« March 2017 | Main | May 2017 »

高松と観音寺で業務に明け暮れ。

4月30日・日曜日。
月末です。日曜日です。
それでも午前から午後にかけて高松のオフィスで業務。
その後移動して観音寺でまた業務。
終えたらお勤めの方々の終業時刻にはなっていました。
明日は月曜日か~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観音寺で業務に明け暮れ。

ということで無事お役目おえたら次は世俗の業務に戻りました。
夕刻に観音寺オフィスで立て続けのご相談、打ち合わせ。
確か本日がGWの初日のはずなんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放生祭。

4月29日・土曜日、昭和の日。

洲本のホテルで目覚めました。
朝食バイキングのレストランてらの眺め。

20170429a

滞在した部屋の窓から洲本城が小さく見えます。

20170429b

昔あの麓の裁判所でお仕事したことありました。

チェックアウトして海岸を眺めました。

20170429c

20170429d

20170429e

大阪湾に面したこの淡路島の街の初夏の朝はとても平和です。
泊まったホテルは安くて助かりました。ロケーションは海に近いし町場にも近いし最高なのですけどそろそろ建物の更新か全面リニューアルが必要でしょう。

出発して高速道路に乗れば帰宅するのに時間を要しませんでした。

帰宅したその午後。
地元自治会のお役目で浪打八幡神社の放生祭に参加させていただきました。1400年も続く神社というので平安時代の担ぎ手の装束になりました。
神輿のような箱を大人4人がかりで本殿のある山上からおろせばいいのかと考えていましたら無事おろしたところに巫女さんと思われる女性が乗り込んできましてビックリ。そしてそれを担ぐことになってさらにビックリ。きいてないよ~とはこのことでありまして、それでもなんとか無事にお役目おえました。
なんか担ぐほうも年齢制限してほしいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洲本。

4月28日・金曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード店。

名古屋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋出張。

4月26日・金曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

延暦寺の読経。

4月28日・金曜日。
目覚めたのは比叡山。

滞在先のホテルのオプションに延暦寺の独協がありました。
体験型か~、といつもならスルーしそうなところ、やはり千年以上の歴史に触れる機会は日本人であれど得難し。と判断して即断しました。

午前6時集合はものの数かわ。早起きはまったく苦にならない体質が幸いしてスムースに集合しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

比叡山。

神戸を後にして向かったのは比叡山。
ひえ~!

のっけからオヤジですいません。
4月27日の神戸のお仕事の翌日28日に名古屋の裁判所でのお仕事が入っていたのでした。
それで神戸から名古屋に移動するのですが、名古屋の前泊にあたる宿泊はどこにしようか、とマップを見ながら思案した結果、(思案するほどでもなく)決心したのは比叡山。
一昨年の彦根出張の折に私の人生でも特に印象深い記憶を残した比叡山。その比叡山にあって前回宿泊できなかった宿にしました。
ロテルド比叡。

ひえ~(またか。)!

神戸元町のコインパーキングを後にして走り続けて高速の出口を出て地元の自動車専用道路を抜けて、さて比叡山に上る道につきそうです。

20170427i

道路はどんどん高度を増してとっぷり日の暮れた後の眼下の街の灯りが路傍に見えます。それにしてもこの長く曲がりくねった道はどうよ。思わず、スマホでThe long And Winding Roadを再生してしまう私。(アルバムLet It Beヴァージョンでした。)

20170427j

しばらくその道を走行。
果たして私は目的地に到達できるのか?

20170427k

そして到達したのがこちらでした。

20170427l

星野リゾートのロテルド比叡。
美しい、
カメラを変えて撮影しました。

20170427m

ホテル内に立ち入るとさらに素晴らしいことよ。
しびれます。

20170427n

招かれて夕食。
チェックインが当日の御来客から遅かったのか、コースは遅れて、他のお客さんが引き揚げたあとの無人のレストランを撮影できました。

20170427p

他の宿泊客とほとんど出会わず、下界から隔絶した空間。

20170427q

20170427o

私にとりましてぱしびれるほどの快感の空間。
それにフレンチの素晴らしいこと。

外に歩み出て下界の夜景を堪能しました。
いまから八百数十年前に親鸞聖人はこの夜景をご覧になったのでしょうか?

