146 posts categorized "レコード店"

木が沈み、石が浮く。

子どもの部活の迎えにはまだ半時間ほどありました。
ここで時間をつぶすか、と入りましたのは某セコハン某支店。
レギュラーにとりかかりましたら、
めぼしいのないな~
と意気が揚がらないでいましたら、
なんでこんな盤(帯無しのすれジャケ日本盤)が、さんぜんえんちかく、もするの~?
と店員さんの価格オンチになお消沈。
結局、レギュラーは無収穫か。迎えにまだ時間がある。ええい、ジャンクもていねいに見てみるか。
と仕方なしに、ジャンク一律ひゃくはちえんの箱を漁りましたら、
あら、これは?

20180821

カラヤンのフィルハーモニア時代のモノ収録の疑似ステ盤で、ファミリー・セットのごとき薄ジャケで、ブラームス1番とベルリオーズ幻想。これでも買うか。
とさらに見ますと、シュリンク付き初回限定ピンク・ヴァイナルの白井貴子。このアーティストは対面して聴いたことはありませんけど、シュリンク、限定、カラービニール、に負けてしまいました。
この某セコハンはレコード売り場とはまた離れた場所にジャンクのそのまたジャンクを置いて(というより床上に放置)していることがありますから、ウロっとしましたら、ありました。なんと今度は、一律ごじゅうえん。
う~ん、かがんで漁ること少々。
ハイフェッツの日本初期盤に当たりました。チャイコフスキーのバックをバルビローリがつとめるのが個人的にミソでした。モノラル。インナーはオリジナルとおぼしきボール紙使用のビニールラッピングジャケです。この盤はクリーニングしてから聴いてみようかと。
〆て消費税込みで、よんひゃくえん、でお釣りがきました。

という次第で、木が沈み、石が浮く、という値付けを体験しました。
値付けオンチ(散々な表現です。すいません。)の店員さんがいる某セコハンって、やっぱりやめられない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お盆の買い物。

転んでもただでは起きない。
旅先で必ず立ち寄る。
岡山から戻る途中、そうだお盆のお墓参りに行かないと、と気づいて仏壇仏具のお店に立ち寄り、お墓参りセット、をいただきました。
するとさらに帰宅途中の道沿いに、あれ、こんなお店が。

20180814c

レジの店員さんとの会話でお盆休みの帰省中と知れるお客さんなど老若男女が賑わっていました。20代に間違いないはずの若い女性もチラホラいまして、いよいよレコ女が盛り上がるか?とこれまで幾度となく裏切られてきた妄想がこの猛暑でぶり返すのでありました。

収穫はこんな感じです。ミケタばかりです。

Okayama

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ガレージ・サイケとモダン・ジャズ。

高知に来たら必ずよるレコード店はよさこいとお盆の関係なのか夏季休業中。
今回はこちらに立ち寄りました。

Yosakoi2018h

こちらのお店は、GSのシングルでは主なグループごとに分けています。ビートルズでしたらアップルのアーティストのコーナーも。地方店にしてはジャンル分けがなかなかディープです。

収穫はこんな感じでした。

Kochi

最近、ガレージ・サイケの名称で海外で人気の、GS。
個人的に一昨年の夏の高知で盛り上がった、MJQ。
ペトラ・クラークのダウンタウンなんて60年代の、おっと忘れてはいけない、名曲ですよね。mono。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡山・倉敷間、41.5℃。

どうせ岡山に渡ったのです。
どうせ外は暑いからエアコンを効かせた車で移動すればいいのです。
岡山市を離れたら隣の倉敷市を目指しました。

途中、車外気温計を見やると、なんと!?

20180804e

41.5℃ !!!

愛車計測の新記録であります。
日本国内の最高気温はこの夏に出た41.1℃ですから条件は異なれど、それを上回りました。自分は車外気温計の温度が実感に近いと思うものではあります。

車内はエアコンが効いているとはいえ、日差しの熱はハンパでありません。輻射熱というのか熱波というのか、車のガラスを通じて室内に圧をかけるかのように襲い掛かってきます。

ようやく到着したお店はこちら。
久しぶりの感です。

20180804f

収穫はこんな感じ。

Recordya

ようやく得心して四国に戻るのでありました。

戻った先では、夕刻からのお仕事一件。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

問屋町のレコード店。

せっかく岡山に来たのです。
ただでは帰りません。
岡山駅前を発ち、市内の問屋町に移動しました。
目指したのはこのお店。

20180804d_2

収穫はこんな感じでした。

Greenhouse

駐車場が日陰になるためお店の人に頼んでそのまま止めさせてもらい、パンのおいしいお店でパンをいくつかとコーヒー豆を買物したら問屋町を離れました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコードは再生しなけりゃ始まらない。

