5 posts categorized "温泉"

ひとり父の日。

6月17日・日曜日。
朝から晴れ上がりました。

20180617a

20180617b

思い立って午前6時すぎに出発して四国の山奥の温泉を目指しました。

目指すは、祖谷温泉ですが、目前の小便小僧も久しぶりなのでご挨拶。

20180617a_2

温泉のあるホテルに到着すれば山は変わらず。

20180617b_2

ケーブルで下る谷底は深し。

20180617c

ケーブルの乗り場には新しく鳥の餌箱がしつらえていました。

20180617d

ケーブルで降りていきましたら、朽ち果てそうであったはずの谷底の吊り橋が、木の板を新しく更新したのがわかりました。
これは、立ち入り禁止区域が、果たして立ち入り可能となったしるしであろうか、とときめきました。

20180617e

が、残念ながら、立ち入り禁止は変わらず。
護岸の安全性を確認する途中だと善解しました。

20180617f

入浴。
久しく来ていない気がします。少なくとも今年は、初。
山の空気と美しい風景、渓流の音。癒されました。
かけ流しの湯に小一時間も浸かっていますと湯上りには体内から熱が出るように温もります。じんわり額に汗も出てきます。体には硫黄の匂いが染みついたよう。

ケーブルで上るとさきほど眺めた風景は同じでも谷底まで日の光が差し込んでいました。

20180617g

見上げると、飛行機雲。
まさに飛行機が雲を紡ぎ出しています。ぐんぐんと。
祖谷の山の緑と、空の青と、そして雲と。
(ただカメラ機材内の曇りが残念)

20180617h

ホテルから移動して、これまた定番の、ひの字渓谷。
緑が美しい。

20180617i

そうして南周りで祖谷の里を後にしました。

次の予定は山から下りて高松へ。
午後、香川大学医学部管弦楽団定期演奏会を聴かせていただくためです。

20180617a_3

お邪魔するのは2年ぶりでしょうか?
今回のメインは運命。
運命をこれまで生で聴いた経験を思い出したら、
ブリュッヘンと18世紀オーケストラの来日公演。
宇野功芳さんの東京芸術劇場でのかぶりつき鑑賞。
それに香川大学医学部管弦楽団が、加わりました。

開場前から長蛇の列に圧倒されました。
有名曲のせいなのか、それとも楽団のこれまでの地道な活動が実を結んだのか。
入場しましたら満席。立ち見客も出ました。
指揮者の導き方が巧みなのでしょうか、学生さんたちのアマチュア楽団から熱のある素晴らしいサウンドを引き出していました。
運命の第2楽章の後半くらいから突如気を失い、気が付いたら第3楽章の半ば。温泉あがりの昼下がりの心地よさ
です。午睡から目が覚めたら生のオケの音に包まれるという極楽サウンドに浸る至福の体験をさせていただきました。

20180617b_3

一日遊んで帰宅して自室にいましたら子どものひとりが、
お父さん、父の日おめでとう。
といいプレゼントを渡してくれました。
ああ、そうか、今日は世間では父の日か。
と気が付きました。心優しい子供からの贈り物に感激でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の温泉。

6月10日・日曜日。
老母と山あいの温泉に出かけました。
昨年の正月旅行の後、すっかり出不精になっていた母親を連れ出すことができました。
私は白内障手術の後、初めての温泉です。
浴室に入っても裸眼で様子がよくわかるのが、かつてとまったく違うところです。

露天風呂からの眺めに癒されます。

20180610a

体がぬくもったら昼食。
吉野川の眺めが開ける食堂。

20180610b

やっぱり祖谷そばでしょう。

20180610c

リラックス&リフレッシュ、です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

雲の中の温泉。

9月16日・土曜日。
週末になりました。そして三連休が始まりました。
しかし、台風18号が連休の真ん中に来ることが確実と予報されています。
まだ暴風雨域は先のこと、雨に降られても豪雨を体験できる、と自然を甘く見て朝一番に自宅から走り出ました。
向かうは祖谷温泉。
夜明けが遅くなってきたし車の数も少ないため1時間半もかかりませんでした。
到着すると風景はこのように。

20170916a

幻想的。雲が濃い緑の山々にまとわりついています。まるで綿が乗っかっているかのようです。
空気は肌寒いほど。

これからケーブルカーで下ります。

20170916b

下の駅に到着しました。

さて入浴。男湯は終始一人、貸し切り状態でした。それで1時間弱。すっかり身も心もほぐれました。

これからケーブルカーで車のある場所まで登ります。

20170916c

20170916d

20170916e

再び上の駅に来ましたら、雲の形は変われど相変わらずの幻想的風景。
湯上りの体にはひんやり気持ちの良い空気です。

20170916f

走り出して振り返りましたら、さきほどのホテルが雲に囲まれているように見えました。

20170916g

定番の風景、ひの字渓谷。

20170916h

南へ下り、祖谷の里を後にしました。

20170916i

| | Comments (0) | TrackBack (0)

久々の祖谷温泉。

8月12日・土曜日。
早朝、とも言い難い7時に自宅を発って徳島県の山を目指しました。
久々の祖谷温泉に浸かるためです。

到着しますと、台湾からいらしたような賑やかな三人のオバサン観光客とともにケーブルカーで下りますと、

20170812a

男湯は、無人。貸し切り状態~。

20170812b

1時間浸かりました。
極楽~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

琴弾回廊から水平線。

1月29日・日曜日。
肌寒い雨の日。老母を連れて琴弾回廊に出かけました。

途中、水汲みに降りて海を見たらぼんやりした水平線しか見えず対岸は霞の向こうに隠れました。

20170129a

温泉からあがって休憩場所からは有明浜。

20170129b

伊吹島が、ようやく。

20170129c

| | Comments (0) | TrackBack (0)