51 posts categorized "高松"

風雲、急。

事務所に戻る道すがら、土嚢配布場所に寄りました。

20170917g

砂を積んだトラック一台と作業員のおじさん一人が待機して、費用のことなど一切触れずに当然のように土嚢を作っては提供してくれます。こんなとき税金て有難いと感謝の念。
トランクルームに12個乗せて事務所に戻りました。

ビニールシートもブルーシートもありません。ありませんでは済みません。なんとかしなければ、と思いついたのはゴミ袋のビニール袋。これをつないで防水対策にしたのです。さらにはドアの隙間、窓の隙間はビニールテープで目張りしました。
完成したのがこんな感じ。

20170917h

他方室内は水の侵入した場合を想定して電源関係をすべて、上へ、上へ、と移動。コンセント、足元の電気器具類は椅子の座面かデスク上にあげておきました。

これで、一応、よし。

事務所を後にしようとしたころには雨は激しくなり始めました。まるで台風の足音が聞こえ始めてような。

20170917i

そして自宅で迎えた夜。
とんでもない雨と風でありました。

20170917j

| | Comments (0) | TrackBack (0)

嵐の前の静けさ。

9月17日・日曜日。
子供の通う小学校で運動会が予定されていました。
ところが非常に強い台風18号が東シナ海で勢力をさらに強めて接近中というので早々と日程の一日延期が告知されました。
なのに、朝は極めて穏やか。空は陽も指し、青空がのぞいています。

20170917a

20170917b

なんだか台風が来るなんで信じられない。運動会が延期するのが不思議なくらい。
それでも備えあれば憂いなし。
いやいや最近の天気予報は制度が格段に向上しています。ですから確実に台風は来る。来るから備えよう、と言い聞かせて高松の事務所まで走りました。

そして途中、台風の前にフィンランド行きの郵便物を高松南郵便局で発送しました。

20170917c

いまのところ異常なし。当然。雨も降っていませんから。ただ空は鉛色。
御近所の方と路上で立ち話して、高潮の心配を語り合いました。

さて、作業しなければ。
さて最初の作業は、家人に頼まれたマルナカでのカボチャの買い物。広告の品だそうです。
事務所から一番近いマルナカまで行き来しますとアーケードの商店街はほぼ無人。(過日の今治出張を思い出しました。)

20170917d

特に目を引いたのは土嚢。土嚢で高潮予防に余念のない建物のをチラホラ見かけました。うちは法律業務用の事務機器や電気製品が多数あります、それらが足元から塩水に浸かるなんで考えただけで、オーマイガー、です。
それで土嚢対策を施した建物を間近で見たところ、土嚢は積んだだけではいけない。ビニールシートで水の侵入を防がなければいけないのだ、と知りました。
事務所にはそんなシートはない。
そうだ、西〇ジ〇イに行こう、と愛車で走り出しました。向かうは高松市街の東方屋島のお店です。

20170917e

到着したら、
え?!臨時休業?!
ああ、無情。
災害が迫り来るときに、必要な資材を配布するのが商業施設の責務ではないか?とつぶやいても開店してくれないので諦めて方向転換するのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1週間ぶりの高松。

8月18日・金曜日。
業務を再開したと思うともう週末です。
朝は三豊の自宅で。
その後観音寺のオフィスと法廷へ。
午後は高松オフィスへ。前回来たのは11日・金祝でしたから1週間ぶり。
真夏の高松は暑いし、高松まつり直前は「一合まいた」で暑さに拍車がかかるし、なので、そのおまつりが終わったあとの静けさには助かります。暑さは相変わらずですが。
夜は観音寺へ。
あがりは8時ころ。スーパーで買い物して一日終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

三連休中日の午前のこと。

7月16日・日曜日。海の日三連休の中日。
業務からは解放。
それでもまずは高松へ。子供のパスポートを受け取りに、子供を連れて。子供本人でなければ交付できないため。
三越に移動したら午前10時を過ぎてほどないころ。弁護士会館の駐車場に置こうかと思いながら、移動距離をケチって三越の駐車場に進入したらなんとかなりの階上まで満車。ようやく屋上からひとつ下の階に停めて日差しから逃れました。開店直後の三越に入店する機会は滅多にないのですけれども、体験してみますと、いろいろ面白い。まず店員さんが元気でサービス精神横溢。そりゃそうでしょうね、いつもお邪魔する夕刻などもう一日の接客でヘロヘロなのでしょうし。それにお目当ての商品を求めに朝からお出かけモードで入店しているお客さんの数と層。普段と違う階層を見るようでこれまた面白し。そんな人たちの間を子連れで縫って旅支度のお買い物。
なんだか新鮮な気分転換でしたね、結果的には。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松サンポート。

