10 posts categorized "四国"

君は牧野富太郎を知っているか?マニアの知-牧野植物園。

12月11日・日曜日。
ホテルで朝食をとりましたらお決まりの日曜市へ。
イモ天食べました。ホックホクのうまさです。

20161211a

日曜市も端まで行き着いて前日に引き続き美しい高知城を眺めました。

20161211b

朝のひろめ市場。飲む人は遠慮なく飲んでいます。つくづくすごい場所ですね。

20161211c

ホテルをチェックアウトして向かいましたのは牧野植物園。
個人的には二度目です。昨年の春休みに娘たちを連れてきました。
高知は観光目的で来たのは初という同僚弁護士も仕事のついでに桂浜と龍馬記念館は観光したらしいので、それではここ、になりました。

20161211d

ちょうど、土佐が発祥と言われるカンラン(寒蘭)の特別展が開かれていました。
繊細かつ高雅な気品です。こんな趣味の分野があったのは初めて知りました。

20161211e20161211f_220161211g20161211h

四国が誇る知の巨人・牧野富太郎先生のろう人形。今にも動き出しそうな気配です。

20161211i

高知の山並みが美しい。

20161211j

温室目指して庭園を抜けました。

銅像。もちろん牧野博士。ただなんとなくTDLのディズニーの雰囲気も。

20161211k

20161211l

20161211m

温室。

20161211n

最後に土佐寒蘭センターを拝見して植物園を後にしました。

20161211o

滞在時間は3時間程度。
知的に充実した時間を過ごせました。
「客層」の施設の性質上、とても雰囲気のよい方々ばかりでした。
途中、休憩で飲んだカフェのコーヒー、昼食も美味しく体に良さそうな印象すらありました。

それで、うちの事務所のスタッフに、植物園を訪れる前に尋ねました。
「牧野富太郎を知ってる?」
すると、
え?知りません。聞いたことありません。
との回答。
その回答に私は驚きました。
昭和35年西暦1960年生まれの私は、小学時代から中学時代にかけての時代が、昭和47年(1967年)~昭和51年(1976年)。そのころに初等中等教育を、少なくとも四国で受けた日本人であれば、
牧野富太郎
の名前は聞いたことが、間違いなく、あるはず。
その名は、四国の高知に生まれ、日本の植物については右に出るものはいない偉大な学者・博士の名として自身の学習初期経験として刻み込まれているはず。。。なのに、知らない?

これは、「ゆとり」で省かれてしまったのでしょうか?

博士のご経歴を今回改めて見て、学歴社会とは無縁のままその知を伸ばした博士は、実は、学歴を得るための受験でしのいできた世界の人との軋轢を抱え込んでいたのではないか、との思いを強くしたのです。
でも、まさか、その学歴ゆえに、ゆとり、で省かれるのは今の時代にはそぐわないというのが偽らざるを得ない感覚なのですが。

土佐の国はそんな郷土の偉人を大切にしていることも痛切に感じた今回の旅でした。

車で走り出したら高知インターまでは幹線道路ほぼ一本道。
南国サービスエリアではお土産物売り場ば激・コミ。
トンネルを疾走して、あっという間に瀬戸内に到着しました。まだ午後3時くらいでしょうか。
半日程度は家事に関わることができるようになったと思います。私は昼寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高知の夢は夜開く-新たな出会い。

意味不明なタイトルです。
徳島の秘境を後にして国道32号線経由、大豊インターから高知道に入りそのまま高知市内に到着しました。
ホテルはチェックイン時刻前。荷物を預けて観光に行く先は、まず高知城。

20161210p

板垣退助の像。

20161210q

山内一豊の妻の像。

20161210r

天守閣およびその周辺。言うことありません。

20161210s

20161210t

20161210u

20161210v

20161210w

天守閣から見える高知の山並みは美しい。お殿様の眺めでしょう。

20161210x

20161210y

そして、ひろめ市場。
土曜の午後ですが、なんとか空席はありそうな、それでも混んでいる状態です。
もちろんお酒を飲める人はほぼ例外なく飲んでいる様子です。
お店で買ったお寿司、それに明神丸の塩タタキをそろえて、事務所スタッフの歓談の場となりました。

