« 横浜の(家庭)裁判所。 | Main | JALとANAの違い-釧路と横浜を旅して。 »

中古レコード店寸評-横浜駅周辺。

横浜の裁判所でのお仕事を終えました。

巻き戻しますと、横浜中華街を散歩しがてら、期待した場所がありました。
それはここ。

20150202h

もう20年から昔の記憶でたどり着きましたが、インドからのCDやカセットが所狭しと並んでいたお店でありました。店番はオジサンが一人。シタールはじめインドの伝統的音楽に、インドのポップスもあったように記憶しています。またインド映画のビデオもあったはず。カセットも見かけました。
それで今回は、もしや、インド・プレスのLPなんかあったらどうしよう!?それが新品だったらなおさらどうしよう!?
今年最初に入店する中古系レコード屋さんが、横浜のインド系のお店なんて、面白い!!
と一人で妄想が妄想を呼んでいたのでありました。

到着してみますと、「商店」の文字。レコードを売る商店か?と超がつく善意の解釈。
まだ開店していません。
向かいの中華レストランの店員さんが店頭売りしていましたから、ここに音楽売っているお店があったはずですけど、と尋ねました。すると、あ、そのお店はもうやめています、いまは食材を売るお店になっています、と6おっしゃるではありませんか!!!
妄想はいとも簡単に打ち砕かれたのでありました。

実は最も期待した場所なのに。
で、お仕事終えて、裁判所から外に出たところに戻ります。
正門を背中にして右に行こうか左に行こうか、と考えて、左に向かいました。

帰りの飛行機は、裁判所の手続が午後5時までと想定して、午後8時羽田発のANAを予約していましたから、それまでの時間がかなり余裕あります。
お散歩がてら向かった先はここ。

20150202n20150202o

ヴィンテージつまり「お宝」物の英国四人組の盤が充実しているようにネットで拝見していたからです。価格もかなり充実しているようでしたから、私はもっぱら目の保養と割り切っていました。
到着しますと店内に灯りがともしてあります。が、
入口ドアにはロックがかかっています。
今日は閉店か。。。この種の店舗は、お気紛れなこともあり、さらに最近はリアル店舗よりもネット販売に力を入れているトレンドもありますから、私は怒りも落胆もありません。

タクシーを拾い目指すはJR横浜駅西口、です。
その昔、神奈川の住民であったころ、それは司法浪人でもありました。横浜駅近くに、某司法試験予備校のWSさん横浜校がありました。鎌倉駅から通学し、または、東京都内のアルバイト先から帰宅途中に立ち寄り、と横浜校にはお世話になりました。

20150202p

この西口に立つのは、もうそれこそ何年ぶりか。ひょっとすると平成6年からの20年以上の年月です。
記憶の彼方に遠ざかっていたと思っていたのに。
西口にかつて存在したデパート三越はとっくにカメラ店に変わっています。
左をみやるとジョイナスと高島屋。
この通路か高島屋店内を通り抜けたら西方向の横浜校への道に通じるのでした。

20150202q

さて通り抜けますと、
あら~~。

20150202r

思い出すことすらなかったものが、歩道の様子まで生々しく思い出されました。
そうだった、こうだった。
空気も横浜駅周辺に間違いありません。
道行く人は相変わらず混雑。年齢層は若い人が大半で20代から30代がほとんどに見えます。私が神奈川を離れたころには、生まれたかどうか、の人たちです。

しばらく進むと、
あれ~、そうそう。
と姿をあらわしたのは、
横浜ビブレ!
そしてビックカメラ。

20150202s20150202t

このビブレがオープンしたのは私が鎌倉に転居した昭和63年の少しあとかな~。あのころはまさにバブルのころ。ビブレ周辺は輝いて見えていました。建物の外装には変更はなさそうで、時間が止まったようです。けど、周囲の空気感はあのころとは少々違うようです。

20150202u

ビブレにあったのはCD販売のHMV。とっくにみなとみらい地区に移転して、もうここにはありません。一番奥まった小部屋がクラシック専門コーナーでした。薄暗い照明のもとで目を皿のようにして新しいCD(主にフルトヴェングラーなどの復刻、50~60年代録音のCD化)を探して、3日と開けずに参上していたものでありました。
それが、今や、
つわものどもがゆめのあと~。

ビブレの隣、ダイエーに入りました。

20150202v

ここにレコfanが入居しているそうです。
新館4階。
スーパーの店員さんに、「新館はどちらですか?」と尋ねたら、顔も上げず目もあわさず手だけ上げて「あっちの方向です。」と言います。
ああ、そうか、ここは関東だった。
で進みますとどうも建物の立つ角度が異なる部分に差し掛かりましたので、これが新館か、と思いエレベーターに乗り込みましたら4階の店舗に到着しました。
つい、長居してしまいました。
首都圏の中古盤在庫を大きなふるいにかけて、中庸の在庫、になったというのかどうなのか。
こちらの地元の高松か倉敷の盤屋さんの在庫の層に似ているといえば似ているのですが、なにせ量が多く層の厚みもありそうなので、ときおり、気になる盤も出ますけど、UKオリジナルかUSオリジナルの、おっ、というものには出くわす確率が低そう。
飛行機に乗る身のため、何も買わず。

時間も迫ってきました。
近くのこちらにも。

20150202w

クラシックを除いたジャンルのCDとLPの在庫です。店内は広くもないのでコンパクトにまとめています。
物色後、買い物せずに出ました。

外に出ますともうすっかり暗くなっています。
この区域にはこれまで立ち入ったことがありませんでしたが、サラリーマンの方々の飲食の場か学生さんのコンパの場に見えましたがいかに。
必殺タクシーで空港まで直行しました。

20150202x

というわけで年が改まったのにまだ中古LPの購入に至らず、無購入記録更新中であります。

|

« 横浜の(家庭)裁判所。 | Main | JALとANAの違い-釧路と横浜を旅して。 »

Comments

久し振りにお邪魔してみたら、何とまぁ大変な目に遭われてた様で…。それでも順調に回復とのこと、何よりです。
横浜ダイエーに立ち寄られたとのことですが、200mも離れてないところに良店があります。個人経営の小さな店舗ですが、店主がUKの個人宅まで出っ張ってワンオーナー物を買い付けてくる中々気合いの入ったお店です。10年程前になりますが、パリッパリの「軍曹」やテッカテカ、ツルツルの「白」を見せて貰ってびっくりしました。次回機会があれば是非。「横浜 vinyl」でググってみて下さい。
ではでは。お大事に。

Posted by: 弟 | February 13, 2015 at 02:03 PM

ご無沙汰です。貴重な情報、誠に、ありがとう!
このお店、出張前に確かにチェックしました。
けど、なんで訪問予定に入れなかったのだろう?と不思議です。あの時は松葉づえを使っていたからかな~。
ボルトが抜けた今だから、次はぜひ!
ちなみに、今朝は、赤ば~ん、のセクシー・サディでスタートしました!JPもなかなか。

Posted by: 安藤誠基→弟へ。 | February 13, 2015 at 02:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/61088085

Listed below are links to weblogs that reference 中古レコード店寸評-横浜駅周辺。:

« 横浜の(家庭)裁判所。 | Main | JALとANAの違い-釧路と横浜を旅して。 »