« July 2017 | Main

連休初日に三市でお仕事。

8月11日・金曜日。山の日。
祝日です。休日です。
しかし、
午前は三豊市。
午後は観音寺市と高松市と、そして観音寺市。
つごう3市でお仕事になりました。
車外気温計は
36℃を示しますが、それが、
今日はまだおとなしい気温だな~
と思わせるのが、おそろしい今日このごろです。
やれやれ、お盆が来ました。
ようやく。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

死のロード後、お盆連休前。

8月10日・木曜日。
高松オフィスに出勤しました。
死のロードを終えて一息つく間もなく事務員さんたちは用事を言いつけてきます。待ち構えていたように。
なんとかかんとか処理してもしきれません。切りがない、という表現は、いいですね、よくわかります。
夕刻には観音寺に移動。観音寺ても、切りがありません。
次の日からはカレンダーでは休日が重なるはずなんですが、すでに11日も業務が、いっぱい。
どうしたらいいのでしょう、私の人生。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

15万キロ。

松山出張の折、ふと見れば
15万キロ
に達していました。愛車の走行距離です。
納車から3年半。丈夫・頑丈で長持ちが一番です。さすが独逸。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ここよここ。

死のロードとはいえ、死にそうになっても来るのはこんなところ。

20170809

そうです。
中古レコード店。
このお店の注目コーナーは
海外買い付けコーナー
です。
面白いのがありました。

その余は、
ロック新入荷
クラシック新入荷
ジャズ新入荷
であがりでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

松山出張。

8月9日・水曜日。長崎原爆の日。
松山に出張しました。

「死のロード」という言葉があります。某在阪球団が、そのホームグラウンドが夏の間高校球児に占拠されるためにやむなく遠征に次ぐ遠征を強いられる遠征(ロード)を指す言葉です。
私は、8月に入り、
名古屋
関空
神戸
姫路
そして小豆島
ときましたが、ここにきて
松山
がありました。
これってなんだか
死のロード
と言えなくはないですか?

そして松山出張も無事終えて高松オフィスに到着することができました。
ありがとうございました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小豆島出張。

8月8日・火曜日。
小豆島に出張しました。
前日までの台風はどこへやら。これぞ台風一過。

20170808a

フェリーはこぎだしました。

20170808b

屋島と女木島。

20170808c

20170808d

船の銘板。

20170808e

暑い小豆島に上陸しました。

土庄にあります裁判所での業務。
つつがなく終了しました。
ともかく事案は解決、終了となりました。

土庄港から発ちました。

20170808f

フエリー・クロス・ザ・セトウチ~、は小豆島に向かうときに乗船したの同じ、と思いきや、実は違う船体であることにびっくりでした。

20170808g

| | Comments (0) | TrackBack (0)

倉敷に寄り道。

姫路を発ちまして山陽道を西に進みました。
トンネルが多い路線です。そのトンネルを通過するたびに雨足が強くなるのがハッキリわかります。
そうしてようやく岡山市に近づいてきましたら、愛車のナビが突如、
道路交通規制を反映してルートを変更します、
とかなんとかつぶやきまして、それまで瀬戸大橋ルートを示していたのが画面が一気に変わりました。変わったあとのルートはと言いますと、
しまなみ海道
を通れ、と指示しています。自宅到着予想時刻は午後6時過ぎ。そのときの時刻は午後2時ころ。
なんでやねん!
瀬戸大橋が通行止めなんて午前の早いうちから告知されているやないか!
とナビに突っ込んでも甲斐なし。

仕方ないなあ。

こちらに寄り道、いやこちらで時間調整することにしました。

20170807a(雨が激しいため車内から撮影しました。)

入店すると、なんとこの間出張したばかりの名古屋のあのお店の在庫が並んでいます。そうそうそんな告知がありましたっけ、と取りつきました倉敷のこのお店にはジャンルではジャズのみ置いてあるようでした。
自分の気の向くところばかり在庫チェックしておりましたら、あら、この間の倉敷駅前での即売会で大変お世話になりました当店の若い店員さんがいらっしゃいました。この間はお世話になりました、と挨拶しましたら次回の催しのチラシをいただきました。次回は福山。瀬戸大橋渡って広島方面に行けばほどなく着きます。これもいいかも、です。
会計済ませて愛車に戻りネットを見ましたら、やった瀬戸大橋の通行止め規制解除の知らせ。
ほくほくと走りだしまして倉敷インターから高速に入り、瀬戸大橋軽油で無事四国に戻ることができた次第でありました。

