« ディナーは、たこ焼き-大阪家族旅行。 | Main | いまを盛り?の回転寿司。 »

高校野球の聖地-甲子園初体験・丸亀高校観戦記。

気絶したように眠りについて目が覚めたら8月13日・火曜日の朝が明けました。
なんでこんな暑いのに大阪に来たのか?
それは、我が母校丸亀高校の甲子園での初戦を応援するため、でありました。

5日の組み合わせ抽選の結果、初戦の日程は大会6日目の第一試合午前8時開始。対戦相手は、横浜高校!?
初戦に行くしかないでしょ! 今度いつ甲子園に行けるかわからないからなおさらです。

好天に恵まれたおかげで順延もなく予定どおりの13日が試合の日となりました。
朝食はホテルのブッフェ。
20130813a20130813b
朝食終えてタクシーで甲子園に到着。
なんと、球場にはすでに長蛇の列。最後尾はほぼ甲子園駅まで。
20130813c
すでに試合は開始しており覚悟を決めて列に並ぶや、係員は、
このあたりは売り切れ確実です。外野席に回ってください。
と未練もへったくれもなく断念させてくれました。

羊の群れのような人間の大移動。
20130813d
田舎にいるとこんな光景を子供たちが目にすることはめったにないことでしょう。

甲子園の外壁を回り込み、アルプス席入り口を過ぎて外野席入り口に到達しようかという時、球場内からは一塁側つまり丸高側の応援団の音、吹奏楽の生演奏の重低音とともに響いてきました。
いやー、テンションあがるー。思わず足が速まります。

とうとう来ました。
高校野球の聖地、甲子園球場、入場。
20130813e
とうとう来たか。
20130813f20130813g20130813h
50を過ぎて初体験。
我が母校応援団の陣取る一塁側アルプス席は立錐の余地なき超のつく満員状態。
20130813i
その様子を外野席からながめる私。まるで通りすがりのにわか応援団のよう。

それにしても、暑し。
東の空にのぼった太陽は外野席を照りつける。内野席の大屋根の下の蔭の席が羨ましい。
一塁三塁双方のアルプス席は、これでもかの力の入った応援そして音。
対照的なのは外野席。
ひたすら静か。
ときおり、
「あれは、いいプレーや。」
「うまい。」
などとつぶやく声が聞こえるくらい。それでも、眼前のプレイに集中していることはよくわかる。
静かな白熱、と言うべきか。
ただ、外野席の空気は優しかった。
劣勢の母校の応援団の演奏に合わせて手拍子を打つ、
攻勢に出ると、よしっ、とひいきにしてくれている。
そんな外野席の温かさがうれしかった。

これが、いままで話には聞いていた、
かちわり、

かー。本物・実物は初めて。
20130813j
冷たい!

溶けて、
うまい!

ときおり、渡る風が、なぜか、
すずしい、
と感じる不思議なスタンドだった。

確かにここは日本人にとって特別な場所かもしれない。
そう思いつつ、試合後の入れ替えの人の波に入りながら考えた。
母校の後輩の現役高校生が通り過ぎていくし、にわか同窓会があるようだ。

子供たちは、
暑い、
いつ終わる?
もう、帰ろうー。
と言いつつ最後まで付きあってくれた。

昨日は、お笑いの殿堂。
今日は、高校野球の聖地。
おごそかな大阪旅行。近場でお茶を濁したような。。。
こどもは、
おもしろかったー、
あつかったー、
の記憶が残れば、それでいいです。

|

« ディナーは、たこ焼き-大阪家族旅行。 | Main | いまを盛り?の回転寿司。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/58010537

Listed below are links to weblogs that reference 高校野球の聖地-甲子園初体験・丸亀高校観戦記。:

« ディナーは、たこ焼き-大阪家族旅行。 | Main | いまを盛り?の回転寿司。 »