152 posts categorized "レコード店"

レコード店の創業祭。

10月7日・日曜日。
三連休の真ん中。
過日、一枚のハガキが、ぺらっ、と自宅に届いていまして、それにはある中古レコード店が創業祭を告知していました。44周年とか。
台風も無事通り過ぎましたから橋を渡りました。

このお店、どこが本店なのか、いまひとつよく分かりません。それでも3店舗あります。
まずはこちら。

1recordya

クラシックの在庫にヴォリュームを感じていますから新入荷と輸入盤は必ず見ます。一度立ち寄るとクラシックは「ある程度」買ってしまいます。
あとオールジャンルの新入荷も。

次いでこちら。

2greenhouse

近所にあります裁判所での仕事帰りに寄り道することはありましたが、最近、その裁判所の業務がないため疎遠になっていました。久しぶりに入店しました。
ここがこのお店の本拠地か?と思わせるのは、新入荷の質が高いこと。星野源さんのアナログ、オール・ゴケタ価格に圧倒されていましたら、椎名林檎さんの未開封新品状態の限定アナログの価格にノックアウトされました。60年代の定番で帯付き美品もしっかりそれなりの価格設定がされています。
こちらは1階にもありながら、2階にも放り上げられた在庫も充実の、クラシック。今回は、2階から掘り出した量のほうが圧倒的に多数でした。
さすが本州、と言いたくなる在庫でした。

最後はこちら。

3greenhouse

近年よく立ち寄るお馴染みの場所です。クラシックは片隅に追いやられています。ビートルズはアルバム・タイトルごとに区分けするという熱の入れよう。どうも、クラブ系かDJぽい人にはいいお店のようです。

心地よい疲労感と、そしてなんとも言えない罪悪感のような、それらがないまぜになった気持ち。えい、仕事で取り戻しだ、今回のリクリエーション、英気を養うのだ、と自分に言い聞かせて、奮い立たせて。。。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夕暮れのほぐしタイム。

10月4日・木曜日。
台風が、また、近づいているそうです。
秋晴れも昨日まで。今日は不穏な空気が漂い始めています。
朝は観音寺の裁判所で法廷の期日。
高松に移動して御来客応対など。

なんか書かなければいけない書面が多いのですけど。
ボケる暇なし。

定時の鐘が鳴って、事務員さんはまだ片付かない作業を続けてくれていますが、少々煮詰まったので高松のアーケードに出かけました。。
南下してお馴染みのレコード屋さんをのぞいて、買い物済んだら北上していますと、ライオン通りにはアジアに欧米に様々な外国人観光客さんが夕食の場所を求めて三々五々そぞろ歩いています。

そういえば中古レコード屋さんでレジにとりついていた人が、
高松は小京都か、
などとおおせでしたが、確かに街は碁盤目でわかりやすいし、和洋中のお食事どころが、実はかなりいいレベルで控えていますし。

しかし今夜は小京都の恩恵に浴することもなく、小便利(こべんり)なリゾートっぽい地域の自宅を目指して帰宅したのでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

再びショッピングセンター。

業務を終えて帰宅の途に就きました。
寄り道しました。再びこちらに。

20180909a20180909b

今回は(前回、なんで高い、とつぶやいていた)ジャズに重心を置きました。滞在は約30分。

雨にもかかわらず、というか、雨だからこそ、なのか駐車場はほぼ満杯。ようやく屋上駐車場に止める場所を見つけました。みなさん買い物するんだなー、消費するんだなー。
それにショッピングセンターがひとつの街の状態で、いったん車で乗り付けたら一日いられますよね、これでは。私の中高時代なら高松でも丸亀でも国鉄の駅で降りて商店街に行っていたのが、自分の子どもの世代にとってはもうすっかりショッピングセンターで買い物して映画観て遊べる「街」になっているので、世の中の流れはとどまっていません。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ショッピングセンターのレコード即売会。

仕事帰りに立ち寄りました、香川県内のレコード即売会。
今回の会場はこんなところ。

20180908a_2

20180908b_2

某大手小売店のショッピングセンターです。催し物用のオープンスペースが会場なのです。
なんか居心地悪いなぁ~。
普段は、頭が禿げるか白髪になるか(私は後者)のオジサンたちが、熱気ムンムンになるような密室でレコード探しするのがお決まりでして。
それが今回は勝手で違います。通りすがりの通行人のような来店客の目にさらされてマニアックな掘りかたもついできず。それでも目の前のエサ箱で、
探せ、探すんだ、ジョー!
と丹下のおやじの声が聞こえるかのように集中したら気が付いたら2時間近く経過していました。
途中、自分がつぶやいているのに気が付きました。
なんで、ジャズがこんなに高いの?
なんで、ブルーノートが高いの?
なんで、キングがこんなに高いの?

