三連休最終日。

2月25日・日曜日。

三連休最終日、ですが出勤。

20240225a_20240226013001

20240225b_20240226013001

20240225c

午前、御来客応対。

昼休みの時間。思い立ちこちらへ。市内の「虎龍」(こりゅう)さん。中華そばが名物とか。初入店です。

20240225a

食い意地が張っているので、大、を注文しました。

20240225b (お店の方の承諾を得て撮影しています。)

美味い。鶏と、ひょっとして豚の、動物系の出汁も取っているのでしょうが、なんといってもベースが、いりこ。麺はほどよい縮れ麺。

事務所に戻り、午後の御来客応対。

後片づけして引き揚げまして、三連休最終日の午後のさらに後半に、ようやく休日気分。といってもひたすら昼寝。

引き戸を、トントン、とノックする音で目覚めました。誰もいません。またか、そういえば、以前、疲れて二階で寝ていると、母親が階段を上ってきて様子を見に来たことがあり、そのとき母親は「あんまり静かやから死んだと思ったぞ。」とか。こっちの言うセリフや!また、母親が様子を見に来たのでしょうか?目覚めたら午後6時半。

| | Comments (0)

これから皆さんに届きます。

2月24日・土曜日。

本日も挨拶状作業。朝、地元警察に立ち寄り接見して事務所へ。

エトヴィン・フィッシャーによるバッハの平均律 赤盤 モノラル

20240224a 20240224b 20240224c 20240224d

子どもたちに送ることを思いつきました。事務所を広げる挨拶状は子どもたちが成人してから初めてなのに気づきました。しかも四人はすでに県外に出て、最後の一人も巣立つ直前。

平均律の5枚組レコードの3枚目のサイド6までですべての作業は完了しました。

20240224

午後、郵便局に持ち込んで発送も完了。これから皆さんのお手元に届きます。

ほっとしたのも束の間。急にほうぼうから電話等があり、午後は御来客応対が続きます。

さらに自宅でも御来客の予定が入り、間に合うように移動。

20240224_20240226011901

ところが、観光地と化している父母ヶ浜に差し掛かると途端に車が動かなくなりました。日没の1時間前くらいです。晴れてきたので夕日めあての観光客が三連休ということもあって殺到か。いつもならなんの問題もなく通過できる場所、山から下りる道がぶつかる三叉路の信号で、青信号が5回超えても、自車は微動だにせず。私のすぐ後ろの地元のおじさんの車は方向転換して逆方向に向かいました。しびれが切れたのでしょう。なんとか動き始めたら御来客には間に合いました。

| | Comments (0)

内職の世界。

2月23日・金曜日、天皇誕生日。

目覚めたら、いつも口の中にあるマウスピースが、ありません。食いしばりで歯を傷めるのを防ぐためかかりつけの歯医者さんが作ってくれたものです。枕元に、かけら、が。その他の部分が見つからない。え~!噛み砕いて飲み込んだのか!?と焦りました。布団をまくりあげたら、コロン、と床に硬い物が落ちる音。ありました!見事に割れてしまいましたが、それでも歯をガードするのはまだできそう。次回、歯医者さんに行ったときに見てもらいます。

三連休ですが、出勤。

20240223a

20240223b

20240223c

20240223d 20240223e

途中、みかんの里で買い物。そろそろみかんのシーズンも終わりでしょうか。在庫がめっきり減りました。最近、みかんの美味しさを再認識したので少々の買いだめ。

事務所では挨拶状の発送準備にとりかかります。なんの挨拶か?新人弁護士さん入所の御挨拶です。1月の頭から就職してくれていたのに一ヶ月遅れています。この三連休が追い込みのチャンスです。事務員さんも出勤してくれまして宛名シール作成の追い込み。

私は、事務所の封筒に、前日出来上がったばかりの三つ折り挨拶状を投入する作業。

20240223a_20240226004101

単純作業です。こんなときは音楽、特にバッハに限る。まずは、ヴァルヒャによるフランス組曲全曲 赤盤 モノラルで。

20240223a_20240226004201 20240223b_20240226004201 20240223c_20240226004201 20240223d_20240226004201

何も考えず、ひたすら単純作業。いやいや一枚一枚、心を込めて。

何も考えないようでいて、どうすれば効率的に綺麗に投入できるか、あれこれ変えてみて工夫して、といつもと違うところの頭を使います。何事も繰り返せば習熟。案外早く投入完了しました。年賀状を出す範囲に設定しました。以前は千通を優に超えていましたが、徐々に減らしていまは650くらい。すべての投入を終えてもフランス組曲はまだ最後の1曲が残っていました。

