« 今年のゴールデン・ウィーク。 | Main | 美馬出張。 »

国選、復帰。

5月7日
2年ぶりに国選弁護人の選任を受けました。
国選を受けるのはやめた、と宣言していました。
そのときには語らなかった色々な訳はありましたが、かつて辞めた理由については、やはり長くなるといけないので、書きません。
最近は、若い先生方が増えたので、無理なく処理されているのでしょうね。義務制やノルマ制などの構想など聴こえてきません。
今回、復帰したのは、公的な業務に協力する活動は継続すべきかな、と殊勝な思いを抱いたこともあります。給費制で育てていただいたことでもありますし。資格・能力を持つ者は社会に還元すべきとも言えるかもしれません。

|

« 今年のゴールデン・ウィーク。 | Main | 美馬出張。 »

Comments

東京だと,事件の取り合いになっているようですが,そちらは,手を上げると配点されるという感じですか。

もっとも,地方都市だと移動距離が半端じゃなかったり,会の運営が大変だったり,日常生活でも,都会なら行政サービスがやってくれることを自分たちの手でやらなければならなかったりで,それはそれで大変でしょうね…。

うちのかみさんの実家のあたりも,高齢化が進んで,自治会運営も難しくなってきたようです。たまーに,「こっちはのどかでいいなぁ」と思うこともありますが,そういう大変な面もありますからね。安易に「引退したら田舎暮らし」とは行きそうにありません。

Posted by: h | May 08, 2012 at 11:11 PM

コメントありがとうございます。こちらの運用状況は、法テラスが裁判所からの国選候補者の指名の打診があるたびに、国選登録名簿に基づき、順に、個々の弁護士に打診して、受任してよい、との回答があれば法テラスから裁判所に上申して、国選選任決定となります。
かつては一部の会員に負担が偏っているなどと言われましたが、現状は不明です。
香川県は日本一狭く、県内に大きな地理上の移動障壁がないものですから(島はありますが)、移動の大変さはさほど感じません。
ただ全国どの地方も、とまとめていいのか、人口は減少し、経済的に先細りの気配は濃厚です。ここで法律専門家だけを増やしてどうするというのでしょうか?

Posted by: 安藤誠基→h様。 | May 09, 2012 at 12:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/54665640

Listed below are links to weblogs that reference 国選、復帰。:

« 今年のゴールデン・ウィーク。 | Main | 美馬出張。 »