はたからみたら変なオヤジ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏休み最後の日。

9月2日・日曜日。
曜日の並びでこの日までが学校の夏休みです。私は何も業務の予定を入れていません。
アナ友にお誘いをかけてフラリとレコード収集にでかけました。
目指すは岡山。
まずはこちら。午前11時の開店直後にうかがいました。

20180902a

レコード屋行こうと思い立ちましたのは、つい先日、その演奏の素晴らしさに目覚めたマルクジンスキを探索するのが主な目的でした。案の定、JP廉価盤で数枚発見できましてまずは目的達成。

このお店の狙い目はバーゲン品。
こんなのもミケタ価格で入手できました。ワンコインでお釣りがきます。

Pires

レギュラー価格、それは一枚あたり、せんえんだい、あたりで、こういう美品も手に入りました。

Jplp

次いでアナ友に教えてもらいましたこのお店に。

20180902b

初入店のお店では記念に何か、と思っていましたら、これがありました。
マトは、2U,2U,1U,1U 二枚目には、porkum peckum と意味ありげな手書きが。
リングウェアがあるもののネット相場からは2分の1から4分の1になりそうな価格で入手。

Yokoonouk

さらに、車で移動して、市内のこちらに。

20180902c

内田光子さんのHollandプレス一枚で御馳走様でした。これが、せんえんだい、ですもの。
私にはちょっとあり得ない、です。

Uchida

そして最後はノーホエア・ストアに。

さらにアナ友のお宅でレコード・クリーナーの実演をしてもらい、持参したカビカビ・レコードをクリーニングしてもらいました。ピッカピカに変身しまして音は抜群の鮮度を回復したのでありました。

思い立ったが吉日。犬も歩けば棒に当たる。
夏休み最後の日、盤と戯る。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

某古書店。

8月29日・水曜日。
高松の事務所まで早朝出勤。
終日、事務所内で御来客応対と事務作業。
夕方になり次の用事までの間にと外出したついでに久々に某古書店に入店。
あれ?レコードが増えている。
「商売変えするんですか?」と店主に尋ねたら、
「時間があったから商品出せただけ。」ですと。
在庫すべてチェックしたし、今度来るのは1年後。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

木が沈み、石が浮く。

子どもの部活の迎えにはまだ半時間ほどありました。
ここで時間をつぶすか、と入りましたのは某セコハン某支店。
レギュラーにとりかかりましたら、
めぼしいのないな~
と意気が揚がらないでいましたら、
なんでこんな盤(帯無しのすれジャケ日本盤)が、さんぜんえんちかく、もするの~?
と店員さんの価格オンチになお消沈。
結局、レギュラーは無収穫か。迎えにまだ時間がある。ええい、ジャンクもていねいに見てみるか。
と仕方なしに、ジャンク一律ひゃくはちえんの箱を漁りましたら、
あら、これは?

20180821

カラヤンのフィルハーモニア時代のモノ収録の疑似ステ盤で、ファミリー・セットのごとき薄ジャケで、ブラームス1番とベルリオーズ幻想。これでも買うか。
とさらに見ますと、シュリンク付き初回限定ピンク・ヴァイナルの白井貴子。このアーティストは対面して聴いたことはありませんけど、シュリンク、限定、カラービニール、に負けてしまいました。
この某セコハンはレコード売り場とはまた離れた場所にジャンクのそのまたジャンクを置いて(というより床上に放置)していることがありますから、ウロっとしましたら、ありました。なんと今度は、一律ごじゅうえん。
う~ん、かがんで漁ること少々。
ハイフェッツの日本初期盤に当たりました。チャイコフスキーのバックをバルビローリがつとめるのが個人的にミソでした。モノラル。インナーはオリジナルとおぼしきボール紙使用のビニールラッピングジャケです。この盤はクリーニングしてから聴いてみようかと。
〆て消費税込みで、よんひゃくえん、でお釣りがきました。

という次第で、木が沈み、石が浮く、という値付けを体験しました。
値付けオンチ(散々な表現です。すいません。)の店員さんがいる某セコハンって、やっぱりやめられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お盆の買い物。

転んでもただでは起きない。
旅先で必ず立ち寄る。
岡山から戻る途中、そうだお盆のお墓参りに行かないと、と気づいて仏壇仏具のお店に立ち寄り、お墓参りセット、をいただきました。
するとさらに帰宅途中の道沿いに、あれ、こんなお店が。

20180814c

レジの店員さんとの会話でお盆休みの帰省中と知れるお客さんなど老若男女が賑わっていました。20代に間違いないはずの若い女性もチラホラいまして、いよいよレコ女が盛り上がるか?とこれまで幾度となく裏切られてきた妄想がこの猛暑でぶり返すのでありました。

収穫はこんな感じです。ミケタばかりです。

Okayama

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガレージ・サイケとモダン・ジャズ。

高知に来たら必ずよるレコード店はよさこいとお盆の関係なのか夏季休業中。
今回はこちらに立ち寄りました。

Yosakoi2018h

こちらのお店は、GSのシングルでは主なグループごとに分けています。ビートルズでしたらアップルのアーティストのコーナーも。地方店にしてはジャンル分けがなかなかディープです。

収穫はこんな感じでした。

Kochi

最近、ガレージ・サイケの名称で海外で人気の、GS。
個人的に一昨年の夏の高知で盛り上がった、MJQ。
ペトラ・クラークのダウンタウンなんて60年代の、おっと忘れてはいけない、名曲ですよね。mono。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡山・倉敷間、41.5℃。

どうせ岡山に渡ったのです。
どうせ外は暑いからエアコンを効かせた車で移動すればいいのです。
岡山市を離れたら隣の倉敷市を目指しました。

途中、車外気温計を見やると、なんと!?

20180804e

41.5℃ !!!

愛車計測の新記録であります。
日本国内の最高気温はこの夏に出た41.1℃ですから条件は異なれど、それを上回りました。自分は車外気温計の温度が実感に近いと思うものではあります。

車内はエアコンが効いているとはいえ、日差しの熱はハンパでありません。輻射熱というのか熱波というのか、車のガラスを通じて室内に圧をかけるかのように襲い掛かってきます。

ようやく到着したお店はこちら。
久しぶりの感です。

20180804f

収穫はこんな感じ。

Recordya

ようやく得心して四国に戻るのでありました。

戻った先では、夕刻からのお仕事一件。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