32 posts categorized "香川県"

黄砂。

4月18日・火曜日。
晴れ、ただし黄砂。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜の季節。

4月13日・木曜日。

美しい日の出の日。

20170413a

20170413b

業務は朝、三豊から始まりました。
その後観音寺に移動。
移動の途中にありますため池の傍の桜がきれいでした。

20170413a_2

20170413b_2

20170413c

高松に移動したらいつもの桜のスポットが満開でした。平日にかかわらず桜の木の下でお花見する人々がいます。

20170413d

20170413e

20170413f20170413g

桜が地元で満開になったと聞きながら、気温の低く曇り気味の日が続きました。
ここにきて晴れ上がりますと、やはり桜の花は春の青空の下が一番です。
気温が低かったせいでしょうかずいぶんと長く桜を見ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小豆島を走ってみた。

2月14日・火曜日。
小豆島(しょうどしま)の裁判所の業務があります。
島への移動に高速艇にするかフェリーにするか迷いました。結果、自車で小豆島へ乗り込むことにしました。自車で島内を走るのは、記憶に間違いなければ、お初です。

車のナビの目的地を高松家庭裁判所土庄(とのしょう)出張所に設定しましたら到達予定時刻が出ました。これ、どの交通手段で計算するのでしょう?

乗船口の列に車をとめて乗船券を購入。日本人の観光客が多いですし外国人の観光客も結構います。

高松港を後にして。

20170214a

船の銘板を見ましたら、あら詫間町の讃岐造船建造でした。

20170214b

まだ低い陽を背景の屋島が神秘的でした。

20170214c

高松が遠ざかっていきます。

20170214d

一昨年は船で直島に行きましたが今回は女木島の東側を通過します。

20170214e

船が進むにつれて屋島の形が変わり続けていきます。

20170214f

すれ違うフエリーはぺったりした水面をたどるカタツムリのようです。

20170214g

空は変わりやすく雨雲が覆ってきました。雲の下の島にはまるで神でも宿るかと思わせるものがあります。

20170214h

小豆島を目前にして晴れ上がりました。

20170214i

さて到着後、土庄港のセブンイレブンでお腹をこしらえてお仕事の用意も整えました。

土庄出張所の期日を終えて島内で現地見分などもしてすべての業務終了。

空は曇ったり小雨が降ったりしたあとまた晴れ上がり青空となりました。

20170214j

小豆島オリーブ公園に寄り道。

20170214k

20170214l

土庄港から復路に就きました。

20170214m

乗船したところ、あれこの船、今朝のとおんなじ?
と感じまして銘板を確認しましたら、やはり同じ船でした。

20170214n

屋島はやや西に傾いた陽を浴びて美しい姿でした。

20170214o

ひたすら静かで美しい島でした。
小豆島。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

春が来た。

12月22日・木曜日。
朝、窓の外の空気に触れたら、
あれ?生暖かい!
まるで春が来たような。

昨夜は、また、日付をまたいで、だけど高速道路で、帰宅したもので、朝もやや疲れが残ってのんびりモード。
午前の観音寺の法廷から高松に向かいました。
車載気温系は、20.0℃。
南からの風のせい、ということは、早すぎる春一番のごとし。
そういえば、今週は月曜日から暖かく高松オフィスにいついている野良猫が春の猫歌を奏でてうるさいことこのうえなしでした。今日も野鳥のさえずりが自宅で聞こえて、春と勘違いしているに違いない、です。

とはいえ、観音寺から高松に移動する高速から見える里山の色は1週間前の風景からさらに色づいた紅葉となっていました。

20161222a

20161222b

冬至を過ぎて紅葉が讃岐平野で盛りというのはなんとも妙です。冬至の昨日は、(大好きな)宮古島で28℃との報道もありました。ハワイより暖かい。

なんか変ですねえ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

震度1~2。

11月19日・土曜日の講演会の最中、参加者のみなさんのスマホが突如鳴り始めました。
緊急地震警報。
うわ~、なんか地鳴りが聞こえたような気がする。
と待ち構えていましたら、ユラユラっと揺れて収まりました。
深度1から2かなあ?
あとで見ましたら11時48分ころ発生、震源は和歌山県南部、マグニチュードは5.4でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

