« 倉敷出張。 | Main | ミッド徳島出張。 »

レコード屋@倉敷。

倉敷でのお仕事が終わり、ちょっと時間の余裕ができました。

前回立ち寄ったベイカリーのその後が気になって気になって仕方ありませんでした。
新しいお店になっておいしいフランスパンが買えるかな、と。

寄り道しました。

20141114

前回来たときのまんま。貼り紙も店内もまったく変化がありません。
ベイカリーに併設する中古レコード店があります。
仕方がないなあぁ。ついでに見ておくか。

と自分に言い聞かせつつ店内に入りました。
30分なら大丈夫かな?ではクラシック1本勝負。
前回訪問したときに発見しました段ボール三段重ね、ここにとりつきました。

すると、なんと、おお!なんということでしょう!(ビフォア・アフターの口調で。)
今秋のレコード即売会で、3枚でお揃いのバッハ無伴奏、カザルス、イタリア盤の、買えなかった残り1枚(3番・4番)が飛び出てきたではありませんか!

Jsbach1Jsbach2Jsbach3

中古レコードなんてその品限りの特定物ですから、本来3枚揃いのものが2枚しかなかった、ということになれば、あとの1枚なんて、いつ、どこで、お目にかかれるか運を天に任せるか、ネットに頼るか、でしかありません。
それなのに、今年のうちに、こんな近くで、邂逅できるとは?驚きでありました。
(実は、レコード即売会の先の2枚を入手したのは実はこのレコード店の出品ブースではなかったのか?そうすると、このレコード店がそろって出品すべきところ、自店に置き去りにしていたに過ぎないのではあるまいか?私のレコード経験則上、この推測がマトを得ているように思えて仕方ありません。)

いろいろ考え推測しても、事実として、お揃いとなり円満になったのは、誠に喜ばしきこと。これで一気に火が着きました。(え?どこに?)

1段目(最上段)を調べて、調べたら、箱ごとずらして(あるいは下ろして)2段目にとりかかります。
この1段目を取り除くときの快感よ。海岸に遊びにいった子供が、大きな石をどけた下に、ヤドカリさんがいる、エビがいる、小魚がいる、のを発見するようなものです。事実、どうも2段目以下は前客などさわった空気感が皆無です。(どうしてわかる?直観です。)
すると、まあ、なんということでしょう?
私のお好みの東芝帯付盤が真っ先に目に飛び込んできます。東芝の帯の上部は、縞模様(黒・白・その他の色)でして、さしずめ、赤エビ、青エビ、緑エビなどを彷彿とさせるのです。マイ・ブームのセラフィム、いくつかありました。

そんな最中に若い店員さんが近づいてくるので、注意されるのか、とおそれましたら、
「すいません。整理できていなくて。狭いところで大丈夫ですか?」と謝られて心配されました。
2段目を調べ終わり、3段目にとりかかろうとしましたら、よく見ますと、段ボール箱の上部を開口してフタをゴムバンドでとめているものと、開口しないで置いているものと2種類あることに気づきました。
試しに開口していないものをそっと開かせていただきましたら、あら~、未整理ですね~。ポップ、ロック、日本人アーティストなどジャンル雑多で、値札なし、です。
そうするとゴムバンドで止めた開口箱まではチェックできる、と踏みました。

ようやく探査可能区域の最後まで掘り進むことができました。(つい、中古レコ業界用語「掘る」を使ってしまいました。)
最後の最後、本当に最後のところにあったのが、これ。
C.P.E.バッハ。

Cpebach1Cpebach2

帰宅して再生すると抜けがすこぶる良い音でして、C.P.E.の蠱惑的旋律による弦スリ・シャワーを浴びて恍惚です。
J.S.で始まり、C.P.E.で締めて、おあとがよろしいようで。

|

« 倉敷出張。 | Main | ミッド徳島出張。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/60662476

Listed below are links to weblogs that reference レコード屋@倉敷。:

« 倉敷出張。 | Main | ミッド徳島出張。 »