« 代車コルト。 | Main | 尋問。 »

某古書店にて。

5月26日・火曜日。

あら、
開いてるわ。

と入店しましたら、店主はいつもの場所に鎮座しています。

こんにちは~。

とご挨拶もそこそこエサ箱にとりまかかりますと、真っ先に目にとまりましたのはこれ。

ケニー・ドーハム。

Smj6513aSmj6513bSmj6513c

Smj6513dSmj6513e

見る人がご覧になれば、

日本盤じゃねえか。

と思われるかもしれないのですが、
アナログ盤に出会えることが、私の周辺では、著しく、困難、に思えるアナログでした。
しかも、個人的に加点事由は、
帯付。
しかも、綺麗。
帯の最下部をさらに目を凝らしましたら、ビクター、の文字が見えますので、さては、と期待値が一気に上昇して、

買い。

と頭脳は指示したのでありました。

買い物の後は店主さんと、店内ジャンク品の取り扱いについて協議。
一枚100円、300円、500円のランク付けして段ボール箱に入れて床に置いてみたらどうですか?
と提案しました。実現していたら私の発案です。

それで帰宅後、盤を取り出しましたら、
当たり。
「透過盤」
でありました。(追って別記事でご説明の予定)

再生。
いい~ですね~。
マウスピースのふるえかかすれが見えるような。(こんな表現ありですか?)

ただちに同タイトルのCDをi tuneに入れてさらにi phoneに入れたのでありました。夜の運転中の車内BGMに良いかも。

|

« 代車コルト。 | Main | 尋問。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/61664758

Listed below are links to weblogs that reference 某古書店にて。:

« 代車コルト。 | Main | 尋問。 »