瀬戸内海から太平洋までレコード店をハシゴする男の一人旅。

岡山の、ふぇすてぃばる、を去り瀬戸大橋を再び渡って観音寺市に着きました。ご当地のお仕事はつつがなく終えて時刻を見たらまだ午後2時。
ん~、なんだかなあ~。
脳内地図をながめましたら岡山から南方向に進行して観音寺。
そうだ、そのままの勢い(?)で高知に行こう。(なんでこういう発想になるかなあ~。)
と思い立ったら吉日ランでちょうど1時間でここに到着しました。

20170503d

高知市街にありますお馴染みのお店です。
ここまで来たら高知の美味しいものを食べなきゃだめでしょう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

本州のレコード即売会に参戦@岡山。

5月3日・水曜日、憲法記念日。

憲法施行70周年だそうです。いつの間にやら改憲議論が湧いて出ていますが、逆にこれまで70年間も一文字も変化がなかった事実は世界的な憲法史上でも稀なのでは?で、あと30年頑張ってみたらどうでしょう。100周年を迎えたらこれまた喜ばしいことです。特に戦争放棄の国が100年間持ちこたえたという世界史上の史実が残りますから。

などと考えつつ、
ゴールデン・ウィークだ!
と単純に喜び勇み瀬戸大橋を渡りました。
目指すは岡山で当日から開催の中古盤即売会。
高松では何度も行ったのに対岸の本州岡山では参戦は初です。

会場となるデパートの開店時刻の午前10時に間に合うつもりで自宅を出たものの、やや?行先に不穏な表示が。なんと、瀬戸中央道と山陽道をつなぐ倉敷ジャンクションを目指した上り線が、

渋滞。

20170503a

出口と考えていた早島インターの手前2キロ超からノロノロになってしまいました。
GWの威力炸裂で出鼻をくじかれました。しかし渋滞になってしまったものは仕方ない。気長に待ちます。
ようやく早島から降りて国道2号線を東進し岡山市中心街に到着。地下駐車場に愛車を収めて(駅前イオンの影響で)すっかり往年の勢いをなくした表町商店街を歩いてようやく会場に到着しました。10時はもう約20分は過ぎていたでしょうか。

20170503b

エレベーターで7階催事場に上る。
扉が開く。
途端に、サカサカ、ワサワサした手元作業の空気感と熱気が開いた扉からエレベーターの箱にまで侵入してきたようでした。そこにいる人は男性、しかも40から上に限定されたかのような不思議な光景。けど私には極めて居心地のいい。

20170503c

で、きっとあのお方もいらっしゃるはず、と探すと間もなく、ハ・ツ・ケ・ン。
白手袋の貴公子さん。
すでに買い物カゴには戦利品が着々と積み重ねられています。
お声をかけましたら、気づいていただいて、さらに手にお持ちの盤をこちらに差し出して、
これどうぞ。
となんとプレゼントされてしまいました。私の好みを非常によくご存じで。ピンポイントでありました。
しかも商品ラベルを見ましたら出品元が
イ・イ・・・イエロー・ボップ(!)
東京・関東時代には私の日常風景になっていたあのお店が参加していたのか~、さすが本州。
ここで一気に火が点きました。(ここでカルロス火を噴いた?)
貴公子さんと並んだ列でそれぞれ探索しながら、最近の盤談義に及びまして、こんな同じ方向を見た、視線が平行線の状態での雑談というのも、おつ、だな~と感じ入りました。エサ箱の会談ともいうべきか。

地元高松のいつものお店の店主さんが出品店主としてお手伝いにいらしていて、私に買い物カゴまで渡してくださり感謝至極です。

楽しいGW(後半)初日でありますが、私の業務上のお客様のピンポイントの指示でこの日の午後には香川に戻って観音寺に行かなければなりませんでした。帰りも渋滞の危険を感じたので会場を立ち去るタイミングを間違えてはいけない緊張感もあります。

会場はLP・EPのアナログ売り場とCD売り場に分かれています。私はCD売り場は目もくれず。
お客さんは先ほど述べましたように年齢・性別とも極めて限定的ですが、そんな中にも女性が。ただし私と同世代か。そんな中に間違えて迷い込んだような若い男女もみかけましたが、どう振る舞っていいのか戸惑っている様子さえ。CDを見に来たついでにアナログの地域に潜入したら行動のしかたがわからん、というような。

お会計に至りましたが、今回の催しに一番、目をシロクロされたのは売り場の若い販売員ではないでしょうか?LPの時代が過ぎ去ったさらにその後に生まれたような方々。なんでこんなゴミにこんなにたくさんのオッサンが群がるの?こんな世界があるなんて生まれてこれまで見たこともなかった、知らなかった、と思ったはず。間違いなく。
集まった人間の生態に空気感はきっとカルチャーショックのはず。
(そういえば帰りがけに会場の端でドンドン検盤している人(オッサン)を見かけましたが、いいのでしょうか?)