20170427r

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸の街は更けゆく。

穴門商店街の最後にここ。

20170427h

前回と変わらず地元に密着したような家族経営感横溢の店構えです。昔ながらの古本屋さんが商品そのままレコードに移行させたかのような。ただここもカーペンターズで探そうとしたらアメリカンロックの大海原を探索する必要がありました。それはそれでいいのですが。一つのエサ箱でとまったままの他のお客さんがいたら最後まで見られない箱が出てしまうのでちょっと困ったものでした。
清算済んで街に出ましたら流石に日が伸びても日差しが夕方に近づいていました。
次に目指すは、
比叡山。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

プロの指技。

さらにこのお店。

20170427g

今回の探索はあのカーペンターズのUS盤その他国外盤をターゲットにしておりました。アーティスト単独のコーナーがなければジャンルですが、これはアメリカンロックなのかポップでいいのか、ちょっと迷うアーティストではあります。
在庫は見当たらず三十前後に見える若い男性店員さんに、あの~カーペンターズありませんか?とたずねましたら、あ、あ~りましたけどね~、売れたかなあ~、あればジャンクですが~、と言われて、そうか、ジャンク・コーナーか。。。

そして店員さん、ジャンク・コーナーに移動して在庫チェック。
サラサラサラサラ
と極・スムースにさばいてチェックするその指伎。内心、う~ん、プロだ、と感心。
やっぱり出てますね~。
というので、ともかく私はキンクスなど清算しようと差し出しましたら、商品を見た瞬間、
あ、A1の最初になぜか飛ぶとこがあるんですよ、原因がよくわからないんですが、それでもいいですか?
とたずねてきますので、ひえ~全盤チェックしているの?ひょつとして~。とこれまた関心しそうになったら、おもむろに盤を取り出して指でそのまま盤面(溝のある記録面)をつまんで取り出し、このへんなんですよね~、といいます。盤の取扱いには大いに違和感が。
しかしまてよ。
これはひょっとしてDJ族のお兄さんかもしれない。人間の中には、いまどきレコードを触る人種は絶滅危惧種ですが、その下位の分類では、マニア種族とDJ種族が大きく分けられる気がします。
けどね~DJ族がカーペンターズ知っているのは珍種の可能性も。ただ単にお店のアルバイトもしているから知ったという原因も考えられます。
そんなこんな考えてしまう店頭体験でありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

りずむぼっくす。

4月26日。
神戸の裁判所のお仕事を終えたらいつものように元町界隈に来ました。

20170427c

20170427d

家族や事務員さんの手土産を買う用事を終えて次に向かうは元町穴門商店街。

20170427e

今回もここから。

20170427f

ロックはありそうで、結局成果は大半がクラシックになります。商品のヴァリエーションが四国などより広いようでして。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

神戸出張。

4月26日・木曜日。
仕事で神戸に行きます。
その前にまた仕事で自宅から反対方向の観音寺へ。
そこから高松のオフィスに出ましてようやく神戸に向けて出発。

神戸市内の高速出口を通り過ぎたら観光名所が見えました。

20170427a

お仕事には遅れずに間に合いまして、つつがなく終了。
裁判所を後にしました。

20170427b

そして向かうのは東。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

遠来の再来。

4月26日・水曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

交通事故。

4月25日・火曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

引っ越し人生。

4月24日・月曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岡山。

岡山で寄り道するのは、ここ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

生食パン。

4月23日・日曜日。
岡山に行きました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

授業参観。

4月22日・土曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

乃が美@高松。

4月21日・金曜日。
高松の商店街を歩く機会がありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

引っ越し巡業。

4月20日・木曜日。
終日、観音寺、でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小豆島出張。

4月19日・水曜日。
快晴。
小豆島へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

黄砂。

4月18日・火曜日。
晴れ、ただし黄砂。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

伊吹島、初上陸・・・ならず。

4月17日・月曜日。
朝、深い霧。終日、雨模様。
強風が迫っている予報。
1日の始まりは高松で終日業務の予定でした。
ところが急遽の伊吹島出張が決定。
伊吹島には、半世紀この世にいながらいまだに渡ったことがありませんでした。
初上陸か。。。
と感慨に耽りながら依頼者が用意していただいた海上タクシーに乗り合わせて伊吹島に到着しました。
もうすでに日暮れ時が近く、雨空のためさらに陰鬱に暗くなっています。
そんな空からは雨が降り続きます。
夜半から強風まで加わる予報です。まだ海は波がそれほどでもなくスムースに渡ることができました。
目的地の伊吹島の桟橋に到着。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