20161210z

すると同じテーブルの先客である男性お一人が(地元の表現では「馴れ馴れしく」)語りかけてきまして、まるで同行人であるかのようにおしゃべりに興じてしまいました。
意気投合というわけで携帯番号も知らせあってお別れしました。

さて時刻は午後3時ころ。チェックインしました。
夕食の席はすでに予約済み。開始時刻は午後7時半。(師走の週末に予約とれたほうがミラクルでした。)
それまでは自由行動の時間となりました。

さて、夕食の時間が参りましたのでロビーから移動。

20161210za

やって来ました。酔鯨亭。

20161210zb

カツオの塩たたき、美味し!!
事務所スタッフから御代わりのリクエストまで出ました。

20161210zc

20161210zd

20161210ze

高知の夜は更けていきます。
事務所スタッフとともに二次会へと河岸を変えました。
昼下がりのひろめ市場で意気投合したお兄さんに架電しますと連絡がとれて合流。
さらに夜が更けていったのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

事務所旅行復活-秘境への旅。

12月10日・土曜日。
1泊2日の予定で事務所慰安旅行に旅立ちました。
思い返せば、事務所旅行、というものに出かけたのはこの前はいつのことか?どうも2004年(平成16年)8月1日から4日の沖縄旅行以来です。なんと12年ぶり。

まず目指すは徳島県山間部の秘境。
午前6時半の出発した私の運転する愛車は猪鼻峠を越えて徳島入りしました。
国道32号線を吉野川沿いに南下して最初の休憩地。
まんなか。
(四国のまんなかの意味なんでしょうね。)

20161210a

メンテナンスから戻ったばかりのカメラα900がまだ眠っているのか本体とレンズの接触感度がまだのようでレンズの存在を本体が感知しないのですが使っているうちに馴染んできました。

祖谷郷に入りさらに細道を進んで「ひの字渓谷」で撮影。

20161210b

さてもうひと乗りで到着したのは最初の目的地。
祖谷温泉

20161210c

ケーブルを下って川床の露店風呂に浸かります。
到着したのは午前8時半ころでしてすでに宿泊客の方々は朝風呂を済ませたようで上ってきたケーブルからは丹前を来た老若男女がゾロゾロと降りてきました。
さて私たちはそんな宿泊客と入れ違いで降りました。

20161210d20161210e20161210f

湯の戸口に立ちましたら、あれ?男女逆になっています。この温泉にご縁ができてから30年ほどになりますが入って右側の湯船に入るのは初めてです。
それはさておき源泉かけ流しの加熱しないぬるい温泉に浸かることおよそ40分。川の音など自然の音しかしない世界で瞑想的境地です。
ネットで知られたのでしょう、外国人観光客が増えています。今回はドイツ人と思われるお二人と一緒でした。

20161210g

祖谷渓谷のアイコン。小便小僧。

20161210h

ここまで来たら到達感があります。
きびすを返して南下して遅い朝食のために祖谷美人に立ち寄りました。
祖谷そば。私はししそばにしました。

20161210i

鮎の塩焼き。ほっくほく、でした。

20161210j

20161210k

さらに南下して次の目的地は、かずら橋。

20161210l

渡りました。私、この橋渡るの何回目なんでしょう?

20161210m

琵琶の滝。

20161210n

川床に降りました。
下からかずら橋を見上げました。

20161210o

そして、祖谷郷ごきげんよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ミニでも食べきれない、ひばり食堂。

9月25日・日曜日。
老母を連れて昼食に出かけました。行先は大豊インターそばの、ひばり食堂さんです。
二週間前に焼き肉丼を頼んだところが余りに大きさに老母は食べきれなかった行列食堂です。
しかも前回は、食堂名物のかつ丼を頼み損ねていました。今回はリベンジで名物料理を食しにきました。

20160925a

前回の轍は踏むまい、とミニかつ丼を注文する予定でした。二人とも。
ところが私はこの昼食に備えた気持ちで朝食を抜かしておりました。
お客さんの行列に並んですぐさま鳴り響いた真正面にあります大豊町役場の大音量サイレンが胃袋に響きます。
待つこと40分程度で席に着けました。

