13 posts categorized "観音寺"

伊吹島初上陸。

観音寺市の沖合、燧灘に浮かぶ伊吹島。
好天の下、業務で渡りました。同島上陸は人生初です。

観音寺港から定期船の伊吹丸に乗船します。船も切符売り場もコンパクトでうれしくなるくらいちょうどいい感じです。

20171031a_2

出港し、港を出ました。
いつも三豊観音寺の海岸を走ると必ず目に入るのは伊吹島。その伊吹島に向かいつついつも走る陸(おか)を眺めるのは新鮮です。

20171031b_2

20171031c_2

のっぺりとした見事な凪にぽっかり浮かんでいます。まるで湖の中の島のようです。

20171031d_2

20171031e_2

上陸しましたら極めて静か。
移動はほとんどバイクか原付です。四輪は軽トラか作業用の台車に動力のついたようなもの。
フェリーはないというので四国本土から車で島に上陸することはできません。
まるでイリコの漁と加工に特化されたような島です。

20171031g

20171031f_2

帰りの定期船まで時間があります。少し島の沿岸を散策しました。
沿岸の道はイリコの作業所が連なり工場群のようであり、その工場敷地内の通路がそのまま移動用の通路となったかのようです。
徒歩でも周回できるような気がしました。

20171031h20171031i

素晴らしく美しい初めての上陸でした。
こんなに気楽に来れるなら散歩気分でまた来たい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

おまつり。

10月7日・土曜日。
夕方の業務以外とくに予定を入れていません。
田んぼのおがし(耕すこと)か柑橘畑の草取りか時間に任せてしないといけない、と思いつつ天候が雨気味であるのをいいことに室内の用事として観音寺オフィスでの作業、それは遅れて溜まった業務の追いつく試みに向かいました。
空は曇り。なんとか雨はなさそうです。湿っぽい静かな空気で観音寺市内に入りましたら、突然の渋滞!
これはおそらく、お祭り?
と直感しました。
このあたりには
ちょうさ
と言って座布団のお化けが積み重なったような神輿を公道を曳いて練り歩くのが習わしなのです。
自分には特に急ぐ用事もなくてよかった。急いでる人はUターンしてルート変更する車もあります。ほどなくしてすり抜けましたらやはりそうでした。ちょうさ。

20171007a

やれやれ、と交差点を曲がりましたら、なんとまた、ガツンと渋滞。この地域でこの道でこんな渋滞見たことない経験したことない、これもちょうさか?と思うとやはりそうでした。
お祭りですから。非日常の風景です。

20171007b

オフィスの駐車場に入るやそこにはこれから出動を控えたちょうさが!

こんな巨大な物がいつもどこに収まっているのでしょうか?またそこからここまでどうやって運び込んだのでしょうか?観音寺の地元民でない私にはワンダーの一つです。

オフィスでパソコンに向かっていたら眼前の公道を右から、左から、ちょうさがやってきては通り過ぎていきます。
ご当地で生まれ育った方にとってちょうさは一年で最も興奮するオブジェのようです。ご利益があるのでしょうか?

20171007c

20171007d

20171007e

| | Comments (0) | TrackBack (0)

基幹産業は水産業。

8月2日・水曜日。
気分は夏休みになり勝ちながら業務は立て込んでいます。
午前は高松に籠り、午後は観音寺へ移動。
オフィス外の仕事で外出しました。行先は観音寺港。
普段の生活で立ち入ることが滅多にない区域です。
人と船の出入りのある港というものは、本来それらしい風情がありますが観音寺港も例外ではありません。漁船、伊吹島への連絡船、魚市場、業者さんのトラックなど港町のアイテムには事欠きません。さらには港町界隈にある水産業者さんの工場・事務所、さらには食堂なども風情を強めています。
やはり観音寺は水産業から栄えたんだな、と感じた外回りでした。
さらに魚市場からは海産物の香りが酷暑の暑さにあぶられたようになっていて真夏の港町を演出していました。
オフィスと裁判所との往復ではうかがい知れない世界です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月夜の舞@観音寺。

週末の夜になろうとしています。夏の日は長い。明るい時間から夕食に訪れたのはこちら。

20170721a

月夜の舞。
どれもおいしくいただきました。なかでも自分にヒットなのはこれ。

20170721b

ぱりぱりごぼうサラダ(メニュー名は不正確かもしれません。)。
やめられない、とまらない、おいしさでした。

引き揚げたら外は夜。

20170721c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

壽賀@観音寺。

金曜日の夜。3連休前ですから、仕事場の近所で晩御飯にしました。
壽賀さん。
きれいな器とおいしいお料理。

20170714a_220170714b_220170714c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