休日の小豆島出張-つながる島。

4月16日・日曜日。
お仕事で小豆島まで出張しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

琴弾公園の桜。

4月15日・土曜日。
朝から快晴。気温が上がる予報です。
こちらは朝から業務が観音寺へ。

その合間に琴弾公園に立ち寄る機会がありましたら美しい桜の林がありました。
この林の真ん中に佇むと、なぜか、
桜神
という文字が頭に浮かびました。
おうしん、と読むのか、さくらのかみ、とでも読むのか、わかりません。
神でなくても、命(いのち)を強く感じるのです。
まるで生き物それは桜の神とでも呼ぶべき命の柱が屹立してこちらを眺めているような。
独特の気配でした。

20170415a

20170415b

20170415c

車の気温計は25.5度を示しました。
結局夜まで業務。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新事務員さん歓迎会。

4月14日・金曜日。
今日も快晴。

20170414

新しく参加した事務員さんの歓迎会を高松で開きました。
とても頼りになる心強い戦力です。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜の季節。

4月13日・木曜日。

美しい日の出の日。

20170413a

20170413b

業務は朝、三豊から始まりました。
その後観音寺に移動。
移動の途中にありますため池の傍の桜がきれいでした。

20170413a_2

20170413b_2

20170413c

高松に移動したらいつもの桜のスポットが満開でした。平日にかかわらず桜の木の下でお花見する人々がいます。

20170413d

20170413e

20170413f20170413g

桜が地元で満開になったと聞きながら、気温の低く曇り気味の日が続きました。
ここにきて晴れ上がりますと、やはり桜の花は春の青空の下が一番です。
気温が低かったせいでしょうかずいぶんと長く桜を見ることができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

一日15時間労働。

4月12日・水曜日。
朝から夜まで高松オフィス。
午前9時から仕事を開始して最後の御来客終了したら午後の9時前。
これで終わりと思ったら三豊でさらに業務。終えたら12時が近いのです。
一日15時間労働(休憩含む)?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

設備投資-観音寺オフィス、パーテーション。

今治出張から戻りまして観音寺オフィスに入りました。
ちょうど、設備業者さんがパーテーションを組む作業を終えて引き揚げた後でした。
ほどよい高さで広さの感覚や一体感を損なうことなくプライバシーを守れて御来客もスタッフもともに安心感を得られるようです。良い選択でした。
メーカーさんはイトーキにしました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

地方の中古レコード最後の砦。

今治出張の後も、やはり、立ち寄ってしまいました。このお店。

20170411c

かつて(いつ?)どんな町にでもありましたレコード店。老若男女の音楽需要に応えるため全国津々浦々にありました(そのはず)。だって自分の生まれた町にもあったのですから。
時代がCDに移ってからもレコードの中古を売るお店はしぶとくありました。しかしそれもいつしか地方では消えていき。

久々に訪ねた今治の事情はどんなんだろう、と思い調べるのはいまはスマホ。
(中古)レコード店で検索してヒットしたので、おお?と思うと、松山のお店であったり、今治のお店は実は中古DVDのお店になっていたり。
そうか、今治も、そうか。。。(落胆)
そんなとき裁判所に向かう道の角でみつけたのが上のお店。某セコハンショップの支店です。

漁った結果、横浜銀蠅とBCRが印象に残りますがクラシックも国内盤ばかりながら美品のレアタイトルに突き当たれました。ハイドンを好きな方が放出したのでしょうね、そんな分野もありました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

今治出張。

4月11日・火曜日。
愛媛県今治市に出張しました。もちろん裁判所のお仕事です。
自宅からいったん観音寺オフィスに出勤しまして、同オフィスから今治を目指して走りましたら1時間10分ほどで目的地に到着しました。
外は冷たい雨。
山から霧が立ち上っています。
ただ今の季節に伊予路を走りましたら、日本とは、まこと、桜の多い国、と感じました。
新緑が芽吹きつつある新鮮な緑の山に彩りを添える山桜。雨で暗いためひときわバッと明るく見えるのも風情です。

