« 明日に架ける橋。 | Main | 仕事再開。 »

休め、という天の声?

12月15日は月曜日なれど、自宅で静養させてもらいました。
ギブスで固めた右足首は、あとは日にち薬というものの、体を縦にしますと、血流が下がって右足を内部から圧迫してそれが軽い痛みになる状態。
それはともかく、落ち着いて何より。

けれどもどうしてあんなケガをしてしまったのだろう?(起きてしまったことは仕方ないが。)

ケガした日には心身ともにお疲れ気味ではありました。
スケートに出かける気分がどうも進まなかったのも事実。
自宅で休んでいようか、というより、しなければいけない仕事が気になっていたので休むどころではなかったところ。
それにここにきて、タガがはずれたように、セーフガードのピンでもはずれたかのように、平日週末問わず昼夜仕事していたし。

だからこのケガは休ませるべくして休ませた天の仕業か?
それにしては少々激しくも痛い休ませ方ではあります。

さらにこれは何かを見直せ、という声なのかも、と思いつつ。

|

« 明日に架ける橋。 | Main | 仕事再開。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/60846438

Listed below are links to weblogs that reference 休め、という天の声?:

« 明日に架ける橋。 | Main | 仕事再開。 »