20160925b

私は空腹のあまりミニでなくて普通のかつ丼にしてみました。老母は計画どおりミニかつ丼です。
・・・・・
さて間もなく出された(普通の)かつ丼は、と言いますと。

20160925c

デカイ。デカ過ぎる。。。
丼の全面を覆うようにギッシリとトンカツが乗っています。溶き卵が半熟でからんでいます。その下には大量のご飯があります。
それでも、私は、完食しましたね。
他方母親は、ミニにもかかわらず、「美味しいけど多すぎるわ。」とご飯を少々残しました。
私は一日の炭水化物量を一食でオーバーしたようです。
満足したのか後悔したのか微妙な気分でお店を跡にしました。
他のお客さんで初めてと思われる男性グループでは、こともなげな、「大盛!」などと注文していましたがお品が出されたときの表情を見られなかったのが残念です。

大豊インターから北上して次の新宮インターで降りていく先は、霧の森、です。
夏休みには川遊びに興じる子供たちの嬌声が響き渡った谷間も、いまは増水のために閉鎖中。

20160925d

川面は無人です。

20160925e

天然温泉も(男湯は)人が少な目で、ゆったりのんびり入浴できました。
お土産は、定番霧の森大福と、そして今回は抹茶ロールケーキをGETできました。

20160925f

さらに香川に戻ってから、母親は仁尾のタコ判食べたいなあ、というので久しぶりに小前さんのお店へ。
代替わりしたのか若い(と言っても中年)の御夫婦(?)が切り盛りされていました。予約していなかったため1時間待ち。いったん帰宅してから引き取りに出直すことにしました。

20160925g

味は、なつかしい。けど、ちょっと変わったのかな?

| | Comments (0)

高知に行って参りました。

5月21日・土曜日。
老母と一緒に高知に出かけました。
自宅から高速経由で1時間と少々。
三翠園の温泉「水哉閣」(すいさいかく)で日帰り温泉に浸かりました。

20160521a

夕食は寅八商店。お目当てはイカです。

20160521b

ビジネス・ホテルをチェックアウトして向かうは日曜市。
相変わらずの混雑でした。
トマト、とうもろこし、パイナップルなど農産物の収穫大。
イモ天、串焼き、アイスクリンなどでなんとなくの朝食代わりに。

20160521c

高知港の魚市場内にあります「幸寿し」(ゆきすし)で正午前に朝食兼昼食。
市場内だけあって新鮮なネタでした。
日曜日は10時かそこらで開店するようですね。

20160521d

母親は、命の洗濯ができた、と喜んでおりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大歩危温泉。

3月13日・日曜日。
二週間ぶりに老母とともに水汲みと温泉に行きました。

水汲みの場では持ち主の方に遭遇しましたら、もっと上のほうにある敷地内のよりきれいな水の場所を教えてくれました。
いつ入って汲んでくれてもいいですよ、との親切なお言葉まで。
いや、有難いことでありました。

水汲み済んで温泉へ。
大歩危温泉です。
一番乗りでした。大浴場も露天風呂も独占です。

20160313a20160313b

露天にいましたら外で、
ゴー
と音がしますので見ると列車の通過でした。

20160313c

いい湯のあとは昼食。
今回は久しぶりに
あめご亭。
こちらの客室から眺めはいいです。

20160313d

出されたのはこれら。

20160313e

久しぶりの祖谷そばに海老天トッピング。
そして、あめごの刺身!
鮎の塩焼きを尋ねたらオフシーズンのためあめごになるというのです。メニューを見ますとあめごにも、塩焼きと刺身の二種。刺身を試しました。

20160313f

ひたすら、美味、です。
プリンプリンのコリンコリンのソフトな噛みごたえとさっぱりした風味。
近年まれに見る刺身での大ヒットでした。

その後、帰還。
このまま昼寝で過ごせば極楽、のはずですが、午後の遅い時間にお仕事。

どこだろう、本当の極楽は?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

四国のまんなか。

1月最後の日、最後の日曜日。
老母とともに吉野川沿いの温泉へ。
湧き水を汲む用事も兼ねて。

汲み終えましたら、JR大歩危駅に寄り道しました。

20160131a

無人駅のようです。
フリーの改札部分を抜けたらこんな眺め。

20160131b

振り返ると、ドキッ! 木彫りの子泣きじじい!がそこに。

20160131c

駅前を散策。
祖谷の山村にとってはここは都会なのかも。荘内半島の先から戻った詫間駅前のように。
スーパーがありました。ぼけまーと、と読むのでしょうね。
店内を歩きましたら、いまの日本人の生活に必要な日用品・食品はしぼればこれくらい、とわかるような。というと地元の人には失礼か?