お仕事終えてから、久しぶりに今治の街をほんのちょっとですが車で移動してみました。
修習生のころ(20年以上昔!)暇にまかせて四国内の街を訪ね歩いたことがあります。その当時の今治は、もっと活気あったよな~。いまは往時のデパートも閉店した跡地が更地をさらしていました。

20170411a

今回のお土産はこんな感じ。

20170411b

| | Comments (0) | TrackBack (0)

桜・満開。

4月10日・月曜日。
そろそろ新年度が本格始動して通常業務に戻るころ。
高松への出勤途上の川沿いの桜は今年もきれいに満開です。

20170410b

街に出ましたら中央通り沿いの裁判所の桜も満開でした。

20170410c

20170410d

| | Comments (0) | TrackBack (0)

水汲みの日曜日。

4月9日・日曜日。
市外に出ない日になりました。
農業もお休み。

20170409

極めて多忙な年度越えでしたから。
ほとんど何もしない日曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

半ドンの日にフル稼働。

4月8日・土曜日。
お仕事半ドンの日です。
高松に出勤しました。
通勤途上の河原の桜が満開に近づいています。朝からの瀬戸内の濃霧がまだ晴れず少し幻想的な春の風景です。

20170408

午後は観音寺へ移動。
業務が終了したら午後9時ころでした。

終日霧に包まれた日でもありました。
帰宅途中海沿いの道はさらに濃霧。夜の霧。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤレヤレのヤレヤレ。

娘の高校入学式を終えました。
そのまま高松での仕事に復帰。
しかし途中のこのお店に寄り道してしまいました。
何年前か以来です。

20170407

アナログ盤が拡充している印象です。
以前このお店の記憶は、80年代から90年代の和洋に、おえっ、と感じた覚えがありますが今回はそれがなし。私もずいぶんと鍛えられたのでしょうか。
それでも、おっ、と思うのに行き当たりました。

お仕事終えて今度は高松の商店街を南下。
いつもの盤屋さんに行きましたら、やや!という一連の在庫に行き当たりました。似たような趣味の人が放出したようです。
行き帰りの商店街は、新入生歓迎コンパと思しき学生さんたちの群れがあちらこちらに。すべて私の、カンペキ、子供の世代ですよ。

うちの家族の年度越えの一連の行事はこれにて終了。
ヤレヤレのヤレヤレ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高校入学式。

4月7日・金曜日。

雨。

二女の高校入学式に参列しました。
晴れがましい気持ちが再び、です。
楽しく有意義な高校生活を送ってほしいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

始業式-パソコン移動。

4月6日・木曜日。

子供たちが始業式です。学校の新年度が始まりました。

前日の新事務員さん初出勤の日に肝心の事務員さん用パソコンが起動せず。急遽他の遊んでいるパソコンで代替しましたが、改めて三豊で遊んでいるデスクトップを高松に移動しました。

20170406

高松で外出したら裁判所の桜が今年も満開に近づいていました。

20170406_2

街は転勤その他の異動したばかりのようなビジネス・パーソンをしきりに見かけました。

そんなこんなで高松と三豊でのお仕事の日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

新事務員さん-高松・観音寺二往復の日。

4月5日・水曜日。

新しい事務員さんが高松オフィスに参加してくれました。
数十年の法律事務所勤務の超のつく経験者です。即戦力以上です。
これで高松は事務員さん2人体制になりました。

私は、高松に出勤して新事務員さんを迎え、その後観音寺へ。再度高松へ。その後再度観音寺へ。
お仕事から開放されたら9時ころでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ヤレヤレのヤレ。

4月4日・火曜日。

前日に続いて好天の日の出。朝焼け気味でした。

20170404

息子を送り出して、一安心の一段落。ヤレヤレのヤレ、です。
爽やかな朝に瀬戸内を眺めながら観音寺に出勤。

20170404_2

春の青空。遠くの讃岐山脈は春霞に霞んでいるようです。

午後は高松に移動。
お役所の裁判所は年度の切り替わりですからほとんど休業に近い状態です。観音寺でも高松でももっぱら事務所内での仕事ばかりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

大学入学式。

4月3日・月曜日。
息子の大学入学式です。

ホテルの部屋から見えた日の出。
素晴らしく晴れ上がった日になりそうです。

20170403a

20170403b

ここは東広島。

息子の新居に行ったらスーツの初フル・ヴァージョン。ネクタイの締め方を伝えました。
スーツ姿の我が子にしびれまくりなのは親バカのせいでしょうか。

20170403d

入学式は厳かでシンプルな、気が引き締まるような素晴らしい式でした。
学長から入学許可をいただいたら息子が無事大学生になった瞬間です。、うちの子どもが大学生か。歳をとるのは当然です。安藤家始まって以来の国立大学生の誕生です。もちろん法学部ではありません。

