92 posts categorized "心と体"

フルタイムに残業ありの土曜日に新しいメガネ・レンズ。

6月16日・土曜日。
事務所は半ドンでありません。お休みです。
それでも御来客で、結果、フルタイム業務に。

そんな業務がひと段落したとき高松の商店街をフラリンコとしておりましたらスマホにショートメール着信。眼鏡屋さんからです。先日頼んだメガネ・レンズが新しく装着できたとのことです。さっそく受け取りに行きました。レンズはこれまでとは比較にならないほど格段に薄くなりました。

20180616

業務に戻りますと日没前の時間帯に医療関係機関でのコピー作業のため出先のお仕事。業務を終えたらこの日の長い季節で日が沈んでいました。
今日、土曜日だよな~。と思いつつ高速を帰ることに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

メガネの注文。

6月13日・水曜日。
朝から高松に出勤。
前日、白内障治療が終了しまして、術後3ヶ月。眼内レンズでの視力が安定すると言われる時期になりましたから早速メガネの注文に行きました。正確には新しいメガネ・レンズの注文です。度がガラッと変わりましたから。
というわけで終日高松に滞在しました。こんな日は最近珍しいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白内障治療終了。

6月12日・火曜日。
仕事を一応終えて午後の遅い時間に白内障の治療をお願いした病院に赴きました。
手術後三ヶ月経過したのちの最後の定期健診です。
白内障手術後3ヶ月間は観察時期のようでしたが、異常なし、問題なし。
これにて白内障治療は終了となりました。

ああ、良かった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眼の定期検査、そして父母ケ浜。

5月14日・月曜日。
業務再開。
夕方と呼べる時間帯に白内障手術後の定期検査に眼科に行きました。検査結果は良好。両眼とも裸眼視力が0.8くらいはあり裸眼でも自動車運転は大丈夫そうです。確かに明るい日中は裸眼でもまったく運転に支障はありませんが夜間は眼鏡があるほうがより安心です。
予約した検査なのに大変な混みようで変更された目薬を受け取って離れたらもう1時間半は費やしていました。

これから仕事に戻るのも微妙な時間。
空は晴れ上がって太陽がまぶしい。
そうだ、仁尾の父母ヶ浜に行ってみよう。

三豊市仁尾町の父母ヶ浜(ちちぶがはま)は自宅から観音寺の裁判所まで「出勤」するとき常に通る道のそばにあります。インスタ映えで一躍有名になってからは週末はもちろん平日でも天気と潮さえあえば多数の観光客(と思われる方々)が浜に降り立っているのが見えました。
そんなホット・スポットに立ち寄ってみました。

この絵かあ~、インスタグラムに出ていたのは。

20180514a

20180514b

さて浜に出ますと、うおっ!人がいっぱい。自分には夏休みの子供たちの海水浴場にしか過ぎないのに。。。

20180514c

20180514d

20180514e

父母ヶ浜の特徴の鏡のようになる水たまりのそばでは、海側の人がモデル、山側の人はカメラマン、という図が自然と出来上がっているようです。この日も、大学生くらいの若い男性三人が宙返りなどしてカメラマンのすごいシャッター音にさらされていました。

20180514f

日没が迫ってきました。
雲に隠れずに絶好の夕陽日和であります。

20180514g

20180514h

20180514j

20180514k

太陽が沈みました。
とたんに水たまりを見ましたらまず薄明るい空を反射する鏡が現れました。

20180514i

20180514l

日没後はまた「幕」が変わったのような場面になります。
グループでモデル側と撮影側に分かれてモデルさんがさまざまな姿になっています。

20180514m

20180514n(映り込んでいる方々からは推定的承諾をいただいたものと理解しています。)

そして日没前後の幕は終わりました。

20180514o

夕陽を眺めながら、いまの自分の生活はこれでいいのだろうか、本当に生きたい生き方ってなんだろうか、自分はそれをつかんでいるのだろうか、などとさまざまな考えが浮かんで消えていくようで、それで真っ赤な夕陽をみつめているうちにそんなすべてを忘れてしまえるような、そんな、浜、でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お世話になった保護メガネ。

3月15日に左目の白内障手術をして両目とも手術が済んだのが同日となり、それから一か月が経ちました。
術後は紫外線をカットする「保護メガネ」を装着するのですが、最初の1週間は屋内・屋外とも装着しなければいけません。1週間経過した後は屋内はもう解除されるのですが屋外では術後1か月まで装着するように指導されます。
それがようやく術後の1か月が経過しました。
これでこの保護メガネとはおさらばです。

