« 彦根出張-ひこにゃんが熱い! | Main | 比叡山延暦寺。 »

比叡山への道のり。

彦根出張のお仕事が終わりました。
さて移動は自家用車ですからどのようにでもできます。
夏休みだしどこか、、、と考えた末、


比叡山に行こう。

と思い立ちました。
実は我が生涯で比叡山に立ち入ったことがありませんでした。お話には聞いていたのですが。

急に思い立ったものですからガイドブックはなし。
ええい、ネットのマップとナビでなんとかなるさ。
という、極めていいかげんな観光に出かけました。(MMTですね。)

モバイルPCでネットのマップをしげしげと見つめましたら、
あら、ここが延暦寺の境内と書いてある。まずはここをめざそう。
と走りだしました。

この道で間違いないのだけれども。
こんな様子。

Hieia

車一台がようやく通ることのできる巾です。まるで祖谷渓。
さすが修行の山、道も下界から隔絶したようなのはそのためか。
と妙に納得して走行しました。
しかし対向車があれば大変な騒ぎになりそう。という不安を抱きつつ進みますと、あ、来た。
軽トラが一台すれ違いました。
印象は、超・地元の雰囲気。軽々とかわして私の車を通してくれました。
進んでいると、あの有名な延暦寺に向かっているのに、この車と人の少なさは、いったい、何?
車はさきほどの軽トラだけ。人はいえば、森林浴を兼ねた散策者の気配の人が2人か3人ほど。
いかに修行の山とはいえ、これはいったい??

と半信半疑で進み、ナビでも、「延暦寺境内」と記された場所に近づきました。
急に開けたその場所は、こんなところ。

HieibHieicHieid

人影は、、、なし。
見事なほどに。
ここはSF映画に出てくる人類滅亡直後の世界か。

砂利を敷いただけのアスファルトではない開けた場所に車をとめました。
車外に出てまず眼前に見えたのはここ。

Hieie

樹齢数百年と思われる大木に囲まれた鳥居。
数百年の間、木々が育つに任せて苔むした空間。その間いったいどれだけの人が立ち入ったものか。
そう思わせるのに十分でした。

HieifHieigHieih

苔むす巨木が敷き岩に割り込んだ参道を上り詰めるとひっそりとたたずんでいました。

Hieii

このあたりに来て、ようやく、私も、
ここは延暦寺の「本命」ではないな。
と悟ったのでした。
しかし、この霊気あふれる空間はいったい何?

Hieij

苔むす石垣の上に置かれた一本の枯れ枝でさえ、何か深く意味するものがあり、触るべからざるものでした。

Hieik

Hieil

参道を下り切り鳥居から出た場所から左方向に伸びる道に呼びこまれました。
両脇の石垣は何百年前からこのままなのか。
そして石垣と道のうえには苔の緑が。
まるで緑色の苔に包まれたような感覚。これは宮崎監督の映画に出てくるイメージとよく似ている。

Hieim

道を歩き切って振り返るとそこもまた、緑色。

Hiein

そこには古寺がようやく現れたのでした。

Hieio

文字を見れば
「不動明王」
御本尊もお寺の構えも、あの「延暦寺」の「本命」とは、違うかもしれない。
ここは、なんなんだろう?

しばし、たたずむ。
けど、ここの空間は、たとえよえのないくらい、素晴らしい。

ここまでこの「境内」で出逢った人間は、皆無。

もときた苔むす道を戻りました。

するといずこからともなくエンジンの音が。
軽トラの音だな。
と思う間に目の前に作業着を来た年輩の男性が2人。
すれちがいざまに、
ご苦労様です。
と声をかけてくださいました。

そして、そのまま川にかけた仮設の橋をすたすたと進んで山に消えて行ったのです。
山菜取りか、はたまた現場土木作業でもあるのかしら。

道端には、大津市による道路標識らしきものがあります。

Hieip

どうやら、あの仮設の橋の向うには、坂本市民センターや京阪坂本駅があるそうです。

Hieiq

どこを見回しても、緑、また、緑。
夏の日差しが木々の緑を引き立たせる美しい季節に遭遇したに間違いありません。

Hieir

Hieis

「本命」の「延暦寺」を目指して、いま来た道を車で戻るのでありました。

|

« 彦根出張-ひこにゃんが熱い! | Main | 比叡山延暦寺。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/62013617

Listed below are links to weblogs that reference 比叡山への道のり。:

« 彦根出張-ひこにゃんが熱い! | Main | 比叡山延暦寺。 »