« 倉敷出張-晴れの国の晴れ方。 | Main | コート。 »

緑の家@倉敷。

倉敷出張のときのこと。

お仕事すんでさあ帰ろう、とすると空は晴天。日差しはサンサン。
早島ICではなく倉敷ICを目指して裁判所を後にしたところ、わが愛車の進む方向にそのまま行けば、たしか、
「緑の家」
という邦題のお店があるはず、と思い至りました。
ん~~、10分か15分なら大丈夫、かもね。
と寄り道。

今回は2階の片隅にある古典音楽(クラシック)でセラフィム廉価盤のさらに中古の美品を1枚や2枚でもいただいて帰るか、と肝に銘じて入店しました。
しかし、
見なくていいのに、1階のPOP/ROCKの近辺を見渡しますと、エサ箱の区切り板の表示が色合いの違う、一部の区域があります。よくよく目をこらしますと名古屋のお店の出張セールではないですか?

いかん、いかん、ながめるだけ~、と自分自身に言い聞かせ、上から目線で見下ろしてながめていますと、色鮮やかなエビ模様があります。手を出さずとも、これはUK四人組のあのアルバムね、あ、ここにもこのアルバムがある、やや、これはUS兄弟親戚五人組の再発シリーズではあるまいか、などと手を出し始めましたところ、ジャケットを見ると、やや、US盤のCD-4?しかもUSバンドのその名も「扉」(複数形)。価格も四けたにあがったばかりのリーズナブル。はたまたUK四人衆「誰」US盤、PPM(そのまんま)のJP外からはどうみても赤盤・帯なし(良く見ればレコ番は8000番台)が三けた価格?ヒゲもないのに。。。
ふと目を上げると、セール期間の表示が、11月30日まで、と表示されているではありませんか。本日は12月1日なり。。。これは仕舞い忘れか、ちょっとずぼらか、この余禄の一日は明日はない、という限定感がさらに拍車をかけてしまいました。
結局、段ボール製エサ箱の10箱程度を、15分一本勝負の勢いで、ザザザザ・・・。
なんだか、私にとっての、思いっきりストライク・ゾーンの時代と趣味の世界・・・。
50を超えてのこの集中力は我ながら立派。いやいやこの趣味はボケ防止になるかとも。。。

そうしてひと作業終えて、まだ当初の目的の古典音楽に行きついていない自分。なんとも言えない気分であります。
ズブズブと物欲の沼の深い底に足が沈み込んでいく自分を見る思いでありました。

えい、ここは気分を切り替えて、というのは名目で、実はさらに追加、で2階にあがっていずれも三ケタ価格の東芝盤を若干枚選択したのであります。
最初からここに来ればよかったものを。

罪悪感と気晴らし爽快感とのない交ぜの気分でお店をあとにしたのでありました。

|

« 倉敷出張-晴れの国の晴れ方。 | Main | コート。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/60751212

Listed below are links to weblogs that reference 緑の家@倉敷。:

« 倉敷出張-晴れの国の晴れ方。 | Main | コート。 »