1,484 posts categorized "仕事"

阪神大震災も風化は避けられず。

1月17日・木曜日。
阪神淡路大震災から24年目になりました。
今年は、震災追悼行事の取りやめを取り上げた報道をよく目にしました。
震災体験者が高齢化し、震災を体験していない世代が増えるのは当然です。
個人的には、司法修習生として弁護修習の時期に、実家に住んでおり、生まれてこのかた体験したことのない震度4を早朝に喰らった記憶が鮮明です。関西・中国・四国(瀬戸内)の人は、あの日・あのとき、の話題になるとそれぞれ記憶しているのです。

今日は24年前の今日と同じく、高松へ車で出勤。
御来客と裁判所での調停など。あがりは9時前。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今年初・休廷日らしい水曜日。

1月16日・水曜日。
朝から高松の事務所に出勤。
断続的に御来客応対。依頼者の方との打ち合わせ、書面作成含む。
合間に裁判所に諸手続き、金融機関など。
夜は顧問先対応。

法廷業務がありませんでしたからカジュアルでもよかったのですけど、念のためスーツで通しました。
ずいぶん長く仕事したなあ、と思ってもあがりは午後9時前ですから、以前と比べたらまだまだ早いですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

第二のお正月?いいえ仕事始め。

1月14日・月曜日、成人の日。
美しい日の出でした。今年の初日の出の素晴らしさを思い出しました。今年はこんな美しい日の出をたくさん拝めます。


20190114a


20190114b


20190114c


世の中は三連休最終日です。私は午前と午後、つまり終日お仕事です。
業務を効率よくこなして早めにあがろう、と目論んでいたものが、あがれば午後6時半あたり。それでも冬至のころから比べれば少しでも日が長くなったように思えて寂しさが紛れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

淡々とスーツで仕事の日曜日。

1月13日・日曜日。
前日は音楽三昧、ハイエンド・オーディオ三昧であったおかげか、目覚めの脳内がいつもの朝よりさらにスッキリした感覚です。


20190113a


20190113b


各地方で成人式が盛んな様子。成人の日は1月15日というのが昔の常識。いつの間にか三連休を作る日にならされていました。
ただこの三連休、仕事始めでダッシュしたものの、足並みが乱れる、息が乱れる、そんな場合に新年のスタートの仕切り直しになり得るようです。
私も個人的には、新年早々から、整わないなあ、遅れてるなあ、と感じるところを整えて追いついて、にいい日かと思っています。

この日曜日は会社の社長さんと初めてお会いする業務もあるのでスーツで出かけました。
観音寺と三豊で1件ずつ。
その後高松に移動して事務所で作業。
世間は日曜日。そんな空気を味わいたくて高松の三越へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一安心の週末。

1月11日・金曜日。
一並びの日。それはどうでもいいんですが。
ちらっと見えた朝日が綺麗な朝。


20190111


午前は観音寺の裁判所です。

その後所用で隣県の愛媛県へ。目的地は四国中央市の旧川之江市。
JR川之江駅前まで行きました。すでにどこかで書いたかもしれませんが、司法修習中に四国内の少なくとも予讃線沿線の見聞をしておこうと鉄道の旅を休日にたびたび出かけていました。そのころから20年以上も経ちますが駅前アーケードが健在なのは、かえって撤去する元気もないのだろうか、と疑ってしまいます。すぐ近くには製紙工場の巨大な煙突が見える地域でして、その煙突からもくもくと出る、まるで富の象徴のような勢いと、足元の街との間に落差を感じてしまってはいけないのでしょうか。


20190111_2


目的を達して高速インターを目指し旧市街地区を抜けていましたら旧川之江市役所庁舎は取り壊されているもよう。建て替えなんでしょうね。

川之江インターから高速で午後の丸亀の裁判所の手続に向かいました。
その後再び観音寺の業務。

あがって帰宅途中、前日に引き続いて水汲み。今日は高松の事務所用の水です。


20190111_3


前日より気温が低い、と予報されていましたが、日が暮れてもう8時を回っていて6℃。念のためコートを羽織りました。今日は風がなく、三日月の灯りが瀬戸内海に反射して綺麗でした。あの海の向こうは岡山・広島か、と思うとなぜか楽しい気分になれました。静かな波が護岸を打つ音しか聴こえません。

これで二日続けて高松には行きませんでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

暖冬と事務員さんに助けられて。

1月10日・木曜日。
新年はたいてい仕事始めの後の最初のフルの一週間が心身ともに負荷が大きいのではないでしょうか。特に、年末に設定されていた「締め切り」というものを取りこぼした身にとっては。
新年初めての期日が近づくと、なぜか脳裏に浮かぶ、顔・顔・顔。
それは、裁判官の顔であったり、相手方代理人弁護士さんの顔であったり、書記官さんの顔であったり、なにより依頼者の方の顔であったり。。。
記録を開いてみると、相手方の先生の書面が年末の日付であったりすると、
ああ、頑張ったんだなあ、
と深く感心したり。
様々な思いが去来する新年であります。

