« 台風10号。 | Main | 帰宅。 »

表敬訪問。

昨日17日のメイン・イベントは、沖縄市の弁護士藤田先生のふじ法律事務所への表敬訪問でした。

20060817dで、ちょっとその前に家族を連れて、美ら海水族館に2年ぶりに行きました。
以前見られなかった新しい(?)趣向を見ることができました。
魚にエサをやる様子をアナウンスを交えて解説するところで熱帯魚のような色とりどり魚がわれ先にエサを競って摂るのがキレイでした。
20060817eジンベエザメのジンタのいる最大の水槽では、水槽の中にもぐったスタッフがカメラで魚の様子をスクリーンに映していました。
この春に行った新江ノ島水族館の趣向を取り入れたのか、どちらが先なのかはよくわかりませんが。
次女は今度こそはジンタの記憶をとどめてくれるでしょうか。しかし、あまりに暑い(気温は高松のほうが高いのですが、沖縄は空気がもぅわーーん、として湿度が高そう。亜熱帯です。)ので、疲れが先に来て魚どころでもなさそうでした。

美ら海水族館に向かう名護市内の一般道を走っているときのこと。
道路わきに、
「検問中」
「速度取締中」
とかいう看板が2枚並べて立っていました。
それを見た私は、
「おお!」
と感激!!
というのも、沖縄の警察さんは、抜き打ちの速度取締いわゆる「ネズミ捕り」を告知する習慣がある、と聞いていたので、その実物に遭遇できたのです。
その看板からちょっと走ると、いましたいました、速度検知中の警察の人、それに続いて違反者引き込み要員の警察さん。
ネズミ捕りを事前告知するって、いやー、沖縄は警察も人がいい。
しかも、それでもつかまっている車もいる。。
おもしろい。
引き返して看板から写真を撮ろうか思いましたが、あきらめました。
「沖縄発役に立たない写真集」というお気に入りのページから引用した写真で代えます。

20060817fその後、屋我地島の屋我地ビーチへ。
きれいな海岸で感激でした。
キャンプ場からそのままなだらかに砂浜に移れるところはゆったりひろびろした感じで、とてもよかった。
20060817g砂浜のすぐそばまで車で乗り付けることができますから、キャンピングカーがあれば最高でしょうね。
ところが、肝心の水着をホテルに忘れるという大チョンボ。子供は砂浜で遊んでそれでも満足でした。
海の家のご主人らしき男性によれば当日は海岸で子どもがハブクラゲに刺された騒ぎがあったとのこと、泳げなくて逆に正解だったかもしれません。
さらに海の家の奥さんらしきオバサンの善意で釣り道具を貸してくれたので、沖縄初の釣りにも挑戦。
約30分間にあたりが数回ありましたがエサ(冷凍車エビ)だけ取られて、沖縄でも坊主。
屋我地島を半分くらいめぐってホテルまで戻りました。

20060817hそして、夜の表敬訪問は、、、
いやー楽しい夜でした。
藤田先生、宮里学先生、稲山先生、ありがとうございました。
写真は那覇地方裁判所沖縄支部から道を挟んで真向かいにある「ふじ法律事務所」です。

なお、夜の飲み会を始める前に藤田先生からのご指摘で、屋我地島にはハンセン病療養施設の愛楽園がある、と知りました。いやー迂闊でした。屋我地ビーチからほんのちょっと先なのに、見るだけ見に行けばよかった。子どもの教育にもなったのに。先達はあらまほしきかな。
藤田先生は沖縄でのハンセン病に関する偏見を解消する活動を熱心にされています。

飲み会に話が戻ると、宮里先生と藤田先生からは、19日と20日が全島エイサーで、18日は前夜祭がある、エイサー見ないと沖縄に来た意味がない、一日でも延ばしたら、と強く勧められました。そのつもりになって19日と20日の岡山便を調べたのですが、帰宅便を延ばすにもいずれの便も満席のため断念せざるを得ませんでした。

こんどはエイサーだ。

|

« 台風10号。 | Main | 帰宅。 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48557/11490946

Listed below are links to weblogs that reference 表敬訪問。:

« 台風10号。 | Main | 帰宅。 »