« これは病気かも?いいえ、ただのビョーキです。オールディーズ。 | Main | PEPPER UK mono。 »

おひとり様の行楽-祖谷温泉&高知市。

9月22日・火曜日。国民の休日。
子どもたちには用事がまったくない日。部活も授業も模擬試験も。こんな天恵のような日に家族でどこにも出かけないのは勿体ない。7人乗りのレンタカーで祖谷温泉と高知に日帰りでも行こう、と提案しました。
子どもたちの反応は、
「お父さんだけで行ったら?」
でありました。計画は頓挫。

しかし、今朝、ガバッと起きたとき、
そうだ自分ひとりで祖谷温泉と高知に行こう、
と決めたのです。意地です。

身支度をして自宅を発ったのは午前9時半。
三豊平野となだらかな丘陵地帯を抜けて国道32号線に入り、猪鼻峠を越えて吉野川沿いに到着するまで約40分間。
さらに国道32号線を西進し、やがて南進して、祖谷渓谷に分け入る道に進みました。
車がすれ違うのに難儀するこの道。両親は飲料用水のために山の湧き水を汲みにたびたびこの道を軽トラで走ってきました。
今日は、これまでの経験にないほど、この道でたくさんの車とすれ違いました。しかも遠方の県外ナンバーばかり。関西・中国はおろか、関東・九州、はては東北も。しかも遠来の客の車はしっかり立派なものばかりで、すれ違いも大変です。この道、少しは走りやすくしたらいいものを、けどこれだから秘境であるわけですし、しかも容易に拡張を許さない地形ではあります。

祖谷温泉に到着したら自宅からすでに1時間40分は経っていました。
Iya Onsen

20150922a

入湯券とタオル1枚購入してケーブルカー乗り場に来ました。

20150922b

ここからの風景は素晴らしい。
自分の目で見るべき、体験すべきです。写真では到底納まりません。

20150922c20150922d

ちょっとした望遠で、小便小僧、とその観光客をとらえることができました。

20150922e

さて、ケーブルカーが下から登ってきました。

20150922f

降りたお客さんは男性ひとり。
乗り込んだのは私ひとり。

20150922g

操作盤のボタンを自分で押して出発します。

20150922h

非常停止ボタンが、こわい、です。

20150922i

川床に到着しました。

20150922j

いま降りてきたケーブルの上のほうをみやるとはるかかなたにホテルが見えます。

20150922k

降りたのは私ひとり。替わりに乗り込んだのは10人近くいたでしょうか。

早速、入浴。
男湯は5~6人の先客が浸かっています。

この温泉、自分が初めて来たのはいつのことかよく覚えていません。親に連れられてきたのでしょうけど。
はっきり記憶しているのは平成元年(1989年)夏のこと。大学時代の友人が香川まで訪ねてきてくれて案内したのです。案内といっても自分はまだ運転免許なく、助手席で進行方向を指示するだけ。遠来の友人は慣れないうちの車(トヨタ・カリーナ)で祖谷温泉まで運転。それを聞いた母親は、「まあ、あんな道を運転させて。」と呆れて、友人は「自分の運転で平気で助手席に乗っている安藤さんがすごい。」と呆れて。
あのときは、知る人ぞ知る秘湯そのもの。いまこそこぎれいになった川床の露天風呂も平成初めには、屋根もなく、ケーブルの川床の乗り場からは男湯が丸見えでした。ケーブルを待つ中年女性の集団がいたので手などを振って愛想していたら、「写真撮るわよ。」などと大声をかけられておりました。なんだか、おおらかでしたよね。
当時私は28歳。

最近は、平成24年9月1日の夏休み最後の日に両親を伴い家族で日帰り旅行したのが最も近いかも。

川にかかる橋をお猿さんが渡るのが見えました。

20150922l20150922m20150922n

20150922o20150922p

浴場の時計では午前11時35分から湯につかり、ぼんやりと風景を眺めていたら、スイッチが、オフ、になりました。
そうして、仕事からも、家庭からも、か・い・ほ・う・。

30分間を超えるころからは体の芯から温まりました。
ようやくあがったら午後零時35分。ちょうど1時間の入浴でありました。

待合室で冷たいお茶を飲んでいるとケーブルはようやく降りかけました。

20150922q

降りたお客さんはおじさん一人。
乗り込んだのは私一人。

20150922r

ホテルの乗り場で下りたら再び素晴らしい風景。

20150922s

替わりに乗り込んだお客さんたちは定員の17名に達しようかというほどの大人数になっていました。どういう加減でしょうか。
ほぽ満員の状態で降りていきました。

20150922t

気になっていたこと。
「和の宿」と書いてローマ字では「NANOYADO」と書いてあります。誤字かなと思っていたら、露天風呂の表示盤にも同様に書いてありますから職員さんに尋ねました。すると「なのやど」と読むんです、と言います。仁和寺と同じ読み方というわけです。

20150922u

車に乗り込みホテルを後にしました。
今度来る時はいつになることでしょうか。

渓谷の道をたどるとホテルを見通す場所にきました。

20150922v

20150922w

撮影していたら遠来の観光客でしょうか、車の開いた窓から、
「すげ~~」と叫びながら走っていました。

私は渓谷沿いの道を南下して祖谷トンネル経由で国道32号線に戻りさらに南下。
大豊インターから高速に乗りさらに南へ向かい高知を目指しました。高速に乗りさえすればこちらのもの。十数分で高知インターです。
Kochi

高知市外では訪れたのはまずここ。ご覧のとおりレコード屋さん。

20150922x

そして近隣のもう一件。定休日。残念。

20150922y

そして家族に約束した晩御飯のおかずのために、ひろめ市場。
言うまでもなくシルバー・ウィークですから、とんでもなく、混んでいました。

20150922z

20150922zz

おいしい物をたっぷり買って、用事が済んだら脱兎のごとく。
高知市街からさぬき豊中インターまではちょうど1時間です。高速道路の威力です。

おひとり様の行楽は無事終了。

|

« これは病気かも?いいえ、ただのビョーキです。オールディーズ。 | Main | PEPPER UK mono。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/62333442

Listed below are links to weblogs that reference おひとり様の行楽-祖谷温泉&高知市。:

« これは病気かも?いいえ、ただのビョーキです。オールディーズ。 | Main | PEPPER UK mono。 »