具体的には、
午前は丸亀へ。
午後は観音寺で二件。

そんなとき事務員さんがしっかり頑張ってくれていた備えのおかげで、整い、進行した、ときには、手を合わせたくなるほどです。

日も暮れて帰宅途中に、いつもの場所で水汲み。


20190110a


20190110b


車外に出ますと、あれ?コート着なくても耐えられる。風が強く瀬戸内海の波音が響いてきます。風が体感温度を下げているはずなのに。
外気温を確認したら、10℃。
コートを羽織らなくても水汲みできたのは暖冬のお蔭ばかりではないのでしょうけど。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

相続人が30人いる案件。

1月9日・水曜日。

高松の裁判所での初仕事は、相続人が30人の相続案件です。
乗りかかった船でとりかかったものでして、申立からおよそ1年半で審判のための最後の審問を終えました。
配偶者もお子さんもいないまま亡くなって、(遺言もないので)法定相続人が兄弟そして甥姪に至り、地域も全国的に広がりました。相続人全員にきちんと連絡がとれるのでもなく、送達もあるゆる方法を利用しました。当事務所の担当事務員さんの苦労はもちろん感謝ですが、さらに裁判所の裁判官と書記官その他職員さんとの協働なくして終結は迎えられませんでした。有難いことです。
少子化と婚姻率低下傾向が続きますとこのような案件は増える一方でしょう。

相続案件は比較的多く携わるほうですが、自分なりに向いていると感じることはあります。
戸籍等の書類をたぐり、身分関係をコツコツ追っていく。その作業は現代史の考古学の様相です。戸籍の記録内容から、ここの御家族はこうだったのかなぁ、当時はこんな事件があったり、こんな世相だったはずからこうだったかもしれない、と思いを馳せるご褒美ももらえます。
そのようにして相続人の範囲が(事実上)確定し、遺産の内容も明らかとなってくれば、あとは(薄くなっていたとしても)血のつながりのある人同士の分け合いですから、結局、なんとかなるにはなります。
解決しない紛争はない。
というのは真理だと思えます。

じゃあ業務を相続に特化しようか、と考えましても、地域の人口・地域内に蓄積された資産規模などの諸事情との兼ね合いでその種案件ばかりではどうも、というのが地方の実状ではあるでしょう。

これから審判の確定まで持ち込むこと、確定後の審判内容の実現、そしてようやくすべてが終了、その地点まで行くにはさらにコツコツとすること山積です。ただ、することは見えています。(実際するのはほとんど裁判所職員さんと事務所の事務員さんなのですが。)

そんなこと考えながら事務所に戻りました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

3月の陽気で第3学期。

1月8日・火曜日。
子どもたちは学校の新学期のため登校。
前日まで名目は冬休み中でも部活や授業・テストなどで学校に出ていた子どもたちもいますが、全国的に学校に戻る日なんでしょう、今日は。
そんな日なのにラジオでは3月の気温だと言います。

子どもたちが学校なら親は裁判所。
午前は観音寺の裁判所です。債務整理系の期日が三件連続で入っています。
午後の最初は丸亀の裁判所。予定より短時間で終了しました。
移動して坂出へ。
さらに高松の事務所へ。

夕方までに高松に到達できたのは急ぎの用事に助かりました。というのは突然スマホにメールが届いてその内容は、使用料を支払わないと携帯利用を止めますよ、という告知でした。
どういうことかとあわてて携帯のショップに行きましたら、そのメールは虚偽メールであることが判明。一件落着ですが、本来しなければいけない用事が飛んで本当に迷惑。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仕事始め。

1月4日・金曜日。
仕事始めです。
今日も朝日が素晴らしい。これで元旦から4日連続です。こんなことあるのでしょうか?


20190104a


20190104b


20190104c


20190104d


20190104e


20190104f


20190104g


出勤のために走り出したら外気温は-1.0℃のため、高速道路を安全運転で高松に出勤。
昨年の仕事納めのときに、ポーズボタンを押していたら、仕事始めでポーズを解除したかのように、いきなりの巡航速度での業務となりました。それに加えて年賀状の確認など正月ならではのこともありまして、アタフタ感はいつもと変わらず。


法廷業務はまだ始まらないものの御来客は3組。
その合間に急ぎで丸亀の裁判所まで書類を持参して提出。


20190104


一日の最後の燃え尽き感も平時と同様でありました。

子どものもう一人の大学生も、大学のある街に戻っていきました。帰省のシーズン終了。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

初・出勤。

箱根駅伝が東海大学優勝と早稲田シード落ちで幕を下ろし、のんびりできた三が日だった、と思った途端、業務発生。
高松の事務所に出勤しました。本年、初・出勤となりました。
業務終了後、ただちに帰宅。
子どもの一人は大学のある街に帰っていき自宅を去った後でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