入学式では予想していなかった驚きがありました。ソプラノ歌手の中丸三千繪さんの生歌唱を聴くことができました。国歌独唱と式終了後のミニ・コンサート三曲。いったい御歳はいくらなのか、ヴォイス・トレーニング怠りなしの圧倒的な声量でした。会場の広さのためにマイクとスピーカーを通すのと仕方ないですが、いい音楽を聴かせていただきました。

20170403c

学部の保護者懇談会は異様に眠かったのです。昨日からの疲れでしょうか。
子供の新居で着替えてお別れ。

四国に渡ったら晴れがましい一日の美しい落日を見ました。

20170403e

20170403f

20170403g

| | Comments (0) | TrackBack (0)

広島へ。

4月2日・日曜日。

日の出ポイントは走るように移動していました。

20170402a

長男の後を追いかけて広島県へ。
愛車で3時間ほどで目的地に着きました。

息子の新居には前日に搬入された寝具と息子自身が持ち込んだ荷物程度。あとは宅配された冷蔵庫と自転車。
当日には電機製品や自宅から発送した宅配便が届きます。その他こまごまとした日用品に少々の食品をスーパーやホームセンターで購入。大学街のその町では同様の親子連れ三人組が行き来しており買い物にも精を出しています。迎える小売店も地元学生のアルバイトを多数動員しているようです。さながら地域の一年で一番のかき入れ時の様相です。

町はコンパクトになんでもそろって便利ですね。
他方息子のアパートは生活するに十分かつ合理的な設備に、自宅よりこっちのほうがいいじゃないの?と痛感します。自分自身が大学生となりました1980年のころの(東京の)学生生活とは天地雲泥の差です。

親が私にしてくれたこと、それを子供に返すのです。

当地は雨が降ったりやんだり。留守番の家族は香川は雨ってないといいます。気候はやはり違うものです。

夜はJR駅方面の居酒屋で家族で食事。

20170402b

我々はホテル宿泊で翌日の入学式に備えました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長男の巣立ち。

平成29年(2017年)4月1日・土曜日。
長男が大学進学のため家を巣立っていきました。
その場面を記憶に収めておこう、と思ったものの目覚めたらすでに自宅を出たあとでした。早朝の高速バスでの移動のためでした。
私は小豆島へ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

13万キロ。

4月1日に小豆島から四国本土にもどりまして帰宅の途についているときに愛車の走行距離が13万キロに達しました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小豆島出張。

4月1日・土曜日。
月が替わりました。年度も替わりました。

土曜日ですがお仕事のため小豆島へ。

業務を無事終えて島をめぐりました。

島の東海岸にあります福田港まで足を伸ばしました。

20170401a

姫路港行きのフェリーは出ていきました。

20170401b

踵を返して土庄方面に向かいました。
その途中に寄り道した記録。

20170401c

小豆島の東海岸からは播磨灘を経て淡路島、そして明石海峡大橋と大鳴門橋が望めるのだそうです。

20170401d

当日は朝から曇り空でようやく晴れ間が広がったもののまだ大気の水蒸気が多いようで遠方の橋までは目視できませんでした。淡路島の大地は見えましたが。

そしてかつてたちばな荘という名の眺めのよい宿のあった場所で車を降りました。

20170401e

20170401f

20170401g

小島が見えてきました。

20170401h

20170401i

どこからともなく表れた小島のオーナーさんから楽しいお話も聞くことができました。

20170401j

どんどん西進して道の駅。オリーブ公園。お買い物など楽しみました。

20170401k

| | Comments (0) | TrackBack (0)

真冬のような年度末。

3月31日・金曜日。
週末・月末・年度末です。
前日の暖かい空気から一変。肌寒く、しかも雨が降り続きます。冷たい雨です。
午前は三豊で顧問先対応。
午後から高松に移動してオフィスで業務。
夕刻は観音寺でした。

帰宅すると明日から旅立つ子供の荷物の準備をしていました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« March 2017 | Main | May 2017 »