« 五色の浜。 | Main | 穴場観光スポット?ジェット噴射体感-高知龍馬空港。 »

奥の院の・凄-青龍寺奥の院。

1月2日・月曜日、振替休日、になりました。

再び美しい日の出を見たくなり外に出ましたら同じ想いの人もいたようです。さすがに元旦ほどではありませんでしたが。
あいにく雲が広がりかけて朝焼けと日の出を見た、で終わりました。
それでも、十分に、美しい。

20170102a

20170102b

朝食後、初詣にお参りしました青龍寺の奥の院を一人で目指します。
宿から徒歩で下って鳥居を発見。

20170102c

歩を進めます。
私以外、人は、なし。

20170102d

すると、舗装は尽きまして、点字ブロックを、もっぱら泥避けのみの目的のように、配置しています。

20170102e

奥の院、がまいりました。

20170102f

20170102g

参道の両脇には、・・・
これはどうも、
水子供養?
と思われる様相でありました。

20170102h

それぞれの供養には、それぞれのご住所(何市、何区まで)とお名前が記されていました。

私、背中には鳥肌が立ち、涙が、知らずに、零れ落ちます。
それを遠慮も、抑えることも、まったくない、山中の、たった、私一人の世界なのであります。
目から涙を流してもいいんです。
だれもみていないんです。
それに私こんな雰囲気はたまらないのです。

20170102i

故事来歴。
それもいいでしょう。
故事。
そして、
いまを、まさに、生きる人々。
それは、この、涙。
思い。
でつながっていると感じさせられた、
奥の院
でありました。

さて戻ろうか。
と脇道を発見。

20170102k

変なところにつながったら、戻ればいいや、と歩を進めましたら、

あら!?

20170102l

宿、すなわち、国民宿舎土佐、の裏庭に到達。
つまりここから出発したならば、青龍寺奥の院は、まさに、至近距離。
おそるべし、昭和の宿、国民宿舎土佐。

高知県。
おそるべし、の一例、と私は認識しています。

|

« 五色の浜。 | Main | 穴場観光スポット?ジェット噴射体感-高知龍馬空港。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/64756336

Listed below are links to weblogs that reference 奥の院の・凄-青龍寺奥の院。:

« 五色の浜。 | Main | 穴場観光スポット?ジェット噴射体感-高知龍馬空港。 »