« 事務所旅行復活-秘境への旅。 | Main | 君は牧野富太郎を知っているか?マニアの知-牧野植物園。 »

高知の夢は夜開く-新たな出会い。

意味不明なタイトルです。
徳島の秘境を後にして国道32号線経由、大豊インターから高知道に入りそのまま高知市内に到着しました。
ホテルはチェックイン時刻前。荷物を預けて観光に行く先は、まず高知城。

20161210p

板垣退助の像。

20161210q

山内一豊の妻の像。

20161210r

天守閣およびその周辺。言うことありません。

20161210s

20161210t

20161210u

20161210v

20161210w

天守閣から見える高知の山並みは美しい。お殿様の眺めでしょう。

20161210x

20161210y

そして、ひろめ市場。
土曜の午後ですが、なんとか空席はありそうな、それでも混んでいる状態です。
もちろんお酒を飲める人はほぼ例外なく飲んでいる様子です。
お店で買ったお寿司、それに明神丸の塩タタキをそろえて、事務所スタッフの歓談の場となりました。

20161210z

すると同じテーブルの先客である男性お一人が(地元の表現では「馴れ馴れしく」)語りかけてきまして、まるで同行人であるかのようにおしゃべりに興じてしまいました。
意気投合というわけで携帯番号も知らせあってお別れしました。

さて時刻は午後3時ころ。チェックインしました。
夕食の席はすでに予約済み。開始時刻は午後7時半。(師走の週末に予約とれたほうがミラクルでした。)
それまでは自由行動の時間となりました。

さて、夕食の時間が参りましたのでロビーから移動。

20161210za

やって来ました。酔鯨亭。

20161210zb

カツオの塩たたき、美味し!!
事務所スタッフから御代わりのリクエストまで出ました。

20161210zc

20161210zd

20161210ze

高知の夜は更けていきます。
事務所スタッフとともに二次会へと河岸を変えました。
昼下がりのひろめ市場で意気投合したお兄さんに架電しますと連絡がとれて合流。
さらに夜が更けていったのでありました。

|

« 事務所旅行復活-秘境への旅。 | Main | 君は牧野富太郎を知っているか?マニアの知-牧野植物園。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/64628208

Listed below are links to weblogs that reference 高知の夢は夜開く-新たな出会い。:

« 事務所旅行復活-秘境への旅。 | Main | 君は牧野富太郎を知っているか?マニアの知-牧野植物園。 »