560 posts categorized "音楽"

晩夏のレコード・コンサート。

8月26日・土曜日。

午前は半ドン業務。

午後からは、某所オーディオ店で、毎月恒例となってきましたレコード・コンサートに参加させてもらいました。
今回はアナログともだちと同行です。
店主さんチョイスの名盤から繰り出される美音の奔流。
ステレオもモノラルも堪能させていただきました。

アナログともだちの近時の名言。
オーディオはその人の人生を映す、とか。
では某所レコード店のオーディオはいかに。
音盤のサウンドがずいぶんとストレートに伝わるのでシンプルに作り込んだ味でしょうか?

時間の経つのも忘れて談義にふけりましたらもう5時間が経過するほどでしたので退散しました。

20170826

| | Comments (0) | TrackBack (0)

アナログともだち。

8月20日・日曜日。

音楽ともだちが自宅に遊びにお越しになりました。
レコード・コンサートの折にお会いした方です。
同世代でくくられるせいか妙に気が合うのですが、そのおともだちは関心が機械に9割、音盤・楽曲に1割という配分の、「アナログ」オーデイオ「マシン」の方にしっかりと軸足のある方です。なので、「レコードともだち」というより「アナログともだち」というのが正確かと。

日曜の午後、外は好天なのに穴倉で男二人がひたすら、音楽。
私は、
これいい音ですよ。
これもなかなか。
これはたるいですね。
などと音盤再生しましたら、おともだちは、スマホ画像を示して、
このカートリッジは専用アームでかけたらバッチリですよ。
このターンテーブルはびっくりするほどいい音で、もう後戻りできない。
と機械講釈してくれますし、うちのシステムについても、
アナログ専用ターンテーブル置いたほうがいいですね。
と指南してくれます。
関心の対象は完全にずれているのですが、
オーディオにはその人の人生が凝縮されていますね~。
と恐ろしいことをおっしゃいます。
そのうち私の人生はどう見えるか教えてもらいます。

さておともだちが持参された盤を再生しましたら、私なら逆立ちしてもこの盤は、買わない、と断言できる音盤を、これでもか、と繰り出される趣味の段違い平行棒!
それでもいったん音で鳴らせば、
ほ~
へ~
と嘆息し合えるのもアナログともだちの妙というものでありましょうか。

インプロビゼーション、というか、はたまた、出会いがしら衝突、というか。

楽しい日曜の午後でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お盆休み消失。

8月14日・月曜日。

今年は曜日の配列で山の日(8月11日・金曜日)からお盆休みの14日(月)から16日(水)まで5連休のはずでした。(なお12日(土)は本来半ドンの出勤日ですが臨時休業にしました。)
ところが、お偉い裁判官から週末までの宿題を課せられまして、

布団が吹っ飛んだ、

いえ、
お盆休みが吹っ飛んだ、
ことになってしまいました。
月曜日は観音寺オフィスにほぼほぼいつものような時刻に出勤して午前中はみっちり書面作成しておりました。
午後は珍しく老母とともに買い出し。
自宅に戻り高知で仕入れたレコードをせっせと再生。

20170813a20170813b

どれも狙いどおりのいい盤ばかりです。
ただ、中華街の出前の兄さんにようなデニー・レインの熱のうせた学生バンドのような駄盤を除けば。

夕食は実家で弟と。
半日はお盆休み気分でしたでしょうか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード・コンサートの暑い昼下がり。

そしてやってまいりました。
レコード・コンサートです。

20170729c

松脂サウンド(松脂が飛び散るのが目に見えるような、と形容される生々しさを強調した慣用句)のモノラルでのクロイツェル。
そしてチャイコフスキーの交響曲でお馴染み(?)の世界観を醸し出す旋律が繰り出されるバレエ音楽。
アナログに浸りきる暑い夏の昼下がりでありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

野郎どもが半日篭りてすることは。

7月23日・日曜日。
レコード畏友のお宅を訪問しました。オーディオ鑑賞会です。もちろんオーディオの機材を眺めるだけであるはずがなく、音盤を再生します。
これまで数回お邪魔してその作り込む情熱に圧倒されていました。そして今回久しぶりに伺うとその度はさらに増していました。

20170723

私のような単なる物数寄オヤジにすれば、これは何?あれは何の役にたつの?と戸惑うばかりであります。
が、大物から小物に至るまで、音に影響ないものはなし、らしいのです。

さて、そのようにして作り込まれた機材が醸し出す音は。。。

なんやこら?の広大な音像、再生空間が眼前に広がるではありませんか。
オーケストラのいるステージか、はたまた収録スタジオか。こんな経験は滅多にできるものではありません。
一言、素晴らしい。