20240223b_20240226004101 20240223e_20240226004201

やれやれ、というわけにも行きません。次は、宛名シール貼り。そして糊付けと封。

作業にとりかかる前に、次はカザルスの無伴奏チェロ組曲 赤盤 当然モノラル

20240223f 20240223g

宛名シール貼りもまた、マシンになったように作業します。失敗しそうになったときの対応、失敗を防ぐ策。これまた単純作業ながら、頭使うところあります。

そうして宛名シール完成分の400ほど貼り終わりました。

レコードは、シェリングの無伴奏ヴァイオリンのモノラル盤赤盤に移行。

20240223h20240223i

糊付けして封するにしても、スティック糊を何往復すれば最低限大丈夫か、折り曲げるときにズレがないように、とこれまたコツと工夫が必要。

400通は完成させて、残りは約250というところで本日の作業は終了。

20240223c_20240226004101

午後6時前に引き揚げました。学生時代のアルバイト感覚を思い出したようです。肉体作業を完遂した達成感に充実感も味わえる内職の世界。普段の締め切りに追われた起案とはまったく違いますね。この種の単純作業は、ひょっとして日本人なら完全自動の機械を作ろうと思えば作ってしまうかも、と思いつつ、それでも人の手が必要な気もする、とつまらないこと考えていました。

| | Comments (0)

観音寺のち高松、木曜日。

2月22日・木曜日。

今月2度目の三連休を明日からに控えています。

20240222a_20240226001101

20240222b_20240226001101

20240222c

午前、事務所で御来客応対。

午後から高松へ。市役所で書類取寄せ等。

ついでに、こちら。社長さんが入口脇でなにやら作業中。

20240222a

その足でもう一店舗。あれ?もう閉まったの?気が付けば定休日。明日から休みの意識で金曜日の感覚でした。

20240222b

そのまま直帰。

| | Comments (0)

雷鳴轟く水曜日。

2月21日・水曜日。

前夜は10時前には寝てしまいました。明けて5時のアラームも自分で止めたかどうかわからないほど寝入っていたよう。変わった夢の余韻に浸っていました。映画の製作会議の場。原作は「世界勝者列伝」。岩波文庫のような厚い書籍に紙カバーがついており表に表題が書いてあります。計6人ほどの製作会議参加者の面々は見覚えのない顔ばかり。長髪モジャモジャの典型的な(?)業界人や、さっぱりした髪型の人などなど。構成は4話程度のオムニバス形式。内容は、人生の勝者になったようでもそれで本当に勝ったと言えるの?勝ったとはどういうこと?というあたり。

なんでこんな夢見たんだろう?

ごみ出して出勤。

20240221a

20240221b

20240221c

週の真ん中水曜日ですから、法廷等の業務は薄く、事務所で御来客応対が続きます。電話に、起案に、と所内に籠っています。そんなお昼時、外では雷鳴が轟き雨音は激しくまさに不穏な雰囲気。

午後、時間が空いたので、高松まで控訴手続きに。郵送より持参して窓口提出が安心。

トンボ帰りで事務所で御来客応対。

| | Comments (0)

お花見のころのような火曜日。

2月20日・火曜日。

早朝ごみ出しに出ます。大気が湿っぽくて温かい。柔らかい優しい空気です。

出勤時に車の窓を開けますと気持ちがいい。まるでお花見のころのような。

20240220a

20240220b

20240220c

春霞なのか隣の愛媛県が見えません。

午前、裁判所での業務。

午後、御来客があって、裁判所で家事の調停。調停成立。

午後の外出時、かなり暑く感じて上着を着ずにワイシャツ姿で手続に臨みました。午後から気温が急降下、肌寒くなりました。

事務所近くのスーパー、帰宅途中のホームセンター、近所のポイント五倍のスーパー、とお買い物のはしごをして帰宅。

| | Comments (0)

嵐の月曜。

2月19日・月曜日。

天気は崩れて雨か曇り。

20240219a

20240219b

20240219c

いつものように出勤。午前は御来客が続き、その狭間でweb会議の期日。事務所の外は轟轟と風が吹きすさんでいます。嵐です。

午後、丸亀の裁判所に立ち寄り、

20240219

そのまま高松へ。とんぼ帰りで事務所へ。途中、いつもの給油所で給油と灯油購入。

| | Comments (0)

The ROLLING STONES-USmonoベスト二題。

床上在庫を整理していたら出てきたモノラル盤。

ザ・ローリング・ストーンズのUS編集ベスト盤 BIG HITS - HIGH TIDE AND GREEN GRASS NP-1 US盤 モノラル

Np1a Np1b Np1c Np1d

Np1e Np1f

再生。ひっくり返りそうなすごい音。エレキも生ギターも生々しく、ドラムスとベースの低域もこれでもか、の迫力。ステレオの存在意義やいかに。As Tears Go Byの生ギターには、デッカの魔力か、恐ろしい魅力があります。

Np1g

マトリクスは、手書きで、-(X1) / -(X1)

このXは何?と聞きたくなる。

 

こちらは昔記事にしたような。。。

ストーンズのUS編集ベスト盤 FLOWERS LL3509 US盤 モノラル シュリンク付き

Ll3509a Ll3509b Ll3509c Ll3509d

Ll3509e Ll3509f_20240225225901

これまた、ひっくりかえりそうで、さらに痺れる音。60年代中期の充実した曲群を堪能できます。得も言えぬ詩情がありますよね。Lady Janeの生ギターとハープシコードには涙が出そう。残念なことにこの個体にはそのバンドに雑音多し。Out Of Timeもかっこいいよね~。Ride On Babyは相変わらず素晴らしい。