20160131d

買い物終えて温泉へ。
今回初めて訪れたのは、大歩危峡の「まんなか」という場所。そんな名前のホテルです。
日帰り入浴は正午開始。
駐車場からの眺めはこんな感じです。

20160131e

男湯は貸し切り状態でした。
こぎれいでラグジュアリーな空間でした。
貸し切り状態露天風呂はこんな感じ。

20160131f

露天風呂からの眺めもなかなか良し。
吉野川の清流を見下ろします。

20160131g

昼食は「ドライブイン」(こんな言葉まだ生息?)の「まんなか」。
かつて祖谷温泉への家族旅行で立ち寄りました。そのときは雨のあとの増水で川下りはできませんでしたけど。

20160131h20160131i

台湾からの観光客の方々が団体でお越しのようでした。
舟下りに興じていました。

昼食終えて帰途につきました。
JR阿波池田駅及びその周辺に寄り道しました。

20160131j

子供たちへのお土産は、観光地によくある、だんご。
あっという間に消えました。

20160131k

歩危マートで発見の商品。
なかなかベタな商品ですがおいしいです。

20160131l

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大歩危温泉。

12月19日・土曜日。

老母と私の末っ子と計3人で吉野川沿いの景勝地・大歩危(おおぼけ)に行ってきました。
お目当ては、温泉。そして山の水汲み。

温泉はホテルの日帰り入浴にします。
サンリバー大歩危。

20151219a

温泉の効能書き。

20151219b

屋内の大浴場にサウナ、露天風呂を備えています。
露天風呂からの風景のひとつ。

20151219c

いい気持ちになってそれから昼食。
約一か月前にも来ましたこのお店を再訪。

20151219d

祖谷そば・肉。それに鮎の塩焼き。

20151219e

窓外の風景。
対岸にはJR土讃線。アンパンマン電車が通過しました。

20151219f

さきほど入浴したホテルがすぐそこに見えます。

20151219g

水汲みも無事終えて帰宅。
いま流行りの荏胡麻商品を土産にしました。

20151219h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

天空、祖谷蕎麦、鮎。

さて次に到着したのはこちら。

20150927zc

さきほどはケーブルを川床まで下ったのに、今度は山上まで登ります。

20150927zd20150927ze

男湯に浸かりました。
結構熱いです。しかも注意すると湯から少々カルキ臭が。
と思う間に、私より年上と思しきオジサンいやオヤジの仲良しらしき四人の人たちが入浴してきました。
ずいぶんと朗らかに談笑しています。お風呂好きの仲良しに見えました。言葉からは地元徳島の人たちにようです。

20150927zi20150927zj

その後脱衣場で服を着て休憩所であります半兵衛の家に移動したのでした。

20150927zk20150927zl20150927zm

眺めはこんな感じ。

20150927zn

おいしい湧き水をいただいて喉が潤ったのでふたたびケーブルに乗りました。

20150927zo

今朝起きてから何も食べていません。お腹はかなり空腹を感じています。
この地域でもうひとつ評判の宿兼蕎麦どころの「祖谷美人」に寄りました。

20150927zp

食事のできるデッキからの眺めは素晴らしい。
小便小僧のパロディのような小便タヌキが勢いよく放尿しています。

20150927zq20150927zr20150927zs

楽しみの祖谷蕎麦は、ちょっとだけ悩んで天ぷらにしました。他に、シシ肉、キジ肉、などもあったのですが。

20150927zt_2

さらに祖谷渓の定番。川魚の塩焼きですが、鮎(あゆ)にすべきかアメゴにすべきか店員さんと相談しましたら、今の時期はどちらもいいけど鮎の背中に脂が乗っているというので鮎に決定。
うまし!