20170807b

そして夕刻には観音寺でお仕事。通れてよかった瀬戸大橋。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

台風迫る姫路出張。

8月7日・月曜日。
前日の関空ランと神戸の夜から明けた平日の朝。速度の遅い台風5号が本土に上陸する位置に迫りました。
神戸の朝は静かな雨。

20170806g_2

神戸から姫路の裁判所までは約1時間。

業務を無事終えて帰途に就きました。
姫路城を間近に見ることができました。美しい。ぜひ一度訪れなければ。
雨にも関わらず観光客は多数。

20170806h_2

お昼時の情報で四国は香川も猛烈な雨の状態で、瀬戸大橋が電車も高速も通行止めになってしまいました。
さて姫路からどちらに向かうべきか。淡路島まで戻り明石海峡大橋と大鳴門橋経由で四国に戻るべきか、それともこのまま西に進んで瀬戸大橋の通行再開に賭けるか。
西に進むことにしました。
瀬戸大橋の通行再開を期待するのと、台風の進行に伴い明石と鳴門の端がこれから通行止めになる可能性もあったからです。
さてその結末は。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

この小路はいつか来た道。

都会に来たら忘れていけないのは、もちろんレコード店。
亜熱帯のような大気の夕暮れどきの神戸の街。

20170806c_220170806d_2

まるで自動運転ならぬ自動歩行のようにこの小路にやってきました。

20170806e_2

夕食時ですし各店舗閉店時刻も迫りますから、今回はここ一店集中。

20170806f_3

成果はクラシックオンリーになりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸の暑い夜。

関西国際空港から大阪湾岸を抜けて神戸まで。約1時間でした。
まずはホテルにチェックイン。
こちらのホテルを直前・ネットで格安で予約できました。

20170806a_2

そして神戸の街ブラ。
ショーウィンドウで見かけたステラ・マッカートニー。いいですね。

20170806b_2

ところが外は異様な蒸し暑さ。奄美から本土をうかがう台風5号がもたらした南方の空気で歩くだけで汗の噴き出る夏の夜になっていました。
街中のお店で神戸牛をいただいて今夜はおしまい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

子供が飛び立ちました。

中学生の子供が夏休み中の短期語学留学でアメリカに行きました。ロスアンゼルスのホスト・ファミリーのお世話になります。
子供は、英語が話せるようになりたい、アメリカに留学したい、アメリカに住みたい、と公言するほどです。この夏休みに短期留学をしたいと自分から意思を示してきました。親としては一も二もなく協力するのは当然です。我が子ながら、大したもんだ、でかした、と言いたくなります。
そうと決まってからは、時間が迫っていたものですから、パスポートの写真撮影から取り掛かり、パスポート申請、仲介業者さんへの申込み、それに旅支度(バッグ類から電気コンセントのアダプターなど小物類まで)と暑い時期に、子供はもちろん親としても初体験にソワソワ過ごしていました。
そして台風5号が迫る広島原爆の日、同級生の友達とともに、出張がてらの私が関空まで送り届けることになりました。
香川を午前に発ち、淡路島経由で明石海峡大橋から本州に至りました。

20170806a

大阪湾をグルリと回って関西国際空港到着です。
出発から到着までの所要時間は3時間半。

20170806b

20170806c

20170806d

私、実は関空に立ち入るのは人生・初、なのです。
世評ではシンプル・コンパクトで利用しやすい空港との評価があるそうです。失礼ながら、荷捌き場ならぬ人間捌き場に見えなくもなし。
もちろん各国の人々が往来していますが夏休みに出国する日本人が多くて激・混みでした。
手続はすべて順調に進んで無事手荷物検査場から送り出しました。

20170806e

20170806f

20170806g

子供にとって人生初の海外、初のアメリカを楽しんでほしい、と願うばかりです。
自分が子供のころは望んでもなかなか実現できない夢でしたから。

飛行機が飛び立つところまで見られたらいいのですが建物の構造から見ると展望デッキはあるのか、ないのか。
かくて子供を海外に送り出すミッションは完了。
次に向かうは神戸。

20170806h

| | Comments (0) | TrackBack (0)

日の出ポイント。

8月6日・日曜日。広島原爆の日。
久しぶりに日の出ポイントをハッキリ見ることができました。

20170806a

20170806b

20170806c

今日も暑くなりそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

土曜の出勤。

8月5日・土曜日。
本来は事務所は休業日です。
しかし、平日の2日間も出張で使ったものでして、休業の土曜日にもお仕事しなければならなくなっています。
午前から昼過ぎまでは高松で。

