1,420 posts categorized "仕事"

高速は、廊下?

10月20日・土曜日。
半ドン業務の日でもなく、前日お休みです。
それは表向きのこと。真相は、私、ひとり出勤です。
ピーター・バラカンさんのDJを聴きながら東進しました。

高松で御来客応対のあと、丸亀に移動。

その後は自宅へ。
そして夕暮れが近づくころに出発。仁尾町の父母ヶ浜に寄り道しました。

美しい夕日。
美しい夕日をふんだんに眺められる自分の境涯には、素直に、感謝。

その後も業務。

業務のためにどうしても今日、の予定で高松南郵便局まで走りました。
到着したら午後8時すぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ちょうさ、の治外法権。

10月19日・金曜日。
またもや、迅速に、週末がやってきました。
前夜は久しぶりの湯船に浸かった入浴。というのは猛暑の今夏はシャワーのみでしのいでいたのが涼しくなってそして体も冷えてくる頃合ですので湯船で温める気分になったのでした。
それでかどうかわかりませんが、今朝は少々寝過ごし気味。

それでも始業時刻の午前9時の1時間前になる午前8時までに仕事場に入れなかったのです。なんだか乗り遅れた感覚になってしまうのは、昔に戻ったということでしょうか。
依頼者との打ち合わせ。

昼時を過ぎたら午後は観音寺の法廷。
ところが観音寺市内は今日から日曜日までおまつり。町ごとの、
ちょうさ
が出ています。これが公道をふさいで市内の至る所で渋滞を起こしています。地元の人たちは、毎年こうなることはわかっている、というのか、しかたないね、とすでに織り込み済みの表情です。
私自身、裁判所の行き帰りに、3件ほどのちょうさに遭遇しました。じっと待つ間に目の前のちょうさに目を凝らしましたら、
坂本
茂木
などと書かれています。これは、町名、のようです。つまり、町ごとに、ちょうさ、があって、それを街に繰り出しては騒ぐのが観音寺のお祭りのようなのです。
巨大な座布団が積み重なり御神輿のうえに乗っかったような造形の、ちょうさ。これに一年に一度熱狂する観音寺市民というか観音寺原住民の感覚はいまひとつよくわからんな~、と率直に感じる、隣接する三豊市民の私でありました。

戦い済んで日が暮れかかり、今日も三豊の父母ヶ浜に行ってみようかと思いつつ、ユーチューブのライブカメラで見ていましたら雲が覆ってきました。これはやめておこうか、と思う間に、もう見えないと思っていた太陽は最後の最後に雲と海との間で最後の閃きを見せました。しかも、北の方に開いた、グレーの雲とグレーの海の間には燃えるような切り裂いた跡を示しています。
自然は裏切らない。
これはこれで凄みのある風景と思いながら仕事場からながめていました。

そしてその後も業務は2件。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

二日分生きた心地。

10月18日・木曜日。
午前1時すぎに目覚めてノロノロしていたら午前3時にエンジンがかかり、午前5時半に書面提出。

午前と午後にわかれて観音寺の裁判所で法廷。

その間に、業務で県外へ。
爽やかな秋晴れです。高速道路をゆったり走行していまと、このままどこまでも走っていきたくなりそうです。
が、あっという間に目的の市に到着。

業務を終えて香川県に戻りますが帰り道は国道11号。
道の駅とよはま、に初めて立ち寄りました。

20181018a20181018b

大阪の富田林警察署の接見室のアクリル板を破って逃走したという被疑者が、この道の駅で出会った人としばらく自転車行脚をしていた、と報道されました。
反対車線を走行する車両は道沿いに駐車すれば国道下の地下通路を抜けてレストランやお土産物販売店に着くようにできています。
店内は、なんとなくシケた感じです。旅行者はまず高速だからでしょうか。一般道の国道も交通量は多いのですが。
和三盆ソフトで和みました。黒糖なのですが、アクがなくまろやかで上品な甘さです。おいしい。

20181018c

午後の観音寺の法廷の業務を終えたところで突然の知らせ。高松の家裁とダブルブッキングしていた。。。
急遽、高松に急いで移動。高速をどこまでも走りたいとの願いがこんなにも早く実現するとは。
手続は無事解決の糸口が見えて終了。なんとか、事なきを得ました。

夕刻、次の目的地まで西に走ります。
傾いた日差しがまぶしい。空には雲がない。
これは父母ヶ浜に寄り道しろという天の声か。

寄り道しましたら、パン屋さんの目の前にとめました。
海に反射した日差しが異様にまぶしい。

20181018a_2

まずは腹ごしらえ兼早い夕食に、とパン屋さんに入ってハンバーガーを注文したらまだありました。よかった、連日売り切れと聞いていましたから。

20181018b_2

浜で落日を見ました。まるで線香花火の最後の赤い玉のような太陽。

20181018c_2

平日なのに若い人たちが多い。
カメラを首から下げていましたら、友達と連れ立った女子から、あの~撮影してもらえませんか?とその人のカメラを手渡されて撮影。
すると他の女子グループからも頼まれてスマホで撮影。確認してもらったら、嬌声を挙げて喜んでもらえましたが、おっさんはなんだか落ち着かなくて退散。
いい思い出になってくれたらいいなあ。