私は、レコード漁りに没頭するあの快感。頭の中が真っ白、真空になったかのような、あの快感。きっと脳内アルファ波が炸裂しているのでしょう。それは東京・関東時代にはよく体感したのに、こちらに戻ってからは一年に一度あるかないか。
まだ初夏と呼ぶには早すぎるかもしれない時期に、全身じんわりと汗が出てくる白熱状態でありました。

技巧面につきましては、私がレコード漁る技法に、相撲の四十八手には遠く及ばず、三手はあるのですが、今回すべて試すことができました。昔とった杵柄とはこのことよ。まだ体はちゃんと覚えとる!
しかし右手首の筋肉にやや衰えを感じたのも事実。忍び寄る老いに気づくときでもありました。

開催期間はまだ続くのに何かと世事で岡山まで足を運べる機会を得られずに過ぎそうです。
収穫をためつすがめつ、それこそ舐めるように眺めて楽しむ(外は)新緑の爽やかな季(とき)であることよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

朝の水汲み。

高松の事務所の水が切れた、というので水汲み係の私は出勤途上の時間帯にいつもの水汲み場に行きました。

20170502a_2

晩春か初夏か。
朝の空と海の色が美しい。

20170502b_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

連日の美しい日の出。

5月2日・火曜日。
前日に続き夜明け前は快晴。
どんな日の出を見られるのか期待が高まります。

20170502a

日の出ポイントはどこか?
前日とどれくらい違うのか?

20170502b

ここかあ~。
山頂の木立の合間を通して太陽が見えてきました。

20170502c

20170502d

今日の好日。

20170502e

| | Comments (0) | TrackBack (0)

セット・アップ。

高松オフィスの応接室で使用するノートPCを更新しました。

DELL。

一時離れていたメーカーです。
離れる契機は(具体的なモデルは言いませんが)業務用廉価版モデルの動きが悪くなることの早いこと、しかも性能劣化の深刻さ。
そしてまた復帰する契機は、もう6年も前に導入したフラッグシップモデルが今でもスカスカ動くこと。砂屋ビル移転時に導入したprecisionが、今更ながら驚きのCORE i7を積んでいたのに気づいたからです。

それで今回も導入したのは、
CORE i7を積んだPRECISIONです。

20170501a_220170501b_220170501c_220170501f

畳とナントカとパソコンは新しいのがいい。
真理です。
動きは、快適、そのもの。

自宅(旧三豊オフィス)のprecisionにはいろいろ試した挙句のmicrosoftのデザインマウスで落ち着きそうです。

20170501

| | Comments (0) | TrackBack (0)

クール・ビズ開始。

5月1日・月曜日。

月が替わりました。
朝から快晴。
自宅から見る日の出は圧巻でした。

20170501a

20170501b

20170501c

20170501d

日の出ポイントは象頭山からとっくに北に移動しています。(画像の右端が象頭山)

20170501e

さて世俗の生活といえば、
連休の谷間。
今年もクール・ビズの季節が来ました。
観音寺からスタートして、旧三豊オフィスに移動。
その後高松へ。
業務を終えたのは午後8時過ぎのこと。
ヤレヤレ、帰宅の途に。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高松と観音寺で業務に明け暮れ。

4月30日・日曜日。
月末です。日曜日です。
それでも午前から午後にかけて高松のオフィスで業務。
その後移動して観音寺でまた業務。
終えたらお勤めの方々の終業時刻にはなっていました。
明日は月曜日か~。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

観音寺で業務に明け暮れ。

ということで無事お役目おえたら次は世俗の業務に戻りました。
夕刻に観音寺オフィスで立て続けのご相談、打ち合わせ。
確か本日がGWの初日のはずなんですが。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

放生祭。

4月29日・土曜日、昭和の日。

洲本のホテルで目覚めました。
朝食バイキングのレストランてらの眺め。

20170429a

滞在した部屋の窓から洲本城が小さく見えます。

20170429b

昔あの麓の裁判所でお仕事したことありました。

チェックアウトして海岸を眺めました。

20170429c

20170429d

20170429e

大阪湾に面したこの淡路島の街の初夏の朝はとても平和です。
泊まったホテルは安くて助かりました。ロケーションは海に近いし町場にも近いし最高なのですけどそろそろ建物の更新か全面リニューアルが必要でしょう。

出発して高速道路に乗れば帰宅するのに時間を要しませんでした。

帰宅したその午後。
地元自治会のお役目で浪打八幡神社の放生祭に参加させていただきました。1400年も続く神社というので平安時代の担ぎ手の装束になりました。
神輿のような箱を大人4人がかりで本殿のある山上からおろせばいいのかと考えていましたら無事おろしたところに巫女さんと思われる女性が乗り込んできましてビックリ。そしてそれを担ぐことになってさらにビックリ。きいてないよ~とはこのことでありまして、それでもなんとか無事にお役目おえました。
なんか担ぐほうも年齢制限してほしいよね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

洲本。

4月28日・金曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

レコード店。

名古屋

| | Comments (0) | TrackBack (0)

名古屋出張。

4月26日・金曜日。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

«延暦寺の読経。