Ll3509g

マトリクスは、手書きで、-1A/-1A

1960年代の空気が漂いそう。

| | Comments (0)

いきなり多忙な日曜日。

2月18日・日曜日。

前日の音のシャワーのおかげですっかりスッキリした気分で目覚めました。

20240218

土曜日に続いて綺麗な日の出。

さて、いつも週末に気になる墓参も済ませたし、久しぶりに自宅で洗車、庭の草抜き、気になるところの片付け、あれもこれもと考えていました。そんなとき、大阪方面から突如電話。そうか被疑者国選の当番日だった。しかも2名。

連絡ファクスを受け取るため事務所に向かいました。

20240218a

20240218b

20240218c

準備を整えて地元警察で接見。

帰宅したらもうすでに陽は傾き洗車どころではありません。仕方ないなぁ。

| | Comments (0)

完璧な晴天。

2月17日・土曜日。

美しい日の出を見ました。

20240217

天気が素晴らしいと気分も軽くなります。朝食前に墓参。

20240217a 20240217b

予想どおりお花はまったく大丈夫。前回の墓参からさらにお供えのお花が開いています。

帰宅途中、開店直後の近所のスーパーでお買い物。帰宅して朝食。

事務所に出ます。

20240217a_20240219233301

20240217b_20240219233301

20240217c

とてつもなく美しい風景。海の色も穏やかさも、そして遠景までくっきり。

業務を終えて午後の手土産のお買い物に立ち寄ったのはみかんの里。

20240217d

20240217e 20240217f

海側の風景は絶景なのです。

さて準備が整いました。ハイエンド・オーディオを聴かせていただきに参ります。

20240217a_20240219233401

20240217b_20240220001401

20240217c_20240220001401

目的地は和尚さんの大伽藍。またの名をサザエさんの家、あるいはログハウス。

20240217d_20240220001401

20240217e_20240220001401

持参したのはオール・モノラル盤。針ならしに、つくば兄弟の長崎龍(じゃ)おどり!自宅では聞こえなかった音が聞こえます。

20240217f_20240220001401

その後はこんな感じのクラシック。

20240217g

20240217h

歌手が等身大に屹立します。舞台の立ち姿が目に浮かぶような。音像も迫力もうちのセットはケタ違いです。

20240217i

LP盤がシングル盤に見える巨大なターンテーブル。

20240217j

実は今回の真打ち。コーガンとコンドラシン/フィルハーモニア管弦楽団によるブラームスのヴァイオリン協奏曲。UKモノラル。

20240217k

20240217l

ところが伏兵現る。参考までに、と持参したコーガンとブルック/パリ音楽院管弦楽団による同曲モノラル。音の広がりと迫力はこちらが上じゃないの?終演後思わず拍手。

20240217m

贅沢な眺めです。

20240217n

フルートも素晴らしい。

20240217o

クレンペラーとシヴィルのモーツァルト作曲ホルン協奏曲UKモノラル。ホルンが大伽藍を満たす。

鑑賞の合間、和尚さんは「いい音とは?」と問いかけてくるのは禅問答か。受難曲が鳴ったり禅問答が始まったり、耶蘇教か禅宗か、ハッキリしない。

20240217p

引き揚げるころには日も暮れて。今回は給油も買い物もなし。直帰しました。実家のオーディオで再生したら、ダウンサイジングが甚だし。

一日を通して一片の雲を見ない完ぺきな青空・晴天でした。

| | Comments (0)

いきなり多忙。

2月16日・金曜日。

20240216a

20240216b

20240216c

島々と本州がはっきり見えます。

朝、定まっていた予定はまず某公務所へ。変な目で睨まれました。睨んで物事が解決するなら睨む練習すればいい。大声で物事が解決するなら発声練習すればいい。事務所に戻るとパタパタと急な御来客の予定が立て続けに入ります。結局、午前午後と予定がべったりと。作業も増えてあたふた。

なんとか1週間終わったかな。平日は4日間だけでしたけど、通常と変わらぬヴォリューム感。

| | Comments (0)

フルートの快感-ランパル/モーツァルト:フルート協奏曲集。

モーツァルトのモノラル盤が楽しい此の頃。

ランパルのフルートとカール・リステンパルト指揮ザール室内管弦楽団によるモーツァルト作曲フルート協奏曲第1番K313及び第2番K314、フルートと管弦楽のためのアンダンテK315 DF730.026 フランス盤 モノラル

Df730026a Df730026b Df730026c

Df730026d Df730026e

月並みですが、ふくよかで広がりのある、克明・鮮烈な印象と空間を満たす空気感・音像感が両立する素晴らしい音。モノラル時代といえば奏者の皆さんが若き頃であるためか、少々前のめりのような印象もあって、これを推進力とか言うのですよね。こういうの聴くと、なんでステレオの時代になったの、と問いたくなります。

Df730026f

| | Comments (0)

«早寝早起き