20150927zu

食べ終わるころ丁度、他のお客さんが退店したのでお食事どころのデッキはこんな風。と撮影。

20150927zv

朝風呂のハシゴをして、遅い朝食に祖谷蕎麦と鮎の塩焼き。
とうとう祖谷集落を後にします。

20150927zw

時刻は午前11時を回ったくらい。
こんなに素晴らしい場所、それも秘境に、自宅から車で一般道を1時間半程度で到達できるのはとても幸せ。
さて次に目指すは四国の大都会・高松!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝風呂は祖谷温泉で。

9月26日土曜日は高松オフィスで半ドンの日。
午前は高松でお仕事をしたら午後は三豊に移動しまして打ち合わせ。夕刻は観音寺に行ったり夜は三豊で相談したり。あがったら午後9時ころでした。

なんだか疲れたなあ。

27日・日曜日。
朝風呂に行くことにしました。行き先は祖谷温泉。
起床後身支度もそこそこに出発しようとしたら役場のチャイムが聞こえました。午前6時。
今日はいい天気になりそうな予感がする三豊平野を駆け抜けて猪ノ鼻峠を越えたら徳島側は、霧。
山脈の北側の晴朗な天気がトンネル一つ過ぎて南側は突如幻想的に変貌。
国道32号線を高知方面に駆けて青い橋が目印の祖谷口に着いたのは午前7時ころ。
窓を閉め切ってエアコンばかりじゃ勿体ないと、
窓を開けたら、湿った空気が、
ヌマッ!
と車内に入ってきて森林の匂いがしました。

祖谷渓をさらに分け入りましたら、こんなに幻想的な祖谷渓をこれまで見たことはありませんでした。

20150927a

次に出合という地名で橋のある場所で下車。
路線バスが通り過ぎていきました。

20150927b20150927c20150927d

次に祖谷川地蔵尊が祀られている場所。
向かいに川床に下りる階段があるので下りました。

20150927e20150927f20150927g20150927h

南日浦展望台からの眺めも霧というべきか雲というべきか、ほとんど見通しが効きません。

20150927i

さらに進んで道路上で車を止めて撮影しました。
深山幽谷の趣。
来た道は、やはり狭い。

20150927j20150927k20150927l

さてここは有名なポイント。小便岩です。
小便小僧の度胸試しの岩。
いつも背景に広がる緑の山並みが、さっぱり見えません。
これぞ幻想的。

20150927m_220150927n

そうして現れた祖谷温泉は秘境の宿。

20150927o

到着は午前7時40分。
祖谷口からここまでの間、さすがに早朝のため、すれ違いの車は1台もありませんでした。

ケーブルカーの牽引設備が霧の中のモンスターに見えます。

20150927p

慌てて発ったのでタオルを忘れました。
入浴券とタオルを買ってケーブルカー乗り場に来ましたら眺めはこうなっています。

20150927q20150927r20150927s20150927t

登ってきたケーブルから降りたお客さんは3人。
乗り込んだのは私含めて3人。2人連れの若い女性で浴衣を着ているので昨晩は宿泊したもよう。
「あの川、チョーきれい!」とネイチャーを堪能して関西訛りでそちら方面からのご来客と見ました。
ケーブルの押しボタンも光って見えます。

20150927u

川床に降り立ちました。

20150927v

登って去っていくケーブルを見上げたらホテルの建物が霞んでいました。

20150927w

この湯は宿泊客は午前7時から利用可能。
日帰り客には午前7時半から開放。
私が湯船につかったのは午前8時。
朝食前の一番風呂に浸かった宿泊客の方が一巡したころです。
男湯はあれよというまに私一人になりました。
独占して満喫。

20150927x

湯船で振り返りました。
これまで走れるだけ走り続けてきたような。
この車200キロで走ることができます、というと常に200キロを出して突っ走っていたようです。
40キロでゆっくり走ってもいいではないですか。日曜日に温泉に浸かることを趣味にしてもバチが当たるわけでなし。
午前9時まできっちり1時間浸かりました。体中に温泉成分がしみ込んだような。
ケーブルが上がると霧はようやく晴れかかりました。

20150927y

ホテル祖谷温泉を後にしました。
ホテルを遠望する場所で、また撮影。
山のこちら側に雲がポッカリ浮かんでいるさまがいい風情です。

20150927z

祖谷渓谷の風景を代表する定番スポットの「ひの字渓谷」。

20150927za

本当に「ひ」の字のように見えます。

20150927zb

たまたま北上して停車した大阪ナンバーの車から降りた若い男女と雑談。
このあたりは初めてだそうです。温泉情報を提供。
さて翁はさらに南下。

| | Comments (0) | TrackBack (0)