はまってしまった状態で、男二人が半日、密室で過ごす日でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

気分は夏休み。

7月9日・日曜日。
レコ友が拙宅にお越し下さいました。
例年、夏休みの入り口、海の日の三連休が習わしになっていたところ、今年は7月の第二日曜日にお越しくださいました。名盤・レア盤・珍盤を携えて、
それに対し迎え撃つ、いえいえ、お迎えするわがキャヴアーンことオーディオルームを見回したところ、

去年と変わらん・・・

寸分も、、、

殊に床上に積み重ねたところの、いわゆる床上在庫。それはあたかもジオパークのごとき地層をなしているではありませんか。
レコ友ご来訪の日はすでに定まり、なのに前日まで地層は何にも動かず。これこそ動かざること山のごとし。
土曜日の夜も打ち過ごし、日曜の早朝、

がばっ

と起きだし、1時間ごとの進行具合を確かめつつ、作業することしばし。
まずは不要間違いなしのCDは段ボール箱に放り込む。
なんやら詳細不明の紙類はまとめて別室に撤去。
残るはLP。それを右から左に移動するのでもいい、ともかく、
床が見えるようにしよう、
と作業進め、見えてきた床に掃除機をかけて、次いで、アルコール除菌スプレー(キッチン用)を振りかけて乾いた布で吹き上げることしばし。

なんだこれ?

これ、まさに中古レコード店の臭いではあるまいか?
そんな感慨に浸る時間も惜しみつつ作業を進めては、ようやく、ご来客をお迎えできる空間までこぎつけました。
あのままではただのゴミ屋敷と評されても反論はできまい。それをここまでもってきた私はようやった。
と、自分で自分を褒めつつご来客のご到着を待つことしばし。
いらっしゃいました。
その後は半日桃源郷。

と、思いきや、リビングで遠方からの運転を労いつつコーヒーを淹れで楽しんでおりましたら、家人が、

今日は工事で停電があるよ。

と宣告して、

はあ?

工事停電の日にまさにレコードコンサート?なにやっとるんだ?
と後悔先にたたず、そそくさと鑑賞を開始していましたら1時間程度で停電の時刻に、
見事、自宅すべての電気製品が、うんともすんともいわない時間帯に突入。
お茶会かコーヒーでもいったところが、停電でコーヒーメーカーも使えず。
いきなり昭和40年代の生活に
バック・トゥ・ザ・フューチャー、
でありました。

午後2時、
あ、
電気が来た。
そうと分かれば文明の利器。その名は、オーディオ、とばかりに再生作業に就労しまして、脳内α並はとめどない状況に至りました。

ご来客があれば自宅がきれいになる。
言い換えれば、
自宅を綺麗にしたければご来客をお招きすべし。

これは真理です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード・コンサートの夜。

6月24日に岡山県に出かけたもうひとつの目的は、これ。

20170624c

レコード・コンサート、でした。
今回は夜の部でした。

20170624d

外は雨。楽しく更けていく夜でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

倉敷音楽市場。

6月24日・゛土曜日。
半ドン出勤を終えて本州に渡りました。
お目当ては二つ。
まず一つ目はここ。

20170624a

倉敷で開催のレコード即売会。
前回の岡山市内のと同様盛況でした。視聴コーナーもしつらえていたようですが私はもっぱら探索そして収集。
清算の場で、とても大切なものを忘れていたのに気づきました。
これ。

20170624b

即売会案内ハガキにして、10パーセント割引券!
ところがレジには倉敷のあの青い壁のお店のおにいさんがいらしたではないですか。
忘れたんですが~、と言いますと、わかりますからいいですよ、割引します、と即答。
ありがたや~。
またお店のほうにうかがいます。証拠にこのハガキを持参して。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

祝・ソニー国内プレス再開。

突然ですが、
6月29日・木曜日。
ソニーが国内でのレコード・プレスを再開するとの報に接しました。29年ぶり。
レコードがブームになりつつあるとの判断のもとらしいです。
いや~、そろそろ、きていますね。だって、やっぱり、いい音ですもん。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

50周年。

そろそろ取り出して聴いてみようか、と思うものの素直にターンテーブルには乗りません。
キャヴァーンから会議室へのゴミ=レコードの進出が著しく、御覧のように、いつものジャケット撮影スポットまでがゴミに覆われてしまっています。そのためキチンとした撮影がままなりません。

20170605_2

なんとかしなきゃなあ~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