7月10日・月曜日。
事務所の用事と個人的な用事でサンポートに行きました。
合同庁舎に初めて入りましたが、
どこが設計したんだろう?
と思ってしまいました。

20170710

建物の入り口が一目でわからない。
中がなんとなく暗い。(節電中だと思います。)
節電を前提とした採光を考えていなかったということか?
ガラス張りのホールはあるが肝心のガラスに衝立を立てて目隠しにしている。
今回の公的用件のための衝立なのでしょうが、それなりのプライバシーを守れる広いスペースをあらかじめ用意していないのか?
休憩スペースであれば外部から直ちに入室できる入り口は(そのときには)見当たらず。
サンポートの区画全体が再開発の典型的な失敗例と揶揄されているらしいのですが、建物自体のなんかピンときませんね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乃が美の生食パン@高松。

前回は岡山で買ったのですが、高松にお店ができて初めて、
乃が美
の生食パンを購入しました。
前回、岡山で購入して以来です。

20170613a_2

20170613b_2

スライスしてそのまま食べて絶品。
生地の噛みごたえ、ミミの歯ざわり、味わいのしっとり感とクリーミーな風味。
トーストして、いいバター(うちは北海道の町村農場)を塗ってもよし。
生のままなら、高知の地元果実でできたジャムかマーマレードを塗るならば相乗効果が期待できそうな予感がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乃が美@高松。

4月21日・金曜日。
高松の商店街を歩く機会がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プレミアム平日。

2月21日・火曜日。
法廷・裁判所の予定がありません。ジーンズ+のカジュアルな恰好で高松に出勤しました。
スケジュール上の用事は取引先との打ち合わせのみ。
依頼者への報告の作成その他で比較的ゆったりとした時間が過ぎていきました。
プレミアム・フライデーならぬプレミアムな平日です。こんな日が発生するようになるのは弁護士激増の影響でしょうね、きっと。
そんなこと思いながらお昼休みに地元商店街の盤処までフラリンコ。外はまだまだ寒いですね。あと一か月もすれば桜とお花見の話題になるのでしょうけど。

日もとっぷり暮れて真っ暗になって事務員さんも退勤したあと再び商店街に出かけましたらなんとなく外国人観光客が歩いていたりドラッグストアの前で立ち止って立ち話していたり。夕食や買い物のために街に出てきたようです。確かに高松も外国人観光客が増えましたね。夕食、どんなところで摂るのでしょうか、なんとなく気になりますね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Takamatsu Traveller。

健康診断を終えました。
例によって勤労意欲・皆無です。
前夜からの絶食、それに体内にはバリウム。体は軽く、気分と腸内は重く、アンバランスです。

病院から事務所に戻る前に寄り道したのはこちら。

20170127a

そして事務所に入ったのですが、早めに切り上げて退勤しました。
そうだ、この際、ハシゴしよう、と決めました。何をか、といいますと、こんなところです。

20170127b

20170127c

20170127d

久しぶりに来ましたら、あら、ここも飲食と音楽の融合がなされていました。

次の場所は夜の開店時刻直後に到着。

20170127e20170127f

開店直後にかかわらず飲食のお客さんがドドッと入店しています。
ここけっこうこちらのジャンルでは流行っているのですね。ご主人の才覚かな。
飲食に目もくれずエサ箱ばかり漁る私は変わり者になりますので早々に退散しました。

高松にいながら仕事のことは完全に忘れた夕刻。しばし旅人として高松を訪問した気分になれました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード即売会@高松。

きれいに晴れあがった文化の日の高松。

実はレコードの即売会が開催されますで休日にもかかわらず高松まで出かけました。
事務所に車を置いて徒歩で会場に近づきます。

20161103a_2

予定時刻にまだ10分以上あるのに到着しました。

20161103b_2

地元の店長さんがいて、
まだですか?
と催促しましたら、
まだですよ。
と返されました。

コーヒーショップで一杯のコーヒーで時間調整していますとお客さんらしい人々が三々五々集まってきました。
開始を今か今かと待ち構えています。

20161103c_2

開始と同時に入場。
今回はクラシックに専念しました。
3枚で880円の箱が多数ありまして、その価格ならいわゆるジャンク(ゴミ)の扱いに近いのですが、内容は見るべきものがありまして注目箱になりました。
戦い済んで収穫を手提げ袋に入れてもらいましたら、
お・も・い。
腕も折れよ、指もちぎれよ、
などと思いつつ、また、
むかしっからすることかわらないなあ、
とも思いつつ秋の好天のもとJR駅前を歩きました。
あれは1979年か80年、大学受験で上京し新宿その他のレコード店の田舎と桁違いの在庫充実に目を見張って買い込んで新幹線で帰宅したあの頃以来、こんな風なお買い物、何十年変わらずしているのだろう、わ・た・し。

結局、開催日の4日間のうち3日は通いました。平日に仕事がひと段落して自転車でプラリンコと立ち寄れるにわか楽園でありました。こんな空間、自分の近くで絶えて久しい。
次はいつかな~?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