交通事故!前車が・・・。

7月12日・水曜日。
午前は観音寺で業務。
午後は高松の裁判所で業務。
散髪して夕方再び観音寺へ向けて夕刻に移動。夕刻と言いましても陽の落ちるのはまだまだ遅く、観音寺市内の道を夕陽を追いかけるように眼前に見ながら走行していました。
もうそろそろ午後7時というころ、周囲の車両は帰宅モードで全体にまったりした走りをしていました。
すると、、、
西に向かう私の前の車両もゆったりとまっすぐに走行していましたら、対向車線の車がどんどんこちらに近づいてくるのです。
あり得ない!
なにこれ!?
と思う間に、私の前車の右前部に、
バーーン
という感じで(そんな音が実際に聞こえたかどうかは記憶なし。)、
衝突、
してしまいました。
するとどちらの車かわからない部品が、
パーーン、
と噴出するかのように飛び上がり、そして落ちてきます。
目撃した私は、もし前車がいなかったら自分の車だったかもしれない、という恐怖感とともに、この部品がボディにあたってほしくない、という恐怖感も合わせて、急ブレーキで停止しました。
すると、どうやら私のには害が及んだいませんでした。
は、よかった。
と思い直してカメラを取り出して現場の状況の保全に協力しようと降車しました。
すると前車の運転手の女性はすでに降りていて私に向かって、
当てた人ですか?
と言いますので、私は、
いやいやちがうちがう、うしろを走っていたものです。
と説明。
女性は、
私まっすぐ走っていましたしスピードも普通でしたよね?
と言いますから、
はい、私みていました。相手が完全にセンターラインオーバーです。
といいましたら、
ありがとう!
と救われたようにいいます。
実際に当ててしまった運転手さんは男性でしたが降りてきて動転した気分を隠せない様子です。
車を交通の妨げにならないようにして、何か証言が必要でしたら、と名刺を1枚、前車の運転手さんに渡して立ち去りました。
お互い人損はなかった様子なのが不幸中の幸い。しかし、まったく平穏な日常から、一気に、超・ブルーな気分に叩き落されたのでは想像しますと、まったく気の毒としか言いようがありません。
スピードと車間距離は大切、と改めて知らされました。

観音寺オフィスに到着したらちょうど午後7時のチャイムがなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

とらや@観音寺。

6月10日・土曜日。
業務は半ドンの日。
夕食を老母と観音寺の「とらや」さんでいたたきました。
お魚もその他料理もとても美味しいお店でした。
老母は以前来た気がする、とも言います。四代続く老舗ですから来たことがあるのかもしれません。

20170610

| | Comments (0) | TrackBack (0)

琴弾公園の桜。

4月15日・土曜日。
朝から快晴。気温が上がる予報です。
こちらは朝から業務が観音寺へ。

その合間に琴弾公園に立ち寄る機会がありましたら美しい桜の林がありました。
この林の真ん中に佇むと、なぜか、
桜神
という文字が頭に浮かびました。
おうしん、と読むのか、さくらのかみ、とでも読むのか、わかりません。
神でなくても、命(いのち)を強く感じるのです。
まるで生き物それは桜の神とでも呼ぶべき命の柱が屹立してこちらを眺めているような。
独特の気配でした。

20170415a

20170415b

20170415c

車の気温計は25.5度を示しました。
結局夜まで業務。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月が替わりました-太陽を追いかけて。

3月1日・水曜日。
3月になりました。
目覚めたらうす曇り。
東の空から昇る陽は、おそらくあのあたり、と見当をつけるような空でした。

20170301

午後、高松から観音寺に移動したらちょうど夕日でした。しかも進む道の真正面に美しい夕日が。

20170301_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

仕事、のち温泉。

1月15日・日曜日。
朝一から現地で業務。
終えて帰宅して一休みしたら、老母と約束していた温泉へ。
今回は近場。観音寺の琴弾回廊。

男湯、けっこうお客さんで一杯でしたね。
湯上りにデッキに出ましたら冬晴れの瀬戸内海がきれい。

20170115a

イリコの島、伊吹島がすぐそこに見えます。

20170115b

20170115c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