« 回転寿司考。 | Main | 倉敷出張-花曇り。 »

打ちのめされた気分-窓口はイヤ。

戸籍・住民票など証明書類の取り付けのこと。

20160330(3月30日自宅から望む朝日)

3月入所の事務員さんの法律事務職員身分証明書を申請しようとしたら今年度の受付は終了しました、とにべもない弁護士会からの回答をいただきました。4月にならなければ次の受付はない、とも。
それで3月のうちに(もちろん業務のために)戸籍・住民票等の人定の証明書を取り寄せるのに難儀しました。

郵便でありましたら事務員さんの証明書はもちろん不要です。(ただし、遠隔地の市役所等に申請する場合、手数料支払いはなぜか郵便局の定額小為替と指定されていまして、これがまた前近代的なシロモノ。郵便局の窓口で購入するのにいちいちこちらの住所氏名を記入して購入申請するし、一枚あたり100円の手数料まで付加されてコストが嵩むこと。使用期限まで設定されています。さらには小為替の販売時間は郵便局の開局時間よりも狭く設定されているのがほとんど。なにこれ?の驚きの商品であります。)

高松に事務所がありながら高松市役所まで郵便で取り寄せる、との(無駄な)ウルトラCもありますが、身分を証明できる弁護士自身が出向くしかありません。
それで年度末の押し迫った3月30日に高松市役所に、二件分の証明書類を取り寄せに行きました。
身分証明するのはバッジで足りるはずです。(そのために年度末の法廷のない日にもかかわらずスーツで出勤しました。)

申請書を窓口に提出しました。すると、
「弁護士法人の登記の証明書はありませんか?要約書でもけっこうです。」
と言われてキョーテンドーチ(驚天動地)。
申請人の欄に法人のゴム印を押しているので、どうもその弁護士法人が実在するものだ、と証を示せ、という趣旨です。これまで、こんなこと言われたことありません。
またいちいち法務局まで登記書類を取りに行くのですか?勘弁してください。
それで、「同じ住所に法律事務所開いていますから私のバッジでなんとかなりませんか?」と粘りましたら、登記は許してくれました。

しかし、高松以外の市役所の出来事でしたが、弁護士バッジで身分証明しようとしましたら、職員さんからこんな言葉が。。。
「バッジの裏の登録番号を見せてくれませんか?」(!!!)
これまでこんなこと言われたことない!
これまたキョーテンドーチ。
見せなきゃ証明書くれないのでスーツの胸からねじってはずして裏側を見せました。登録番号まちがいなし。
なんか、ずいぶんと、うたがわれているな~、と思いますし、わざわざスーツからバッジをはずすことの、かる~い、屈辱感のようなもの。ビミョ~な気分でした。

こんな経験をひと月の間に複数。

なんか・・・・
イヤガラセしていない?
とすらギネンが生じるほど。

おそらくは、個人情報の保護の(至極当然の)建前と、全国的には偽装などによる不正取得の実例とが、窓口のハードルを高くする背景にあるのでしょうけど、ひと昔ふた昔前と比較するオジサンとしましては、時代の変化、を強く感じてしまいました。
変化の内容も、弁護士の信用性(あるいは権威)の(著しい)低下、が含まれているようないないような。

ただ、個々人の弁護士の業務をサポートしてくれる(はずの)弁護士会などが、弁護士業務の円滑な遂行のために各公共団体に申し入れしたり、協議したり、のバックアップする努力もしてくれていいのではないでしょうかね。(会費高いし。)

仕事はますますストレス高く、業務遂行のハードルは低くならず。

高松市役所で書類を手にすることができたのは、申請書類提出からちょうど30分後(!?)。30分に満るほど待合いにかかったテレビのどうでもいい番組をながめて過ごすことの苦痛。
これまたストレス。事務員さんが来ていてもこんなに時間がかかると人件費の損失・仕事効率の低下。目に見えない損失は計り知れないはずなのです。

|

« 回転寿司考。 | Main | 倉敷出張-花曇り。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/63421292

Listed below are links to weblogs that reference 打ちのめされた気分-窓口はイヤ。:

« 回転寿司考。 | Main | 倉敷出張-花曇り。 »