オフになりましたから、弾丸ツアーで行ってきました。このお店。

Popinmusic1

一応ジャンルを問わず探索しましてこの成果。

Popinmusic2

特筆すべきは帰宅して全盤再生したこと。レコード買ったその日に再生完了なんて何十年ぶりの出来事でしょうか?
なかなかお買い得の掘り出し物がありました。
勢い余って自宅内在庫からも掘り出し、エンドレスで再生中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今回の名曲堂。

前夜のハイドシェックのコンサートの余韻に浸っていますから、気分は完全にクラシックです。
今回もこちらのお店に。

20180627g

15パーセント・オフの恩恵に今回も浴しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

分殺@名曲堂。

業務でずいぶんと消耗した気がして、もうこのまま帰ろうか、と思っていましたら、ムクムクと、
大都会大阪に来たのに手ぶらでは帰れん。
と内なる声が<します。
地下鉄で東梅田駅に到着しましておよその方向を見定めて地下街を歩き、出口から地上に出ましたらちょうど良い場所。

20180614a

ここからアナザー・ライオン通りを抜けます。

20180614b

20180614c

到着したのは、あれ、いつか来たこのお店の向かい合う場所。

20180614d

入店して品定め、そして会計を経てお店を出ましたら、入店から15分の出来事でした。

20180614e

成果はこんな感じ。

20180615

このうち、少なくとも間違いなく3アイテムはすでに自宅にあるはずなのてした。

[2018.06.22.追記]
今回のお買い物で忘れていけないことを忘れていました。
精算時に現金払いで15パーセント引きの恩恵に浴することができたことです。15パーセントって大きいです。
帰宅の足も自然と軽くなるのでありました。

が、その後の新幹線の混乱は既述のとおり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

良質なレコードを求めて。

素晴らしいオーディオを堪能させていただいき引き揚げました。
ほぼ連続再生で気が付いたら8時間近くになりました。
時刻はもう午後6時を回り、日が長くなったとはいえ、そろそろ暮れなずんできました。
それでも、
立ち寄るのはこんなところ。

20180513b

ホクホクとして引き揚げました。

20180513c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

理解と寛容。

池袋駅近くの電気店で子どものための買い物を済ませました。
さて旅行の最終盤、ようやく自分の時間ができました。
目指して、到達したのは、このお店です。

20180505c

入り口の構えからして、魔窟を彷彿とさせます。それは西新宿から中野・高円寺・阿佐ヶ谷を経て吉祥寺の中央線沿線の空気感に通じるものであります。

20180505d

空気を味わい、在庫を吟味すること、しばし。
そこへ銀座での用事を終えた家人から電話が。超のつくほどの方向音痴のため、池袋まで戻ったが一緒に子どものマンションまで連れていってくれ、との御用命。そのために命からがら、このお店を目指してきました。
目と耳と口と足があれば着くから、それとスマホのグーグルマップも。
とぞんざいな説明で放置していましたら、あら、この魔窟に到着して無事入店したではありませんか。

いい機会です。
海外買付輸入盤と銘打った段ボール箱の中から、私の好きなジャズ・プレイヤーの1枚のLP盤を取り出して見せました。その値札には、
「388,888」とあります。手書きでなくスタンプしていますから、これは、
さんじゅうはちまんはっせんはっぴゃくはちじゅうはちえん
と読むものと推測するのが正しいと思われます。
家人は、
なんでこんなレコードがこんな値段するの?
と目を丸くしますから、ジャズ門外漢の私は、
さあ~。
というしかありません。ついでに、
これ買って。
とも言いましたが即座に却下されました。

ふと壁にかがけられました英国四人組の商品の数々はどれも、数万円、の価格が付けられておりまして、私は家人に、
ああいう値段を見ておいて。
と告げました。それは、
うちにあるレコードもいたわって、
との思いを込めてのことでありました。

好きこそものの上手なれ、とか、
蓼食う虫も好き好き、とか言いますが、
それぞれの趣味の世界は互いに尊重すべきものであって、間違っても土足で入り込むことのできない領域ではあります。
理解できない、とか、ビョーキじゃないの、と一笑に付するのは簡単ですが、その前に、どうしてこういうものを大事に置いているのだろうか、との思いを、ひとたびでよいですから、考えてもらえたら、この同病者に対する理解が進み、寛容の芽生えも出てこようというものであります。

それで私は飛行機に乗るとの理由のためシングル作戦に徹しましたからこんな収穫でありました。
総計でも、いちまんえん、にも遠く達しませんでしたが。

20180506a

お店の袋の中身をよく見ますと、あら、こんなパンフが。

20180506b

20180506c

あっら~、東京ってなんて楽しそうな催し事があることでしょう。文化の深さとそれを体感できる環境がうらやましく思えます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