« 夜の六本木の散策。 | Main | 神田神保町。 »

銀ブラ。

4月29日・水曜日・昭和の日になりました。
遅く起きた朝、すっかり外は明るくなっています。
今日も天気が良さそう。
シャワーを浴びたらもう9時が近い。フロントにチェックアウトの時刻を確認すると正午とのこと。安心しました。
やおら、朝のバイキング。

20150429a

部屋でゆっくりパソコンを触って、そろそろチェックアウトです。

さて、どこに行こう。
帰りのフライトまでまだ十分時間がある。

思いついた行先は、銀座。

タクシーで移動中、ポールの滞在先であるペニンシュラの前を通りかかりました。

20150429b

すると、いわゆる「出待ち」の「群衆」を目撃。
すごい!
すかさずシャッターを押したつもりが、残念、間に合わず。

20150429c

さてと、降車しまして、向かったのは、

20150429d

エルメス

もちろん、
見るだけ~。

やや?!行列が!!
近づいて何の行列かと尋ねましたら、新しいオブジェの発表とかなんとか。
正面入り口から入店。外の暑さから逃れることができました。
最近雑誌で見かける、エルメスの家具、なるものもありました。気になる価格はほとんど「三ケタ万円」。
ふ~~ん。。。
都心の億ションか、はたまた、トム・クルーズ出演映画の悪者いやいや金持ちの豪邸になら合いそうです。
店員さんの勧めに素直に応じて革張りデスクのイスにかけさせていただきましたら、いやなんとも座り心地のよいこと。これは黒幕の秘書さんのデスクかな~。

つづいてフラフラと入店したのは、

ジョルジョ・アルマーニ

ジョルジョの紳士のフロアにあがりましたら、女性店員さんが応対していただきましたが、この応対のテイストは、やはりクルーズ映画にでもでてくるちょいクールをねらっているのでしょうか?
エレベーター内で小さいお子さん連れのアジア系のご家族と一緒。

交差点にきましたら
ホコ天
でした。

20150429e

まだ時間はあるので、前日は素通りした山野楽器にでも入るか。

20150429f

ジャズのアナログ盤
裏の能書きに読み入ってしまいました。

さてと、スタバやタリーズでないコーヒーの飲めるところ、要は地元の渋い喫茶店が見つかれば、とみゆき通りを北上、なんだかないねえ、と東に向かって角を曲がると、テナントビルの出入り口脇に看板が。

20150429g

カフェ・ド・ルトン

エレベーターで地下2階に下りますと、
入口の佇まいが、いい!

20150429h

しかも、丸みを帯びたジャズの音が聴こえます。
店内に入りますと、頑固そうな店主さんと思しき初老の男性が、
「喫煙ですか、禁煙ですか」とお聞きになすから、
「禁煙です。」と答えるとこちらに、と指示されました。

うすら暗い店内は内装ともども妙に落ち着きます。
ジャズ音楽もよい。
頑固な初老の男性店主、薄暗い店内、落ち着いた古びた内装、ジャズ。。。
まさに絵に描いたように思い通りの空間です。

鎌倉の「ミルク・ホール」を思い出しました。

まずは、もっとも軽いスムースな味の
シャンティ

20150429i(飲食物の画像は店員さんの了解を得て撮影しています。)

コーヒーの風味が香りにも味にも、あります。
久しぶりに、アメリカ・チェーン系でない、お・い・し・い、コーヒーにたどり着けました。

ワッフルのチョコアイス
をいただきました。

20150429j

若い男性店員さんに、
「今流れている音楽は、アナログですかCDですか?」と尋ねますと、
「いまはCDです。」
というので、聞かなきゃよかったが、
ベースのいい音のジャズが自宅でも聴きたくなりました。

今度またいつ来れるかわからないから、もう一杯。
ウースター

20150429k

少々苦味がまして、これもまた美味しい。
水の良さが伝わります。

ホテルからこのカフェまで、一つに連なる東京の空気感。
いまの東京の空気もこれまた文化。

家に帰ったら、そう、ゴルドベルク聴こう。グールドの新しい録音。

お店をあとにしました。

まだ時間がある。
そうだ、ペニンシュラに行ってみよう。

到着しますと、「出待ち」の群衆はいまだ解けず。

20150429l

ここで待つより、ロビーでお茶でも飲みながら座っていたらいいのに。
試してみよう。
とホテル内に入りました。このホテルは滞在したこともありますし、ロビーでお茶もしましたから、様子はわかります。
と、1階の通路に立て札がありまして、
ロビーはドレス・コードを適用させていただきます、順番が来ましたらお呼びします、との趣旨の記載があって、その立て札から、なが~~い行列が、1階から、階段を経て2階方向に伸びています。

嗚呼、やはり。
みんな狙いは、ポール、だよね。
どこに行っても騒ぎを巻き起こす奴!
私はスゴスゴと退散。

なぜか急に活字を読みたくなりました。
ディスプレイに浮かぶ字ではなく、内容は自分や人の作った(つまらん)訴状や準備書面でなく。

そうだ、神田神保町に行こう。
そう決めて銀座を後にしました。

|

« 夜の六本木の散策。 | Main | 神田神保町。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/61511622

Listed below are links to weblogs that reference 銀ブラ。:

« 夜の六本木の散策。 | Main | 神田神保町。 »