こんな綺麗な夕日を見て、一日を振り返り、自分自身を振り返るご縁を、一日の締めにできるのは幸せです。
ただ、次の業務もありますから、中締めというところです。

夜の業務を終えて仕事場を引き揚げたら9時。
やれやれこれで終了か、と思ったら自宅でさらに報告書を作らなければならないことに気づくことに。
作成しました。
やれやれこれで本当に終了。いったい何時間起きていたのだろう、24時間のうち。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気候が人間に及ぼす影響。

10月17日・水曜日。
午前中、眼科で定期検査。
そのため、自宅を出発するのは普段よりずいぶんと遅くなりました。
家族が全員出払った後の自宅で、テレビ・ニュースをゆっくり観たり、普段見ない朝ドラを流したり、専業主婦の朝はこんな感じかな~などとどうでもいい感想をもってみたり。あ、朝ドラのテーマはドリカムになっていたのですね。吉田美和さんの声は相変わらずいいな。また年末、紅白に出るのかな。

通勤ラッシュはとうに終わった浜街道をのんびり東進。
薄い雲に覆われた空ですから日差しは強からず、気温も湿度も最適のような日です。
ちょうど良い頃合いに到着した病院はこれまたいつもの混雑がなく検査はスムース。
なんか今日はいい日だなあ~と会計を待っていましたら、テレビの占いは私の生まれ月が今日は最悪と言ってます。

会計済んで目薬いただいてさらに東進するのに、いつもの道ばかりでは面白くない、もう十何年ぶりかもしれない道を通った道すがら、FMが、邦楽のひととき、を放送していますから、三味線っていいよね~、唄いの声がいいな~、と年寄りのような感想を持ちました。自分はもうシルバーといっていいですけど。
ようやく高松の仕事場に到着しました。

裁判所に行く業務はなかったので、久しぶりにカジュアルな恰好での出勤でした。

夕刻、西に向かう業務がありましたから、途中、日没時刻の父母ヶ浜に寄り道しました。
辿り着いたら、夕日は空の下の方に横たわる雲の後ろに隠れそうになっていました。
雲で遮られたか。

20181017a

相変わらず沢山の観光客です。アジア系の外国の方の大きな声がよく聞こえます。
潮は満ち潮に近いため定番の風景は出現しにくい潮目です。

20181017b

20181017c

海や人を眺めていたら、今日の最後の陽が雲の下の端からほんの少しだけ覗いてきました。

20181017d

20181017e

そしてすべての陽は沈みました。

20181017f

定点で佇んでいましたら、目の前から人は去っていき、

20181017g

現れる人もあり。

20181017h

ポーズをとって撮影している人もいて。

20181017i

今日の見納めでした。ベーカリーは定休日。

20181017j

次の目的地へ。


終日、気温は最適、湿度も最適。
こんな日は心底、心おだやかに過ごせます。
心配も不安も何事もなくなったかのような平和平穏の日。
これは気候のなせる技のはず、と思うのでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

県外出張。

10月16日・火曜日。
業務では久しぶりの県外出張です。と言いましても県境を超えて隣接する市なのですけど。
その後県内に戻って仕事場での業務につきました。

午後は高松の家裁の業務。

一連の業務処理の必要から刑事も受任せざるを得なくなり、法テラスに問い合わせたところ、現在国選の登録をしていないことが判明しました。なんだ登録していなかったんだ、道理で国選が来ないはず、と納得。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

会員制クラブ?

10月15日・月曜日。
早朝出勤のクセで浜街道を高松目指しましたところ、自宅を出るまでに少々時間を食ってしまい海岸沿いの勤務先に出勤する車の群れに巻き込まれました。高速道路に慣れていた私には、一般道の通勤風景は久しぶりです。車の運転て、運転している人の性格が出るな~、と一般道では強く感じます。明かな信号無視も一件目撃してしまいました。

朝一番に弁護士さんの事務所を訪問させていただきました。私よりずっと先輩の先生です。
業務関連の事務処理が終了しまして、わずかの時間ですが雑談させていただきました。
うちの事務所来たことあったかな?ありますよ、もう10年か20年前には。
最近、不景気ですね~。どこもそうだよ~。
私が登録した20年以上前でも香川は弁護士がいっぱいだ、と言われていましたのに。当時の弁護士の数の倍だからな~。
などなど。いつもの司法不況の話に、お互いトシとったね的な年齢の話から、他の弁護士さんの健康状態の話題まで。
いまはもう「旧」となったかつての司法試験あがりの弁護士さんとは年齢が若干離れていても、
同じ釜のメシを食った仲間
の感覚があります。私自身駆け出しのころから、事件処理の手続きに事務所経営などにつきましても会内の弁護士さんから色々と教えていただいたり、裁判所や検察庁の方々からも親切に教えをいただいて、司法界の方々に育てていただいたと感じます。弁護士会は旧制度の時代にはいわば会員制のクラブのような空気でした。法曹三者はそれこそ司法村とでも呼んでいいような。
そういう意味で、いまでも業務で対立する相手方の代理人に旧制度時代の弁護士さんがお相手でしたら、なんだか、ほっ、とします。