その後観音寺に移動。
移動途中は気温計が38.0℃を表示しました。
観音寺オフィスの駐車場に到達したら37.0℃。
室内の温度の高さは異様でした。

午後8時過ぎに業務を終えて8時半に記憶を見たら34.0℃。
台風5号の影響と言われています。
次の朝までは何度まで下がってくれるのか。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新品レコード店の様相。

名古屋出張の業務を終えて、向かいましたのは、こちら。
都会の「塔」に行ってみよう、と思い立ったのです。
このお店は言うまでもなくCD主体なのですが、近時、ネットショップで見ましてもアナログつまりLPの在庫が目に見えて増大しているのを感じました。
そして都会の「塔」に行けば、そんなネット上の在庫を反映したリアル店舗に出会えるかもしれない、と期待が膨らんでしまったのです。

20170804tower

目論みは的中。
ロック系でエサ箱がおよそ5~6筋。
離れた場所に、クラシック、ジャズ、J-POP系でエサ箱がやはり5~6筋。
オール新品。
そういえはもう何十年とレコード店と言えば中古レコード店を指すのが通例の時代を生きてきました。
私が音盤生活に入った1972~73年から、1982年のCD登場によって数年後に絶滅した(新品)レコード店、その雰囲気を彷彿とさせる空間がこの世に再び現実となっていることに不思議な感銘を受けてしまいました。

ただ、仔細に見ますとデジタルリマスターに基づくプレスであったり、さて再生したらどんな音?おそらく変か、弱いか、違和感のある盤では?との疑念が拭い去れません。でもよいのです。初期盤の引き立て役となろうとも、新品レコード店で物色の末新品レコードを手に入れたという体験があれば。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋出張2日目。

8月4日・金曜日。
名古屋で目覚めました。
裁判所での業務はつつがなく終了。ただし名古屋市街を走り回るという業務も生じました。

午後はしばし栄地区の散策。

20170804

歩いていますと熱風に吹かれます。

午後4時前に名古屋を後にしまして脱兎のごとく帰途をたどりましたら午後8時半には自宅に到着。所要時間は4時間半でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋出張。

8月3日・木曜日。
名古屋に向かいました。

20170803a_2

20170803b_2

高速道路上で少々の渋滞に遭いながら6時間弱で到着しました。

20170803c

街の散策に出かけて夕食。と言っても駅の周辺ばかり。

20170803d

20170803e

翌日の業務に備えて早めに就寝。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

猛暑の日の出。

8月3日・木曜日
今日も暑そうな陽が昇りました。

20170803a

20170803b

我が家の日の出時刻は午前5時43分。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

夏の講習会。

一番下の子供が地元の私立中学校が開催する夏の講習会に参加しました。
朝から猛暑の中、最初の二日間は車で送り届けました。

20170802

丸亀城もすっかり上った陽に照らされていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

基幹産業は水産業。

8月2日・水曜日。
気分は夏休みになり勝ちながら業務は立て込んでいます。
午前は高松に籠り、午後は観音寺へ移動。
オフィス外の仕事で外出しました。行先は観音寺港。
普段の生活で立ち入ることが滅多にない区域です。
人と船の出入りのある港というものは、本来それらしい風情がありますが観音寺港も例外ではありません。漁船、伊吹島への連絡船、魚市場、業者さんのトラックなど港町のアイテムには事欠きません。さらには港町界隈にある水産業者さんの工場・事務所、さらには食堂なども風情を強めています。
やはり観音寺は水産業から栄えたんだな、と感じた外回りでした。
さらに魚市場からは海産物の香りが酷暑の暑さにあぶられたようになっていて真夏の港町を演出していました。
オフィスと裁判所との往復ではうかがい知れない世界です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

月が替わりましたー気分は夏休み。

8月1日・水曜日。
月が替わりました。
新しい月の初めの日の出はいつの間にか。地域の大地から立ち上る、うだったような水蒸気が満ちてでもいるかのような大気の中を、けだるく太陽は上昇します。

裁判所、いや裁判官はいまや夏休みの真っ最中。すべてとは言いませんが。
期日もなく、法律事務所はご来客の御用以外には、時間を区切る業務がなく、これまたひたすらたまった業務を執り行います。
そのため出勤のいでたちは、ここのところの猛暑に対応するのが主となるのは当然でありまして、ポロシャツにジーンズでまったく支障がないのです。前日のようなネクタイを絞めてスーツは完全武装など、こんな天候では有害無益というほかなしです。

亜熱帯の空気の中を泳ぐように1日は終わりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« July 2017 | Main