« 出勤風景があまりにも幻想的。 | Main | 新オフィス、準備、始動。 »

幻の、横浜出張。

3月19日・木曜日。
横浜の家庭裁判所でお仕事がありました。
16日・月曜日から連日の霧にイヤな予感がしていましたら的中してしまいました。
高松空港に来たら、搭乗予定の便は、「天候調査中」。

20150319

これは機材(つまり飛行機)が羽田から高松まで来る予定にもかかわらず天候のために着陸できるかどうかわからない、という意味だと、初めて知りました。
アナウンスによれば羽田を飛び立ち高松空港の上空まで来た「機材」は旋回しながら着陸できるかどうかを見定めているのだそうです。着陸できない、と判断すれば、近隣の他の空港(たとえば岡山空港)に着陸するか、それとも羽田に戻るか、の判断をするとのこと。
そのようにして待つこと1時間以上。これは着陸できても横浜のお仕事に間に合わない。時間切れになることは明らか。
と思い、裁判所と依頼者とに連絡をして了解をとりつけて飛行機をキャンセルしました。
そのようにして事務所に戻り、電話会議システムを利用して若干でも進行させることになったのです。
一日が終わってみれば、横浜に体を運ばなくても、なんとかなりました。

|

« 出勤風景があまりにも幻想的。 | Main | 新オフィス、準備、始動。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/61368444

Listed below are links to weblogs that reference 幻の、横浜出張。:

« 出勤風景があまりにも幻想的。 | Main | 新オフィス、準備、始動。 »