20180416

デザインはさまざまありましたけど仕事に支障ないようなデザインを選んだものの、クラーク・ケントみたいでした。

白内障手術後、眼球内が明るくなったのは勿論なのですけど、そのせいで頭蓋内の脳の中まで明るくなったような印象すらあります。
時あたかも新緑の季節。
日本の、四国の、香川の、新緑の山並みはこんなにも綺麗だったのか、と目に染みるような日々です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

半ドンと、一週間後検査。

3月24日・土曜日。
半ドン出勤の日です。
仕事のあと、ほんとうは、レコードコンサートに行くつもりでしたが、・・・
どうしてもこの時間にしか手術後1週間後検査が入らなくなってしまいコンサートは断念。残念。
病院で検査を受けました。経過は良好、問題なし。
でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

丸亀・丸亀。

3月23日・金曜日。
午前は丸亀の裁判所で調停。
午後は、やはり丸亀の裁判所で調停。
午前・午後とも同じ調停委員の方が御担当いただいておりまして、午後の調停室に入りましたら、これはどうも、一日お世話になります、という感じでした。

術後一週間経過しますと保護メガネは室内では課されません。
自宅内ではメガネなしの生活になり快適です。

丸亀の裁判所はほぼ完成。
外構工事は出入口のゲートが設置されれば完成か。あと駐車場の舗装。
引っ越し作業大変だろうな~。

20180323

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松・観音寺・急遽、松山。

3月22日・木曜日。
久しぶりに青い空と日差しを見ました。
祝日明けは、高松の法廷から始まり、午後は観音寺の裁判所へ。
それで終わりかと思いましたら急遽の松山出張発生。

夜の高速の運転が、楽、になりました。
手術後の週末はほぼオフにして、カレンダーでも春分の日が入るなど都合よろしく、さらには雨天・曇天の天候続きで戸外の紫外線は弱め(と思われ)術後の目には優しい日々でした。まるで私をいたわってくれているような。

洗髪、断行しました。
サッパリしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

白内障手術から1週間。

白内障手術を受けた後は、しばらくの間、いろいろと生活に制約があります。手術跡からの感染を予防する目的と理解しています。
その制約のうちもっとも切実なのが、術後1週間は、洗顔・洗髪禁止、です。瞳に汚れた水が入ったらいけないのでしょう。
(美容室のように後ろ向きに洗髪するのはオーケーのようです。)

入浴は手術当日のみ禁止で、その後は首から下の入浴は大丈夫です。ただ頭は洗えません。そのため出勤前には整髪料もつけません。自然、頭髪はウェービーなままです。そのうえ、黒縁眼鏡使用のUVカットのための保護メガネ装着ですから、自分では、ヒゲのない宮崎駿監督のごとき風貌です。

手術は右目は先週火曜日、左眼は木曜日。
そろそろ両目とも術後1週間となるはずなのですが、その1週間経過がいつになるのか?
初日不算入の原則に従えば、金曜日起算で今秋木曜日つまり22日が1週間となるはず。木曜日で満了とすれば金曜日から洗顔洗髪が許されることになるはず。
しかし、ふと、医師の先生は、初日不算入の原則で「1週間」というのかどうかよくわからず。先週の木曜日も算入してしまえば今週水曜日つまり今日の満了で1週間が経過するはず。
ただ、1週間を満了しなければいけないのか。それとも1週間目から洗髪洗顔が可能なのか。どうも明確にわかりません。
おまけに、術後1週間後検査と称して今週土曜日が予定されていますが、その結果を見なければ洗髪洗顔ができないのか?

そして土日にはなるべくお客さんと会う用事は控えて、カレンダーのめぐりがいいのが、今日水曜日は祝日・休日。
今日あたりが我慢の最後の日になればいいのに、とあれこれ、ごにゃごにゃ、考えているのが上記のとおり。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

眼鏡屋さん、それと、代車で水汲み。

3月17日・土曜日。
休業日ですが、仕事のために高松へ。
用事の合間に眼鏡屋さんにもこれからの眼鏡について相談。
眼内レンズは手元のパソコン作業と書面読みに焦点を合わせています。ですから、車の運転などの日常生活には眼鏡などによる矯正が必要。
計測してもらい矯正レンズを装着すると右眼で2.0まで見えます。片目で2.0見えるなんて、と店主さんに驚かれましたら、ドクターのおかげですが、なんだかちょっとしたサイボーグ気分。
白内障は原因不明とかで、老化現象の一つなのかもしれません。病院では私より年長、とくに70代と思われる方が大半ですし、私については60前のこの年で早い、とも言われたこともありますが、かえってこの歳でレンズ交換できたのは良かったとすら思えます。もし長く生きたら視界が快適に過ごせますから。

明るいうちに引き揚げてきて、自宅用の水汲み。
雲一つなく晴れてきれいな夕陽が見られそうな午後5時台でした。

20180317a

20180317b

20180317c

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