全体に彩色された、今回のあのブルーは何?
はっきりいいます。
色としてセンスを疑う。
もっと潔く、ぱりっとして真っ白でもよいくらい。
あまりに中途半端な、青。
もしかして、空に溶け込む理念でしょうか?そうだとしたらその理念ははずしています。空が「青」だというのは幼稚園児の発想です。赤もあれは白もあるのです。

正門正面のイメージはOBOGにも受け入れられるかもいれませんが、校舎の青色は、たまりません。間に合うものならご再考を願いたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸高ストラップ。

8月29日・木曜日。
大阪出張に出発するためJRの駅で電車を待つ間、たまたま丸亀高校野球部の関係者の方と出会い、甲子園の観戦の話題になりました。
めいめい別の電車に乗る際、甲子園のストラップをいただきました。
なんと丸高の校章入り。

20130829a

貴重です。
ありがとうございました。
今日は朝からいいことがあるなあ。大阪の出張もいいことありそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

40年後の同窓会。

6月最初の日曜日(2日)、今年1月に開催された中学の同窓会の幹事・クラス世話人の反省会(という名の慰労会)に出ました。オークラホテル丸亀にて。
思い出話や近況報告で楽しい時間でした。ビアガーデンは雨模様のため肌寒いのにもかかわらず終了時刻まで粘ってしまいました。
20130602
その翌朝は小学校の子供会の当番で登校ルートの交通立哨をしました。
あどけない表情の小学生を見ていましたら、前夜の小中時代の思い出話をまた思い出し、40年以上前に同じ通学路で登下校していた当時の自分や友達に見事にオーバーラップします。
いま元気に「おはようございます!」と挨拶をして登校している小学生がこれから40年経ったときにも同窓会をしていることでしょうね。
20130603

| | Comments (0) | TrackBack (0)

中学校同窓会。

平成25年1月2日・水曜日。
かねてからクラス男子の取りまとめ役を拝命して準備を進めていました中学校の同窓会が開催されました。
大盛況でした。
場所はオークラホテル丸亀。
総幹事のご尽力のおかけです。

久しぶりに再会した旧友。
ぱっと見て、かつての風貌を思い起こさせる同窓生もあり、「どしたん?」とつい口を突いてしまう同窓生もあり、人生50年歩いてくると、自分も含め、皆それぞれ、あったんだろうな、との月並みですが、感慨を深くしました。
それでも、この「平成25年1月2日」にしか出会えなかったであろう、出会いがありました。

年月を重ねて、実体験してわかる、人生というものがあること。
これは人生の先輩には、言うまでもないこと、ではありますが。
後から来る人には、そういうもんだよ、とだけ言いますが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸亀高校校舎開放。

GWの初日4月28日・土曜日。
丸亀高校が校舎を一般開放しました。建替え前の最後の姿の披露です。私は子供を連れて行ってきました。
先日は校舎内部に立ち入ることができませんでしたから、今回は教室を見ることができます。

丸亀の裁判所前の路上から見える姿も最後になります。駅から通学するときのおなじみの風景です。
20120428a
丸亀城と一緒に写しました。
20120428b
改築対象となっているかわかりませんが石庭から体育館。
20120428c
校舎正面前の松林は風情があります。
20120428d
正面入ったところの事務室です。
20120428e
階段をのぼります。
20120428f20120428g
二階廊下。
20120428h
西側階段をのぼります。
20120428i
四階からの丸亀城方面の眺め。
20120428j
南側校庭方面の眺めです。白いマンションはまったく変わっていません。
20120428k
南側テラス側の教室の窓です。
20120428l
さらに五階まであがりますと美術教室です。ここで美術の授業を受けたのはよく覚えています。改めて見ますと東・南・西の三面が窓になっていて解放感のある明るい空間で洒落た印象です。
美術でお世話になった井上員男先生はその後教職を辞して芸術家として歩まれていたようです。
20120428m20120428n20120428o
北側も窓になって開けています。そこから再び丸亀城と丸亀港方面。
20120428p
3年5組の教室。二階にあります。一年生は四階、二年生は三階、三年生は二階と学年が進むと下がってきたことを思い出しました。
20120428q20120428r20120428s20120428t
校庭側の一階通路。
20120428u
正面玄関の階段まで戻りました。
20120428v
石庭側の通路。
20120428w
建ったのはいつころなのでしょうか?高度経済成長の時期のバランスの良い建築だと思います。
ここで15歳から18歳までを過ごしましたが、まさか子供を連れて来るとはほとんど想像もしていませんでした。校舎に足を運ぶのも、卒業以来になります。33年ぶりです。

受付でいただいた校舎の見取り図。
20120428x

三年間の担任の先生方三名のうち二人の先生は故人となりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸亀高校校舎改築。

4月12日・木曜日は午前に丸亀の裁判所で法廷があるため自宅から直接出かけました。
裁判所の駐車場の桜はたわわに咲いてまさに満開です。
20120412a

ところで丸亀高校の校舎が建て替わるそうです。
ついでに出かけてみました。裁判所前の交差点から遠目に見ることはあっても、こんなに間近に見るのはずいぶんとありませんでした。
20120412b
正門から振り返りますと丸亀城の後姿(?)が変わっていません。
20120412c
無くなる校舎の撮影をさせてもらいました。
20120412d
非常階段の手すりの色がアクセントとして効いています。
20120412e
香川県庁舎の古い方、丹下健三さんの設計した建物に近い時代の空気感があります。
20120412f
「第一体育館」と名づけられている体育館の壁で、私のときは高校入試の合格発表が掲示されました。今も同じ場所なのでしょうか?
20120412g
20120412h
校舎の顔にあたる正面玄関です。これももう見納めでしょうか。
時計の針はとまっているようです。
20120412i
ついでに体育館の半地下。通学していたときは食堂でした。今の食堂は別の建物にあるようです。
20120412j
春は別れと出会いの季節。通学していたときには何とも思わなかった校舎も、いざお別れと思うとずいぶんと寂しいものです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)