その後、丸亀の裁判所に移動して2件分の期日に臨みました。

また高松に戻って県外の裁判所との間で電話会議。
断続的にご来客応対しましたら夕刻に仕事場を後にしました。

向かうは三豊市仁尾町の父母ヶ浜。
前日の夕日を見られなかったリベンジです。
それでも秋の日はつるべ落とし。高速インターから駆け付けようとしましたら峠を超えたところでもうすでに日は海に沈みかけていました。肉眼で見ると、なんとも大きなまん丸の赤い火の玉が海に浸かって沈んでいるように見えたのですけど咄嗟にカメラで撮影した画像ではなんともちんまりしたお日様になっています。

20181015a

浜は、平日なのになんともたくさんの観光客のひとたち。
私が到着した瞬間にはすでに太陽はその姿を没していました。

20181015b

残光のもとであれこれ撮影。見るところ大学生か社会人なりたてあたりの年代が多そう。遠くからでもやってくる活動性と元気いっぱいの言動には、若さ炸裂です。そんな若者の都会人のような人々がこんなにたくさん三豊の仁尾の浜にやってくるなんて、なんか奇跡でも起こったのを目撃したような気持ちに、いつもなります。

20181015c

20181015d

20181015e

20181015f

20181015g

一日の終わりにここで夕日をながめる生活っていいでしょうね。一日を振り返る、というか、気持ちをリセットできます。

父母ヶ浜の空気を堪能したら、それでもまだまだ業務はあと2件あるのでした。
業務の戻りに水くみ。さすがに夜も更けると車の通行がぐっと減りました。

20181015
(画像は水汲み場近くのトンネル)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

週末感覚の日曜日-20万キロ。

10月14日・日曜日。
朝一番から仕事でした。
お昼には現地立ち合い業務でこれまたお仕事。
デスクワークに戻ってあがりは平日の定時より少し前くらいになりました。

そんな中、善通寺市内を走行中に愛車320dの走行距離が20万キロ到達。約4年8ヶ月です。
狭い香川、そんなに走って、どこへ行く。

土曜・日曜と仕事か~。

気晴らしに仁尾町の父母ヶ浜に寄り道しました。
前日の土曜日はダルマ夕日が出現するくらい素晴らしい日没風景でした。それを高松からユーチューブのライブカメラで見ていたものですから、そこまで素晴らしくなくとも夕日を生で見たいと思いました。

が、残念ながら、厚い雲に覆われた夕方でした。

20181014

日曜日でたくさんの観光客、しかも大型観光バスでアジア系の外国人観光客の人たちも大勢加わった状態でした。波の音くらいの浜で楽し気な人たちの声が聴こえて、つくづく平和だな~と思えたのが収穫でした。夕日が見られなくても、厚い雲に覆われていても、それはそれで自然の風景として風流です。

引き揚げるときにはすっかり心が和んでいました。
つい、今日は金曜日の週末夕暮れ?
と感じたくらいでしたが、気をしっかり持ったら、今日は日曜日、明日は月曜日です。
新しい週になだれこむのか。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

異様に爽やかな土曜日。

10月13日・土曜日。
半ドン業務の日です。
浜街道を通って高松に出勤。
ゆっくり出発して、ピーター・バラカンさんの番組を聴きながら。好みの曲、ジエファーソン・エアプレン、ウィングス、・・え~ジェフ・エメリックさん(1946-2018)、亡くなったんだ、と知りました。マーティ・バリン(1942-2018)も。

気温も湿度もちょうどいい感じの爽やかな一日でした。

引き揚げたのは日没後。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

早い週末は粘らず-秋の宵の父母ヶ浜。

10月12日・金曜日。
早朝出勤が習い性になった私は、高松に向かうのに浜街道を走る。
高松の事務所でジタバタと書面を作り続けたら、午後は丸亀の裁判所へ。
その後さらに西へ。
三連休後の週末なのでずいぶん早く一週間が終わる感じなのはいつものことですけど、日が沈むのも早い。
三豊市仁尾町の父母ヶ浜に寄り道したらとっくに日は沈み、観光客もほとんど引き揚げて無料駐車場には車は2~3台。
堤防のコンクリートの上に置いたカメラで撮影したら一枚だけようやく撮れました。

20181012

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雨、電話会議。

10月11日・木曜日。
少雨の香川で珍しくしっかりした雨が降る一日でした。

午前は丸亀の裁判所で期日3件分。
午後は大阪家庭裁判所の手続を電話会議システムでお願いしました。

帰宅途中、車載気温計は10℃台前半。うすら寒く、体も冷えかけているような。このシーズン初めて車内で暖房を入れました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