10月半ばに夏の再来とキンモクセイ。

10月17日・月曜日にお仕事で西の方へ。
暑い、です。
三豊観音寺の田園地帯でも車外気温計は26℃。
駐車するにも窓をすかしておいたらまるで夏のようです。
そんな暑い日にスーツ・フル装備で裁判所に5時間罐詰は消耗しました。
観音寺オフィスに移動しても仕事続けるのを放棄して帰宅。

実家の老母の様子を見に行きましたら庭のキンモクセイが芳香を発散していました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

爽やかな晴天。

10月15日・土曜日。

朝。
なんというきれいな空。朝焼けからとてもきれいな日の出が予想されました。
右は金毘羅さんのある象頭山、丸亀城の側からながめる同山が正面としましたら自宅から見えるのは斜め裏にあたります。左は善通寺の山。

20161015a

待ち構えておりましたら両方の山のちょうど谷間になったところから日が昇り始めました。

20161015b

20161015c

見る見る朝陽が大きくなってきました。

20161015d

大空は雲一つない晴天。
こんな気持ちの良い朝日は久しぶりです。

こんな日に仕事するのは勿体ない、と思っても、お仕事はお仕事。
観音寺と西讃で半ドンの日にあたります。
ところが私の仕事は高松でのお仕事ばかりが入っていましたので高松での半ドンの日となりました。
事務所としては高松はお休みの日ですから高松の事務員さんはお休み。私ひとりでの業務となりました。

お仕事の合間に外出したら、一年に一度あるのかと思うほどの気持ちよい日です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

彼岸過ぎの真夏日。

9月27日・火曜日。
お仕事は丸亀いったり三豊いったり高松いったり、とグルグルした日。
しかも旧の国道11号に高速道路それに浜街道と乗った道路もバリエーションの広い日でした。
そんな車載気温計は31℃。
これこの間お彼岸だったのに。
おまけに日差しがジリジリ焼け付いて太陽の角度まで夏のままかと思うような日でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風16号。

敬老の日の三連休が明けた9月20日・火曜日。
台風16号来襲です。
喜んだのは子供たち。学校が臨時休校です。珍しく香川県全域に気象の「警報」が出されたのです。
それでも大人はお仕事。
出勤途上に高速道路の走行車線上に自損事故らしき車が1台ハザードランプ点灯しつつ停車しています。通り抜けざまにチラッと見ると車輪が取れているような重症です。お気の毒に。スリップしたのでしょうか。

お仕事は、台風がもっとも近づく午後の早い時間帯のご来客を変更していただいたくらいでした。
夕方のお仕事目指して高松から移動するときはもう雨も落ち着いて青空が雲間からのぞくほどです。
それでも狭い川は濁流で氾濫の危険がありました。スマホがたびたび鳴ってにぎやかな日でもありました。

20160920

| | Comments (0) | TrackBack (0)

旧国道11号線。

8月29日・月曜日。
高松で仕事で粘っていたものの日付が変わりそうになりまして帰宅の途に就きました。
深夜なので浜街道でも、と走っておりましたら、五色台トンネルは工事のため通行止め。これから約2週間ほど続くそうです、夜間の通行止め。

こんな深夜に五色台スカイラインや海沿いは走りたくない。
引き返しました。
高松に向かい途中路地のようなところに入り込み、旧国道11号に出ました。
なつかしい。
ここ走るの何年ぶり。
けど暗いなあ。
10年以上前なら何かの灯りがよく見えたはず。

そうしていると国分寺あたりでバイパス現国道に入りました。
浜街道めざして坂出の林田まで。給油してあとは一路自宅へ。
帰宅したらもう1時回っていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)