« 4000記事到達-絶景かな。 | Main | 初詣-第36番札所青龍寺。 »

旅先で迎えるお正月。

わたくし、この世に生を受けて56年になりました。
その間、お正月をどうして迎えたのかと思い返しましたら、ほぼすべて、自宅にて。
ただ、例外的に、大学時代か、それとも司法浪人時代か、1981年から1988年までの東京時代のお正月のうち、たった一度だけ、自宅に帰省しないまま迎えた、それはもちろんのこと東京にて迎えたお正月を覚えています。

その他は記憶に間違いなければ、すべて自宅でのお正月。

それが今回、老母を誘い高知の旅先でお正月を迎えました。

2016年・平成28年の大晦日。午後2時ちょうどに香川県内の実家を老母とともに出発して午後4時ちょうどに宿に着きました。
国民宿舎土佐。
昭和の雰囲気、しかも昭和40年代かもしれない空気感を醸しています。

20161231a_2

隣接するヴィラ・サントリーニは、一度泊まってみたいホテルではあります。けど国民宿舎と経営主体が同じようでして実際の宿泊感はいかがなんでしょうか。
どちらも眺望は抜群であることは間違いありません。

20161231b20161231c20161231d

一年の最後の陽が沈みました。
あたりに夕闇が迫ります。

20161231e

2016年・平成28年、さようなら。

そして年が変わって夜が明けました。
2017年・平成29年の夜明けです。

20170101a

満室の宿泊客の皆さんは初日の出を待ちかねて沢山の人が出てきました。それに加えて近くの住民の方々でしょうか、車で宿舎周辺に乗り付けてくる人たちも大勢います。

20170101b

初日の出です。
高知県東端の室戸岬の陸が尽きた先の太平洋から上る初日の出を見ることができます。大洋の上に薄くかかる雲の上端から上る朝日になりました。

20170101c

20170101d

初日に照らされて明るくなっていく山も見事でした。

20170101e

20170101f

20170101g

20170101h

国民宿舎の建物内部のロビーからの眺めもなかなかです。

20170101i

ヴィラ・サントリーニはまるでギリシャに来たようです。(行ったことはありませんが。)

20170101j

見事な、そして極めて楽しい一日の始まりになりました。
良い一年となるよう努めましょう。

|

« 4000記事到達-絶景かな。 | Main | 初詣-第36番札所青龍寺。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/64705803

Listed below are links to weblogs that reference 旅先で迎えるお正月。:

« 4000記事到達-絶景かな。 | Main | 初詣-第36番札所青龍寺。 »